タグ:東京 ( 428 ) タグの人気記事

こむぎこ @白山




こむぎこ
東京都文京区白山5-35-7
03-3814-1873
f0274387_20134405.jpg

f0274387_20142866.jpg
f0274387_20153342.jpg
f0274387_20155001.jpg
f0274387_20160416.jpg
f0274387_20161717.jpg
f0274387_20162954.jpg
f0274387_20164219.jpg










人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








[PR]
by arusanchi2 | 2018-06-15 06:00 | イタリアン | Comments(0)

徳岡 ワイン&グルメ ギャラリー銀座 @数寄屋橋



TOKUOKA WINE & GOURMET GALLERY GINZA
東京都中央区銀座五丁目2番1号 東急プラザ銀座地下2F
03-6264-5491
f0274387_21460086.jpg
f0274387_21484426.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!





[PR]
by arusanchi2 | 2018-06-13 06:00 | ワインバー | Comments(0)

テロワール カワバタ @御茶ノ水


TERROIR Kawabata
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-1-3
03-3526-2775
f0274387_21195488.jpg
f0274387_21214153.jpg
f0274387_21225382.jpg
f0274387_21231502.jpg
f0274387_21233936.jpg
f0274387_21235976.jpg
f0274387_21243192.jpg
f0274387_21245190.jpg
f0274387_21251517.jpg
f0274387_21260771.jpg
f0274387_21255003.jpg
f0274387_21270425.jpg
f0274387_21272682.jpg
f0274387_21281733.jpg
f0274387_21280138.jpg





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!










[PR]
by arusanchi2 | 2018-06-09 06:00 | フレンチ | Comments(0)

百済カルビ @赤坂見附


カブちゃんのライブ終わりに


百済カルビ
東京都港区赤坂3-11-19 赤坂松秀ビル B1F
03-5114-8618
f0274387_21161623.jpg
f0274387_21170451.jpg
f0274387_21172554.jpg
f0274387_21174483.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








[PR]
by arusanchi2 | 2018-06-08 06:00 | その他料理 | Comments(0)

銀座 天竜 池袋店 @池袋 



銀座 天龍池袋東武店
東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 プラザ館 12F
03-5956-3077
f0274387_20425330.jpg

f0274387_20431519.jpg

f0274387_20432941.jpg

f0274387_20434286.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-05-29 06:00 | 中華 | Comments(0)

キッチン グリップ @池袋


週末の金曜日、カブちゃんと待ち合わせて出かけてみたのが池袋にある東武パートのレストラン街

ここは思わぬ穴場だったと言ってもいいと思うんだけど、わりと空いていて、レストランの種類もたくさんあって、どこもなかなかにおいしそう

そんな中、適当に入ったのがこちら


キッチン グリップ
東京都豊島区西池袋1−1−25 東武百貨店池袋店 スパイス14階
03-6914-3555
f0274387_21021075.jpg

まずはビール
f0274387_21024496.jpg

クロソイのカルパッチョ、柚子ソース。サッパリ、新鮮な魚でコリコリした触感。素材感がある
f0274387_21031757.jpg

きたあかりのアンチョビポテトサラダ。卵も入ってる。塩加減が抜群、ホクホクでいい感じ
f0274387_21042064.jpg

フリットの盛り合わせ。サクサクの魚介類。エビ、ワカサギははらわたの苦みがいい。それにイカ、椎茸など。チリマヨソースがうまい
f0274387_21045203.jpg

国産レモンのサワー。甘さはなくて、量があって。これで380円はいい。グラスは大きいけれど、ちょっと氷が多い
f0274387_21051960.jpg

エスカベッシュ、メバルの南蛮漬け。肉厚のメバルが4切れ。ニンジン、玉ねぎスライス、しっかりめの酢
f0274387_21054444.jpg

場所柄、ちょっと使うのに便利だし料理もおいしいです




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!





[PR]
by arusanchi2 | 2018-05-27 20:58 | イタリアン | Comments(0)

常陸野ブルーイング・ラボ @秋葉原


常陸野ブルーイング・ラボ 神田万世橋店
東京都千代田区神田須田町1-25-4 マーチエキュート神田万世橋 N1区画
050-5595-2327
f0274387_22313462.jpg
f0274387_22315234.jpg
f0274387_22320616.jpg
f0274387_22322049.jpg
f0274387_22323201.jpg



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2018-05-22 06:00 | その他料理 | Comments(0)

炭右衛門 @茗荷谷


来たのはこれでまだ2回目なんだけど、初めての時に気づかなかった良さに気づきつつあるような

仮にこのお店が本郷三丁目にあったとしても、途中下車して出かけてもいいかな・・


チェーン店なのかどうかよく判らないのですが、ほかではあまり見かけたことがない串焼きおの店です


炭火串焼きと旬鮮料理の店 炭右衛門
東京都文京区小石川5-5-6 羽鳥ビル B1F
050-5595-4333
f0274387_22105137.jpg

僕はギターの練習を、カブちゃんはバンドの練習をそれぞれ終えて、日曜のやや遅めの時間に訪問

あれば必ず注文する、プリン体フリーのホッピーを
f0274387_22120038.jpg

つき出し
f0274387_22124091.jpg

小アジの南蛮漬け。上に大葉が振ってあり、甘酢の酸っぱさを爽やかに中和。これだけでもホッピー2杯くらい飲めそう
f0274387_22125601.jpg

最初に出てきた串焼きのレバー。この店の串焼きはこんなに大ぶりだったっけな、と思うほどの大きさ。柔らかくておいしい。バリューある
f0274387_22130740.jpg

脂っぽいものも食べたくなり、ボンジリ
f0274387_22131833.jpg

手前がササミ、奥がネギマ
f0274387_22133080.jpg

写真ではよく判らないけど、つくねもかなりの大きさ
f0274387_22134265.jpg

ここまでで既に結構な満腹感・・

f0274387_22135390.jpg

調子に乗って、日本酒。澤乃井の純米酒
f0274387_22140878.jpg

クセのないすっきり辛口で料理に合わせやすそうです。なかなかおいしい。お酒の盛りもよくて、大変もったいないことに、こぼれてます
f0274387_22142113.jpg

生搾りレモンサワー
f0274387_22143461.jpg

カニクリームコロッケも大きいのが2つ・・
f0274387_22144867.jpg

お会計を待つ間に出てくるサービスのみそ汁は、お猪口に入って出てくる
f0274387_22150134.jpg

茗荷谷の駅前という超便利な立地で、料理はどれもポーションが大きくコスパ良し、そして味もおいしいです

なによりホッピー置いているというのもポイント高い


あまり気にしてなかったといえば気にしてなかったお店ですが、今回あらためて良さを再発見

串焼き食べるなら、しばらくはこの店で十分だな・・




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!





[PR]
by arusanchi2 | 2018-04-29 06:00 | 居酒屋 | Comments(0)

イータリー主催 ヴィッラブッチ試飲セミナー


レストラン利用をしたことがある丸の内のイータリー(前の記事はこちらご参照下さい)

たまたまお店の前を通りかかってふと壁に目をやると、こんなポスターが

f0274387_16321981.jpg

何気なく横目で見ながら一度通り過ぎてしまったのですが、やっぱり気になって戻ってよく見たらなんとヴィッラブッチのオーナーさんが来日する試飲セミナーがあるという告知です

ヴィッラブッチのワインと言えばミラノ旅行の時にワインショップで買って日本に持ち帰ったことがあります(こちらご参照下さい)

しかも参加費が1500円というリーズナブルさなので、これは行ってみるしかないな、と

しかし、開催が平日、しかも昼間の時間帯・・


とはいえ参加したい気持ちが強くて、、何とか都合をつけて(!)勇んで出かけてきました


f0274387_16360196.jpg
f0274387_16342793.jpg

本当はアンペリオ・ブッチさんが来日するはずだったのが体調不良で来られず、代わりにアンペリオさんの次男ロベルト・ブッチさんが来日して説明をしてくれました。ロベルトさんはワイナリーではブドウ栽培を手掛けられているそうです。背の高い、まじめな紳士でした
f0274387_16374333.jpg

■マルケ州の概要

イタリアはアペニン山脈を中心に東と西に分かれていますが、マルケ州はちょうどトスカーナの東側にあり緯度がほとんど同じ位置にあります。そして、イタリアの東側はロシアからの冷たい風、西側はアフリカからの暖かい風が吹いてくるため、東は白ワインの銘醸地、西は赤ワインの銘醸地が集まっているのだそうです

これまでイタリアの勉強をしていて土地の特徴をそういった視点で考えたことがなかったから、新しい驚きでした。確かに、言われてみればそうかなという気もしますね

1500年代ルネッサンスもこのマルケ州に起こったそうで、ロッシーニのオペラも最初の上演がマルケ州だったそうです

f0274387_16500743.jpg

ちなみに、資料もちゃんと用意してくれていました。土地の勉強をするにあたって、こういう目の細かい情報はとてもありがたいのですよね。カステッリ・ディ・イエージの場所がマルケ州の中のどこにあるかなんてなかなか覚えられないですが、こういう資料を見るとスッと頭に入るし記憶にも残りやすい


■ヴィッラブッチの概要

ヴィッラブッチでは所有する土地の中から土壌が3層になっているところを探してブドウを植えているそうです。3層とは、上から表土、次にライムストーン(石灰)、そして一番深いところが粘土質土壌

8月はブドウの成熟の季節なんだけど暑くて雨が少ないそうです。そんな中、ブドウは地中7~10mくらいの粘土層にまで根を伸ばし、そこから水分を吸い上げているそうです。粘土層に根を伸ばす途中にある表土は養分が豊富で、ライムストーンからは活きたミネラルが十分に含有されていてそこからも養分を吸い取る。これが大事みたい


■ワイン醸造

ヴィッラブッチでは古いワインの樹も大事にしていて、メンテナンスしながら長く栽培をしているようでした。従って樹齢が50~60年と長いものも栽培されていて、これほど樹齢の高いブドウから造られるワインはリゼルヴァとして仕込まれるそうです

搾汁は80%をワインにして、残りの20%はワイン以外の用途に使用されるそう

ブドウが採れる畑ごとにタンクで15~18日ほど発酵するそうで、酵母については添加をせずにブドウについている自然酵母を使って発酵させるそうでした

「よいワインはよいブドウから」「よいブドウはよい土壌から」という哲学でワイン造りをしているそうで、土地の力を大事にしつつビオ栽培の自然な造りを心がけているそうです

この土地に長い歴史をもつヴィッラブッチなので、土地を知り尽くし、どのようによいブドウを育てていくかということがとても大事なんだそう

f0274387_21090838.jpg

質問アワーで「ブドウの栽培で難しいところ、心がけていることは何ですか?」という質問をさせて頂いたのですが、やはり農薬を使用せず自然な栽培をしているので健康なブドウを育てるために頻繁に畑に出て様子を伺うというような、とにかく手間暇をかけた栽培がもっとも苦労される部分とのことでした

醸造したワインは古いスラヴォニア産(クロアチア東部)のワイン樽でゆっくりと空気に触れさせながら、クラシコは1年、リゼルヴァは1年半ほど熟成させる

他のワイナリーでは3カ月ほどの熟成で済ませ展示会への出品に間に合うのに、ヴィッラブッチではよいワインを作るために長い樽熟成を心がけているためあまり展示会への出品はできていないそうです。それだけワイン造りにこだわりがあるということですよね

f0274387_16465589.jpg


続いてテイスティングに移ります



◇"BUCCI" Verdicchio Classico dei Castelli di Jesi 2016(”ブッチ” ヴェルディッキオ・クラッシコ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ)
f0274387_16414842.jpg
f0274387_16422608.jpg
f0274387_16420592.jpg
輝きのあるイエロー

フルーティーな香り、ハチミツのパレット

オイリーでコクもあり、滑らかに味わいが伸びる


f0274387_16402318.jpg


◇"VILLA BUCCI" Riserva di Verdicchio 2014(”ヴィッラブッチ” リゼルヴァ・デイ・ヴェルディッキオ)
f0274387_16433392.jpg
f0274387_16435676.jpg
f0274387_16441262.jpg
”ブッチ”との比較をしてみると、まず共通するのはフレッシュな香り

アタックは”ブッチ”に比べてより柔らかく繊細な印象なのは、もしかしたらロベルトさんが言うように少し液体の温度が低すぎたせいかも知れません(グラスが曇っていますね)

軽く苦味も感じもあり、より立体的で複雑な印象を受けます



◆"TENUTA PONGELLI" Rosso Piceno 2014(”テヌータ・ポンジェッリ” ロッソ・ピチェーノ)
f0274387_16443903.jpg
f0274387_16445737.jpg
f0274387_16452046.jpg
土っぽく、また鉄のような香りも感じられる

ミネラル感がありスムースなタンニンが心地よい

程よい酸も感じられとてもバランスが良いワイン


このセミナーの前に日本を代表するソムリエを交えた試飲会に行ってこられたそうなのですが、この赤ワインは魚にも合わせやすいという評価だったそうです

マルケ州では魚介を使った料理も味わいがしっかりとしたものが多いそうで、スープなど味の濃いものにもこの赤ワインは合わせやすいとのこと

8日間のマセラシオン

ヴィッラブッチでは、あたかも白ワインを仕込むかのように赤ワインを作っているそうです



◆"VILLA BUCCI" Rosso Piceno 2013(”ヴィッラ・ブッチ” ロッソ・ピチェーノ)
f0274387_16453994.jpg
f0274387_16455798.jpg
f0274387_16461410.jpg

”テヌータ・ポンジェッリ”に比べるとよりボリューム感がある

モンテプルチアーノが多いせいか、果実味も感じられる


f0274387_16463306.jpg


総じて、このイータリー丸の内店で行われたワインセミナーはとてもいいイベントだったと思います

安い参加料で赤白4種のワインのテイスティングができ、これがもっとも大事なことですが生産者が直接ワイナリーの説明をしてくれるという大変貴重な機会を与えてくれる

イタリアワインのDOCの中でもとりわけ発音のしづらい”ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ”。だいぶ理解が深まったように思います


ちなみにこの発音しづらい名前、何か意味があるのかどうか、その意味するところも尋ねてみたところ、翻訳の方から解説をしてくれました

”カステッリ”とはお城の複数形、ディは英語のof、”イエージ”は土地の名前

つまり、「イエージという場所にあるお城のヴェルディッキオ」というような意味になりますね

また、通常はお城の周りに街が広がるのが普通なのに、ここではお城の城壁の中に街があるそうで、ヴィッラブッチの土地も掘ると遺跡が出てきたりするみたい。歴史を感じますよね


さらにはこの”イエージ”ですが、スペルが”Jesi"です。この頭の”J(ジェイ)”がくるのが特徴的なんだそうで、通常だと発音的には”i(アイ)”が来るのが普通なんだそうです。”iesi”ということですよね。”J”がくる理由としてはイエスキリストと関係があるんじゃないか、とか、ローマが近いせいなんじゃないか、とか、いろいろ話が出ましたが当のロベルト・ブッチさんに聞いても「よく判らない」と・・


5月にはまた別のイタリアの生産者がやってくるイベントがあるそうです

もしまた時間が取れれば出かけてみたいなと、そう思うイータリーのイベントでした





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2018-04-27 06:00 | ワイン | Comments(0)

うなぎ はし本 @江戸川橋


2014年以来、2度目の訪問


はし本
東京都文京区水道2-5-7
03-3811-4850
f0274387_15432298.jpg
f0274387_15451621.jpg

まずはビールを注文。スーパードライの大瓶

付き出しは葉唐辛子
f0274387_15453922.jpg

肝焼き。焼き目が香ばしい。フワフワした食感とコリッとした食感の部分が交互にやってくる
f0274387_15460096.jpg

うな重(上)。タレは辛め、ふんわり柔らかい。お米は固めでおいしい
f0274387_15462928.jpg
f0274387_15464633.jpg

お吸い物
f0274387_15470279.jpg
f0274387_15471840.jpg

当日の昼に予約の電話をして運よく席が取れましたが、僕たちがお店に入ったら席はすでに埋まっているか予約席の札が立っていました
f0274387_15474417.jpg


1階のテーブルと椅子は小ぶりなサイズで、もし現代にお店を作ったらこの大きさの席にはしないだろうなという気もして、そういうところも歴史を感じさせますね

うなぎを食べるには良い雰囲気です


2月のライブ終わりにうなぎ食べに行こうと話していたのですが、何やかんやで忙しくようやくの訪問となりました

早く食べておかないとうなぎが値上がりしてしまうと思ったのですが、案の定、前回来た時からだいぶ値上がりしていた


数が少ないことから価格は上がり調子だし、海外でもうなぎは食べられているしで、和食の輸出とともに日本産うなぎに対する需要は今後も期待できそうだからうなぎの養殖ビジネスとかやったら結構儲かるんじゃないかという気もするのですが

でもいまだに生態もよく判っていないようだから、養殖はむずかしいのでしょうね、きっと・・




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!





[PR]
by arusanchi2 | 2018-04-26 06:00 | 和食 | Comments(0)