タグ:東京 ( 444 ) タグの人気記事

よなよな ビアワークス @赤坂見附


去年のちょうど今頃に港バンドフェスに出場した後にメンバーと一緒に出かけたお店(前回の記事はこちらです)

今年は参加していませんが、今年度のフェスの見学に区民ホールへ行った帰りにカブちゃんと再訪しました


YONA YONA BEER WORKS
東京都千代田区永田町2-14-3 東急プラザ赤坂 2F
050-5890-6319
f0274387_22271818.jpg


グラスは「よなよなエール」ですが中身は「インドの青鬼」。この日、レギュラーで通常730円のところ500円でした。ちょうど節分の時期だったので”鬼にかけて”ということだと思います
f0274387_22281514.jpg


時節柄なのか、恵方巻をアレンジした商品がありました。野菜がたっぷり入っていてわりとヘルシーです
f0274387_22283240.jpg


”イモ虫の鉄板焼き”じゃないです。メークインですね。「ハッセルバックポテト ガーリックバター風味」。体に悪い感じがしますがさすがにビールにはよく合います
f0274387_22290316.jpg


国産鶏の窯焼きローストチキン(ハーフ)。これもよく味がついていておいしいなあ
f0274387_22300236.jpg


カブちゃんが追加オーダーしたビール、「サンサン(SUNSUN)」。コスパが大事な僕は引き続き「インドの青鬼」を・・
f0274387_22323570.jpg


よなよなナッツ。ものすごく海老の味がしみている・・。最近は地上で一番身体に良い食べ物と言われている(?)ナッツをよく食べています
f0274387_22374426.jpg


ビールの味がどれを飲んでもしっかり濃いめで、サッパリ系のビールが好きな僕たちには少しヘビーすぎるというのはありますが店の雰囲気はとてもよいし赤坂見附駅に近くて場所もとても便利です

帰りはこの赤坂から茗荷谷まで歩いて帰りました



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








by arusanchi2 | 2019-02-12 22:42 | 洋食 | Comments(0)

ザ・カーブ・ド・オイスター @八重洲


なんだかカキの気分になって訪問した八重洲のオイスターバー。そういえば今はカキの旬ですよね

店舗に着いたら入口のところに女性のお一人様と3人組の男性客が並んでいました。特に名前を書く紙も何もないので仕組みがよく判らなくて、先頭の女性に「並んでいますか?」と聞いたらそっと頷いてくれたので僕たちもそのまま並ぶこと約50分。気づいたら1時間近く待たされていました・・


ずいぶんと人気のあるお店のようです


THE CAVE DE OYSTER
東京都中央区八重洲2-1 八重洲地下街
050-5592-5230
f0274387_14310925.jpg


バレンシアのスパークリング、ベソ・レゼルヴァ・ブリュット・ナチュレ。ナチュレだけあってドライな味わいでとてもおいしかった
f0274387_14343890.jpg
f0274387_14345124.jpg
f0274387_14350896.jpg


13ピース乗っているプレートをお願いし、まずは7ピースが出てきました。生ガキのほかバジルや生ハムを使ったものも
f0274387_14314379.jpg


このプレートの生ガキは兵庫県産。小粒ながらミルキーなおいしさでワインにもよく合います
f0274387_14412811.jpg


カキだけでもよかったのだけどそれでは少し物足りなくて注文した生ハムのサラダ
f0274387_14321540.jpg


ワイン蒸しの2ピース。こいつはとてもおいしかったな・・
f0274387_14322940.jpg


お馴染、サクサクのカキフライ
f0274387_14341531.jpg


最後に3ピース
f0274387_14335513.jpg



事前に予約すると生ガキ食べ放題のコースもあるみたいでした

幸せなことに僕たちは今まで一度もカキを食べてあたったことがないので、今のところの希望としてはいつか西の方に出かけてバケツ一杯のカキをシャブリかミュスカデと共にムシャムシャ食べてみたいと思っています




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







by arusanchi2 | 2019-02-08 06:00 | その他料理 | Comments(0)

ヨーロッパ軒 @京王百貨店


毎年この時期のお楽しみ


ヨーロッパ軒
福井県福井市順化1-7-4
0776-21-4681
f0274387_13002621.jpg


今回もお目当てのソースカツ丼を頂きました

通常盛りはカツが3枚、小はカツが2枚。腹八分目を心がけて小を注文

f0274387_13030854.jpg


ソースの旨さ、コロモの香ばしさ、薄くスライスされたロース肉のジューシーさ


毎回のごとく越前そばも頂きました
f0274387_13032149.jpg


なんで福井では冬に水ようかんなのかまだ理解できていませんが、黒糖のような風味が感じられるおいしいようかん
f0274387_13041439.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!









by arusanchi2 | 2019-02-06 06:00 | 和食 | Comments(0)

日本料理 岩戸 @銀座


プライベートでも会社の飲み会でも何度か利用したことのある日本料理のお店

住所は銀座でも有楽町駅から歩いてすぐの場所にあるのでとても便利


日本料理 岩戸
東京都中央区銀座1-5-1
03-3564-3835
f0274387_12542230.jpg


予約なしの訪問でしたが運よくカウンターが2席空いていてラッキー
f0274387_12573757.jpg


お通し。本来のものが品切れしていたということで代わりに出して頂いたのが僕たちの好きな白子。ラッキー!
f0274387_12580006.jpg


名物のイワシ刺。この料理のために作成したという特注のお皿は花びらのような形をしていてその花びらの部分にお刺身一切れずつを乗せてあるのですが、ほとんど芸術的な美しさ
f0274387_12581118.jpg


焼きゴマ豆腐。初めて頂きましたが、濃厚なゴマの風味に焼き目の香ばしさがマッチしています
f0274387_12590579.jpg


大七(福島)と群馬泉(群馬)の燗酒を合わせて2合頂きました。冬の夜の燗酒、旨い・・
f0274387_12594468.jpg
f0274387_12591742.jpg


フグのから揚げ。外はカリッと中はしっとりジューシー。おいしいなあ
f0274387_12592910.jpg




居酒屋でもなく、かといって高級な和食店でもなく。しかし味はとてもおいしくて日本酒のラインナップも豊富に取り揃えている。そして価格はリーズナブル

岩戸のようなお店はいくつか押さえておきたいところなんだけど意外とこういうお店はなかなか見つからない

運びのマダムの接客は独特なところはあるけれど、チェーン店には絶対にない味わい深さがあるのでそれも含めて楽しめればきっとお気に入りのお店になると思います





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








by arusanchi2 | 2019-02-04 06:00 | 和食 | Comments(0)

欧風カレー ガヴィアル @神保町


神保町の交差点にあるビルの2階に入っているカレー店


ガヴィアル
東京都千代田区神田神保町1-9 稲垣ビル 2F
03-6273-7148
f0274387_12510076.jpg


中辛のビーフカレーは程よい辛さで深みのある味わい。一人2つついてくる茹でたジャガイモはバターと共に

f0274387_12530472.jpg


昼時を過ぎた遅い時間に訪問しましたがお客さんでいっぱいでした

神保町にはたくさんのカレー店があるわけですがまだほとんど食べたことがないので、有名どころのお店は一通り出かけて食べてみたい




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







by arusanchi2 | 2019-02-02 12:53 | その他飲料 | Comments(0)

オーダーシャツを作ってみた ~コルテーゼ本郷~


パンの「アトリエ・ド・マヌビッシュ」、ワインショップ「ベラティーナ」、あるいはアップルパイの「マミーズ」といった店舗がズラリと並んだこの通りの並びに以前からあったことは知っていました

店舗の名前は「コルテーゼ」

ピエモンテの白ワイン「Gavi(ガヴィ)」に使われるブドウ品種と同じ名前だということもあって頭に残っていましたが、立ち寄ってみようと思うことは一度もないまま何年も過ごしていました



コルテーゼ本郷
〒113-0024 東京都文京区西片1丁目2-5
TEL03-5840-7531
f0274387_15541681.jpg


そんな中、ある日たまたま本屋さんでふと一冊の本を手に取ったところこの「コルテーゼ」のことが取り上げられていました

その本は光文社新書の「究極のお洒落はメイド・イン・ジャパンの服(片瀬平太著)」というもので、コルテーゼ以外にもジーンズの「リゾルト」なども取り上げられています

オーダーシャツというのは値の張るものというイメージがあったのですが、この本によれば2着で1万2千円くらいで作れるそうなんですね

普段は値段が手ごろということもあって鎌倉シャツなんかを着ているのですが、既製のサイズでは自分の体形にはいま一つ合わないというか、首の太さに合わせると袖が短く、袖の長さに合わせると首周りがゆるい、という状況を甘受してきたわけです



そんなことで興味を持ち、家から近いしいっちょ行ってみるか!ということで初オーダーしてみて出来上がってきたのがこれ。生地、襟の形状、袖の形、ボタンの種類、ポケットの有り無しなど、好みに応じてオーダーできます
f0274387_15550036.jpg

見た目からしてこれが5千円のシャツには到底見えない美しい仕上がりでした。キャンペーもあって3着作って1万5千円。なんと1着5千円・・

白いシャツを2枚、薄いブルーのシャツを1枚。上の写真はそのうちの1枚


身体のサイズを図ってもらって初めて知ったのですが、僕は右腕の長さが左腕に比べて約1cmも長いらしい。0.5cmくらい利き腕の方が長いのはよくあるそうだけど1cmはちょっと長いみたい

洗濯して、しばらく着てみて、気になるところがあれば少しずつ調整していけばよいみたいでした


出来上がったシャツを実際に着て働いてみましたが、「初めうちは窮屈に感じる程にぴったりとした印象になるかも知れない」と言われていたけれどまったく違和感がない

うん、とってもいい感じ

洗濯もしてみましたが、形状記憶素材になっているらしくゆるく脱水して干しておけばアイロンも不要

全然いいじゃないかこれ・・



しばらくこれでやってみよう




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!










by arusanchi2 | 2019-01-29 06:00 | その他 | Comments(0)

一幸庵の花びら餅 @小石川



一幸庵
東京都文京区小石川5-3-15
03-5684-6591
f0274387_15284277.jpg


和菓子職人、水上力さんが手掛ける名店「一幸庵」の花びら餅を初めて頂いてみました


餅の部分はまるでフワフワのマシュマロのような食感で、こういうのは初めて食べた気がします

そこに繊細な甘さの味噌餡、そしてとても柔らかい煮ゴボウが2本挟みこんである

餅の内側は小豆の煮汁でピンクに色付けしてあり何とも春っぽい雰囲気

食材の組み合わせは不思議なんだけれど口の中で味わいがまさに一体のハーモニーとなり絶妙な風合いを残しながら溶けていく

f0274387_15362636.jpg



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







by arusanchi2 | 2019-01-28 06:00 | お菓子 | Comments(0)

タンドール料理 ひつじや @日比谷


タンドール料理ひつじや 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ B2F
03-3539-6858
f0274387_18134024.jpg



f0274387_18141344.jpg

f0274387_18143554.jpg

f0274387_18151542.jpg

f0274387_18154328.jpg

f0274387_18161534.jpg

f0274387_18165398.jpg

f0274387_18173720.jpg

f0274387_18180603.jpg

f0274387_18184383.jpg

f0274387_18190652.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!





by arusanchi2 | 2019-01-14 18:12 | その他料理 | Comments(0)

映画館 @白山


御徒町のはすの里でタイ料理を食べた後、白山まで歩いて移動

前から気になっていたジャズ喫茶を初めて訪問しました


そういえばこの看板、キャノンボール・アダレイのアルバム「サムシン・エルス」に関係しているのかな



映画館
東京都文京区白山5-33-19
03-3811-8932
f0274387_21303111.jpg

初めて訪れるジャズ喫茶の扉を恐る恐る開けると店内のよく効いた暖房の暖かさでメガネが曇ってしまい、店内の様子がよく見えず・・

どうやら入り口近くのテーブル席に5~6名のお客さんが何やら丸く座っているようなのはかろうじて分かりました

何となく奥の方の席に座ろうとノーメガネ(3_3)でスリスリと歩を進めていくと「ここが暖かいですから」と女性の店員さんから勧められた席に着席。この女性は、よく判らないけれど、マスターの奥様なのかな


事前に調べてわかっていましたがこの喫茶店には猫がいるのですね。カウンター席の一番端っこにいて、女性の手の中で安心した様子で過ごしていて、しかもよく鳴く。「この子はよく喋るのよ」と言う通り、確かに人間の顔を見て何か話しているかのように鳴いていました

f0274387_15194454.jpg


ラガービールを注文し一口飲んで、ようやく一息ついたところで店内の様子を観察するといよいよ本格的なレトロなジャズ喫茶という雰囲気の店内です。壁にはレコードジャケットやジャズ関連の本、サイン、正面を見れば大ぶりなステレオセットが鎮座している。先ほどのテーブル席の団体さんはこのステレオセットのスピーカーの前に座ってジャズ談義をしているようです

聞けば隔週の土曜日に集まっているジャズレコードのコレクターさんの集まりなんだそうで、1枚10万円もするようなレコードを楽しんでいるそうでした。そんな貴重なレコードをフリーで横で聞けるというのはある意味ラッキーなことなのかも

f0274387_21304366.jpg


コレクターの方から受け取って次々と店主がかけていくレコードは、ビル・エバンスの「ポートレイト・イン・ジャズ」がかかったのが分かったくらいでほとんど誰の作品か判らなかったのだけれど、でかくて音が良いスピーカーの音楽をずいぶん楽しめたように思います


白山のような場所に老舗の有名ジャズ喫茶があるというのはとてもいい

ただ一つの問題は、僕が猫アレルギー(鼻がムズムズする)だということ・・





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






by arusanchi2 | 2018-12-19 06:00 | 喫茶店・カフェ | Comments(0)

はすの里 @新御徒町


旧店名は「いなかむら」。以前に一度きてとてもおいしかったので再訪しました(こちらもご参照下さい)


はすの里
東京都台東区台東4-3-1
050-5595-9257
f0274387_21045541.jpg


17時半の開店直後に入店。ほとんどのテーブルに「RESERVED」のプレートが置いてありました。人気店なのですね

かなり寒かったけれど他に飲みたいものがなくビールを注文。グラスが凍っています・・
f0274387_21060335.jpg


最初に頼んだのがこちら、スッノーマイ 竹の子のピリ辛ハーブ和え。酸っぱ辛い一品。この酸っぱさはあまり普段食べない味なのでむしろそれが楽しかった
f0274387_21062030.jpg


外せない一品、プーニムパッポンカリー ソフトシェルクラブのカレー炒め。カレーと言いながら一般に想像されるいわゆるカレーの味はあまりしない。トロトロの卵、コーヒーや甘いスパイスのようなマイルドな味わいで、カニは柔らかい殻ごと食べられる。おいしい・・
f0274387_21063228.jpg


トムヤムクン 海老のトムヤムスープ。久々に食べたトムヤムクンでしたがあまり辛みが強くなく酸っぱ旨い・・。シメジもたっぷり入っています
f0274387_21064415.jpg


なぜ店名が変わったのかよく分かりませんが、看板のデザインは前のお店「いなかむら」と同じですね

僕たちが出るころには予約のお客さんもボチボチ来店してきました





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!









by arusanchi2 | 2018-12-18 06:00 | その他料理 | Comments(0)