タグ:日本 ( 46 ) タグの人気記事

ふなぐち菊水一番しぼり @新潟



ふなぐち菊水一番しぼり
f0274387_10542645.jpg


そういえばこの酒のことを一度も書いたことがなかったような気がする。僕がこれまでに一番たくさん飲んだ日本酒がこれ


いまから約20年ほど前、会社に入社した最初の職場でバスに乗って社員旅行に出かけた時(当時はまだ社員旅行の文化が残っていた)、先輩社員のおじさんがこの金色の缶に入った菊水を大量に持ち込んでいるのを覚えています。はっきりと”菊水ふなぐち”の存在を認識したのはその時が初めてかもしれません


その後日本酒を飲むことはなくずっとその存在を忘れていたのですが、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでよく売っているし、価格も300円もしないし、味わいはかなりはっきりとしていて旨みもある、アルコール度数が高くてかなり酔う、そんな”菊水ふなぐち”が気づけばいつのまにか生活に身近な存在になっていました・・


別に毎日飲みたいわけではないのだけれど、なぜか夜遅くまで残業に疲れて帰ってきた夜にふとこの金色のヤツが飲みたい気分になって棚に手を延ばす。そんな機会は一度や二度ではなかった。夜中に飲むと翌日に響く、という副作用を何度も経験しているのに


不思議と飲むたびに味わいの感じ方が違うことがあるのも面白い。ある時は苦さが目立ち、ある時はアルコール感が気になり。味わいの傾向はもちろん同じですが、工業製品ではないからその時々で微妙な味わいの違いが出るのかなと思います。同じ銘柄でもヴィンテージが違えば味わいも異なるというワインとも同じように



価格:約260円
精米歩合:70
アルコール:19度


アプリコットのようなフルーティーな香りで外観にはごく淡い黄色みがある

鼻に抜ける高いアルコール感、とろりとした濃厚な舌触り、そして芳醇なコクと旨み

ボリュームを感じる日本酒



メーカーのサイトはこちらにあります




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-16 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

鳩正宗 純米酒 ひやおろし @青森



鳩正宗 純米酒 ひやおろし
f0274387_21523812.jpg

最近日本酒づいていて、東京駅の丸の内側にあるはせがわ酒店で購入した純米酒

価格は約1200円

アルコール:15度
精米歩合:60%
原料米:華吹雪(青森県産)


ごく薄いイエロー

トロピカルな香り、それに黒糖のような甘みと香ばしい香り

滑らかでややオイリーな舌触り、しっかりめのボリューム感があって飲みごたえもある

口の中に広がる米の旨み、そしてごく軽い苦み


ひと夏越えた純米酒らしい、コクのあるおいしい日本酒です



鳩正宗株式会社のホームページはこちらです




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-06 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

上喜元 純米吟醸 生もと 出羽燦々 @山形



上喜元 純米吟醸 生もと 出羽燦々
f0274387_19501806.jpg

なんだか日本酒を飲みたい気分になり、会社帰りにはせがわ酒店(東京駅グランスタ店)に立ち寄ってみた

店舗ではたくさんのサラリーマン(まれにOLさんも)が棚に群がってお酒を品定めしていて、そんな光景がなんだか滑稽でもあり。そこに僕もやおら後方からそろそろっと参戦し、お酒を物色するサラリーマン達の景色の中に混ざってみる

北の方のお酒がいいな、と思いながら棚を眺めていき、一番右上に置いてあった安いけれど純米吟醸の酒田酒造のお酒を選択。在庫が棚に2本しかなかったはずで僕が1本購入したから在庫はあと1本あるはず。にもかかわらず、レジに並びながらさっきそのお酒を手に取った棚を見るともう在庫がなくなっている。列の後ろの方を見たら、僕と同じお酒を手に握っている男性を発見・・

売れてます


価格は約1100円

アルコール:16度
使用米:出羽燦々
精米歩合:55%
日本酒度:+1
酸度:1.3



酸がシャープで心地よい

しみじみ滋味を感じるダシのような旨み、それでいてすっきりとしている

これまでに飲んだ日本酒の中ではかなりおいしい、好みの味わいでした




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-09-30 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

多田シードル&多田ポワレ 北海道



多田シードル(左)、多田ポワレ
f0274387_18470438.jpg


TADA WINEのサイトはこちらから




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-09-24 06:00 | ワイン | Comments(0)

獺祭 等外 @山口



獺祭 等外
f0274387_17460035.jpg

会社の最寄り駅にあるスーパーで見つけて購入した日本酒

「等外」とは、いわゆる等級のつかない”くず米”を使った日本酒だということ

獺祭の生産量は増えてきていますが、原料となる山田錦を確保するにも5~10%程度発生してしまう等外米が農家のリスクとなってしまっていたそうで、そのリスクを農家だけに負わせないためにこの「等外」を作ったのだそうです
f0274387_17480712.jpg
35%まで精米していますが、等外米を使用しているためただの「清酒」としてしか表記がありません

価格は約1400円

アルコールは16度


軽く黄色みを帯びた色合い

パイナップルのようなトロピカルな香りが立ち上がってくる

まろやかでボリューム感のあるテクスチャーには華やかさもある

鼻から抜ける清涼感は高めのアルコールからくるもの


磨きは35%だからそれだけで言えば大吟醸クラスということになります

雑味もないしスッキリした日本酒ですが、しっかりとした酒質がある

魚料理だったら煮つけなど味付けのしっかりしたものと合わせるのが良さそう




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2018-03-13 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

嘉 スパークリング オレンジマスカット 山形


嘉 スパークリング オレンジマスカット
f0274387_21151369.jpg

東京大丸ワインフェアで購入してきた高畠ワイナリーのスパークリングワイン

価格は約1800円

アルコールは11度


オーストラリア産のマスカットを使用しているそうです

香りはとても華やかで、花の蜜のような甘い香りも心地よい

きめ細かい泡で、紅茶に砂糖を入れたかのようなニュアンスが特徴的な甘くおいしいワインです


ボトルのサインは川邉久之さんのもので、「氷結搾りデラウェア」と一緒に購入した時に大丸の会場で頂いたもの




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2018-02-07 06:00 | ワイン | Comments(0)

飛騨牛ローストビーフ寿司


「第53回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」でカブちゃんが買ってきた飛騨牛ローストビーフ寿司

なんでも、知り合いの実家がこの駅弁を作っている金亀商事㈱のオーナーさんらしく・・
f0274387_22280693.jpg

酢飯にローストビーフを組み合わせているというところがユニーク。わさび醤油につけて頂きます
f0274387_22284600.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!





[PR]
by arusanchi2 | 2018-01-26 06:00 | その他料理 | Comments(0)

福寿 純米吟醸 @神戸


福寿 純米吟醸
f0274387_21555798.jpg
f0274387_21561416.jpg

ありがたいことに兄夫婦から頂いた日本酒

ノーベル賞の晩さん会でも提供されたことがあるのだそうです


詳しい情報は神戸酒心館のホームページに載っていますが、その中から抜粋させて頂きます

原料米:兵庫県産米100%使用
精米歩合:60%
アルコール分:15度
日本酒度:+2.0
酸度:1.4アミノ酸度:1.0



ワインで言うと甲州のようなごく淡い色合いで、軽く黄みがかっている

パイナップルのようなトロピカルなニュアンスに華やかな吟醸香

スッキリとした甘みとキレが同居しつつ、ふくよかな余韻が後を引く

きれいな酸があり雑味が少なく、クリアな米の旨みを感じる


とてもバランスのよい日本酒ですね

おいしく頂きました


兄よ、ありがとう!



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!





[PR]
by arusanchi2 | 2017-12-23 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

喝鈍 法善寺横丁店 @難波


中之島のフジマル醸造所を訪問したあと、お昼ご飯を食べようと立ち寄ったのが法善寺横丁内にあるカツ丼屋



喝鈍 法善寺横丁店
大阪府大阪市中央区難波1-1-18 法善寺横丁内
06-6213-7585
f0274387_18433308.jpg


カツ煮はご飯とは別に出てきます
f0274387_18435657.jpg


出来立てアツアツで味付けもしっかり
f0274387_20590884.jpg


しばらくカツ煮とご飯を別々に食べたあと、最後はツヤツヤのご飯にかけてカツ丼にして頂きました
f0274387_20593244.jpg


価格も手ごろでとてもおいしいです

大阪では価格と味が釣り合わないようなところは厳しい選別にあい、淘汰されやすい




このあと「大たこ」のタコ焼きをハシゴしました

少し食べ過ぎたかな・・

f0274387_21053590.jpg






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2017-12-14 06:00 | 和食 | Comments(0)

島之内フジマル醸造所 @島之内


カブちゃんが大阪の友達に会っている間の時間を利用し、僕は島之内にあるフジマル醸造所を訪問してみました



島之内フジマル醸造所
大阪市中央区島之内1丁目1-14 三和ビル1F
06-4704-6666
f0274387_18333947.jpg
f0274387_18341212.jpg

島之内では、清澄白河でやっていたような「3種で1000円」のテイスティングコースはやっていないようです。とはいえ昼間からグラスワインで数種類試すのは少し大変そう

お店の人に「前に清澄白河に出かけた時に1000円で3種飲めたので、今日はそのイメージでやってきたのですが」と伝えたところ、「やりましょう」ということで

結局、1000円で4種のワインを飲むことができました

ありがたい



1)樽絞り 2017
f0274387_18350729.jpg

ビヤ樽のようなステンレスタンクから直接グラスに注がれる樽搾りワインで、セパージュはデラウェア85%、ナイアガラ15%

濁りがあります

ラブルスカ種の華やかな香り、フレッシュな果実味、そしてしっかりした酸味でさっぱりとしたワインです

山形産のデラウェアがメインに使用され、ナイアガラはマセラシオンカルボニックで仕込んでいるそう

2016年のヴィンテージはセパージュがデラウェアとナイアガラで50%ずつだそうでした



2)大阪 デラウエア 2017
f0274387_18353258.jpg
f0274387_18355621.jpg

こちらは瓶詰めされたデラウェア100%のワイン

大阪は柏原産のデラウェアをメインに太子産のをブレンド。契約農家産ぶどう使用しているそうでした

やや濁りあるグリーンがかったレモンイエロー

まろやかな口当たり、繊細なやさしい味わい

果実味は押さえめでラブルスカの香りの印象も穏やかで、きれいなドライワインに仕上がっています



3)2016 キュベ・パピーユ デラウエア 甕仕込み
f0274387_18362498.jpg
f0274387_18364891.jpg

ジョージア産の甕を使用し発酵させているそうで、いまは発売していないワインなんだそうです

柏原にある自社畑のブドウを使用し、皮も種も一緒に仕込む

やや濁りのあるオレンジ色

うめシソのような香りで、後味に穀物のようなコクが感じられる

SO2を使用していないせいか酸化のニュアンスがあり、驚くことにむしろロワールの自然派の雰囲気に近い印象

これがデラウエアから造られたワインということが信じられない

アンフォラで仕込むということで温度管理が気になりましたが、空調による温度管理をしているそうです

そして大阪の土や草でアンフォラを覆い、土地の雰囲気を出しているそうでした

2014年から製造しているという、甕で作る珍しいワイン



4)オプナー ニッポンハタケ アカ 2016
f0274387_18371185.jpg
f0274387_18373031.jpg

山形産のマスカット・ベーリーA、メルロ、カベルネ・ソービニヨン、それに岩手産のキャンベルスを使用

軽く濁りのある明るいルビーレッド

ラブルスカ系の甘い香りに梗や種のようなスパイシーさも

アルコールは11%に押さえてあり、ライトながらも柔らかいタンニンが心地よい

軽い酸味に滋味深い旨みも感じられ、和食との組み合わせも幅広く受け止められそうな気がするワインです

何よりバランスがいい

ブレンドでここまでおいしい日本ワインは僕はまだ飲んだことがなかった




ここまでで4種のテイスティングが終わりました

個人的には3)のアンフォラで仕込んだデラウェア、4)のニッポンノハタケが良かった。3)はサプライズであり、4)はワイナリーのオピニオンといった感じ




グラスにて:オプナー ニッポンハタケ アカ プラス 2016
f0274387_18375266.jpg
f0274387_18381447.jpg

山形産のマスカット・ベーリーA(40%)、メルロ(40%)、カベルネ・ソービニヨン(20%)を使用

明るいルビー

ベリーA由来のさっぱりとした味わいで、”アカ”よりもこちらの”アカ プラス”の方が中程度のボリューム感があり酸も感じられる

より重心が低くなり軽やかな楽しさや気楽さがなくなっているものの、欧州品種100%に比べるとベーリーAの効果によるものか、だいぶライトな印象ではあります

バランス感という意味では”プラス”じゃない方の4)の方が良かったかな


f0274387_18383696.jpg

隣に座ったお客さんが「醸造所は見学できるのか」と聞いていましたが、ちょうど仕込みが始まったばかりらしく残念ながら見学はできそうになく、そのまま店を後にしました
f0274387_18385839.jpg

思いのほか面白いワインに出会うことができ、都市型ワイナリーの新たな発見のある訪問になりました

f0274387_18400856.jpg
f0274387_18402876.jpg



清澄白河にあるフジマル醸造所の記事もご参照下さい






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2017-12-13 06:00 | ワインバー | Comments(0)