人気ブログランキング |

<   2019年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ラ・ヴィ ピノ・ノワール ルーマニア



La Vie Pinot Noir 2016 Domeniile Sahateni
f0274387_21053428.jpg


東京駅八重洲のはせがわ酒店の店頭で「リアルワインガイド」の旨安ワイン大賞を取ったワインを並べていました

この中から表紙のワインにもなったルーマニアのピノ・ノワールを購入してみました
f0274387_21075472.jpg

価格は約1200円

アルコールは13度


ピノ・ノワールらしく淡い色調で、ややオレンジがかった透明感のある色合い

プラムやブラックチェリーのような陽性の華やかな香り

若くさっぱりとしているもののピノ・ノワールらしい薄味のダシのような滋味深い味わいが感じられ、タンニンは繊細で優しい印象

やや梗のような苦味は雑味のようにも感じられてしまいますが、それがこのワインに複雑さと立体的な表情を与えているようでもあります


おいしいピノ・ノワールというものはブルゴーニュやカリフォルニアやオレゴンなど、基本的には値段の高い部類のワインだというイメージがあって普段はほとんど飲まないので、、果たしてこのワインが十分に旨安に値するのか正直判別がつきませんでした

同じ値段のクラスのワインであっても普段はピノ・ノワール以外の赤ワインを飲んでいたならば、それらと比較するとともすればこのワインはパンチの弱い、印象の弱いワインということになってしまうのではないだろうか

反対に日常的にブルゴーニュを飲んでいる舌からすれば、たった1000円ちょっとでそれらしい味わいがしていることで評価が上がってくるのかも知れません

自分が持っているパレットとアプローチ次第で、なかなか判断が難しいという気がする


個人的にはどうしようもないほどに次々にグラスに注いで飲みたくなるといった種類のワインではなかったのですが、しかしリアルワインガイドの表紙にもなるほどのワインだという意味では飲み手としてまだまだなのかなぁ、という反省をしてしまうワインとなりました



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








by arusanchi2 | 2019-01-30 06:00 | ワイン | Comments(0)

オーダーシャツを作ってみた ~コルテーゼ本郷~


パンの「アトリエ・ド・マヌビッシュ」、ワインショップ「ベラティーナ」、あるいはアップルパイの「マミーズ」といった店舗がズラリと並んだこの通りの並びに以前からあったことは知っていました

店舗の名前は「コルテーゼ」

ピエモンテの白ワイン「Gavi(ガヴィ)」に使われるブドウ品種と同じ名前だということもあって頭に残っていましたが、立ち寄ってみようと思うことは一度もないまま何年も過ごしていました



コルテーゼ本郷
〒113-0024 東京都文京区西片1丁目2-5
TEL03-5840-7531
f0274387_15541681.jpg


そんな中、ある日たまたま本屋さんでふと一冊の本を手に取ったところこの「コルテーゼ」のことが取り上げられていました

その本は光文社新書の「究極のお洒落はメイド・イン・ジャパンの服(片瀬平太著)」というもので、コルテーゼ以外にもジーンズの「リゾルト」なども取り上げられています

オーダーシャツというのは値の張るものというイメージがあったのですが、この本によれば2着で1万2千円くらいで作れるそうなんですね

普段は値段が手ごろということもあって鎌倉シャツなんかを着ているのですが、既製のサイズでは自分の体形にはいま一つ合わないというか、首の太さに合わせると袖が短く、袖の長さに合わせると首周りがゆるい、という状況を甘受してきたわけです



そんなことで興味を持ち、家から近いしいっちょ行ってみるか!ということで初オーダーしてみて出来上がってきたのがこれ。生地、襟の形状、袖の形、ボタンの種類、ポケットの有り無しなど、好みに応じてオーダーできます
f0274387_15550036.jpg

見た目からしてこれが5千円のシャツには到底見えない美しい仕上がりでした。キャンペーもあって3着作って1万5千円。なんと1着5千円・・

白いシャツを2枚、薄いブルーのシャツを1枚。上の写真はそのうちの1枚


身体のサイズを図ってもらって初めて知ったのですが、僕は右腕の長さが左腕に比べて約1cmも長いらしい。0.5cmくらい利き腕の方が長いのはよくあるそうだけど1cmはちょっと長いみたい

洗濯して、しばらく着てみて、気になるところがあれば少しずつ調整していけばよいみたいでした


出来上がったシャツを実際に着て働いてみましたが、「初めうちは窮屈に感じる程にぴったりとした印象になるかも知れない」と言われていたけれどまったく違和感がない

うん、とってもいい感じ

洗濯もしてみましたが、形状記憶素材になっているらしくゆるく脱水して干しておけばアイロンも不要

全然いいじゃないかこれ・・



しばらくこれでやってみよう




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!










by arusanchi2 | 2019-01-29 06:00 | その他 | Comments(0)

一幸庵の花びら餅 @小石川



一幸庵
東京都文京区小石川5-3-15
03-5684-6591
f0274387_15284277.jpg


和菓子職人、水上力さんが手掛ける名店「一幸庵」の花びら餅を初めて頂いてみました


餅の部分はまるでフワフワのマシュマロのような食感で、こういうのは初めて食べた気がします

そこに繊細な甘さの味噌餡、そしてとても柔らかい煮ゴボウが2本挟みこんである

餅の内側は小豆の煮汁でピンクに色付けしてあり何とも春っぽい雰囲気

食材の組み合わせは不思議なんだけれど口の中で味わいがまさに一体のハーモニーとなり絶妙な風合いを残しながら溶けていく

f0274387_15362636.jpg



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







by arusanchi2 | 2019-01-28 06:00 | お菓子 | Comments(0)

ルバイヤート 新酒マスカットベーリーA 勝沼



ルバイヤート新酒マスカットベーリーA 2018
f0274387_15210571.jpg

2018年の山梨ヌーボー祭り@日比谷公園で購入したベリーAの新酒

価格は1500円

アルコールは12度


明るい紫色

イチゴキャンディーのような甘い香り

滑らかで艶やかな飲み心地でタンニンはスムース

抽出の柔らかい果実が感じられる、まるで白ワインのようにさっぱりとして爽やかさを感じるワイン





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







by arusanchi2 | 2019-01-26 15:26 | ワイン | Comments(0)

タンドール料理 ひつじや @日比谷


タンドール料理ひつじや 日比谷店
東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ B2F
03-3539-6858
f0274387_18134024.jpg



f0274387_18141344.jpg

f0274387_18143554.jpg

f0274387_18151542.jpg

f0274387_18154328.jpg

f0274387_18161534.jpg

f0274387_18165398.jpg

f0274387_18173720.jpg

f0274387_18180603.jpg

f0274387_18184383.jpg

f0274387_18190652.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!





by arusanchi2 | 2019-01-14 18:12 | その他料理 | Comments(0)

ルドルフ・ミューラー リースリング ドイツ


Rudolf Muller Riesling Pfalz qualitatswein 2016
f0274387_22565981.jpg


前回に引き続きこのワインも茗荷谷のあさみわいんで購入しました

白いウサギのラベルが可愛いですね。僕、兎年生まれなんです。ちなみに星座はおひつじ座で、ウサギもヒツジもどちらもか弱い生物というイメージ・・

価格は約1300円

アルコールは10度


ややグリーンがかった輝きのあるレモンイエロー

香りがとてもよいです。柑橘系の爽やかさがあり、酸の甘酸っぱさも感じられる

味わいは酸のニュアンスは控えめで甘酸っぱく、ブドウ果汁のシンプルなおいしさが伝わってくる

最初このワインを飲んだ時は今までに飲んだ他のドイツの甘口リースリングとはちょっと違っていて、カブちゃんもそう感じていて、その違いが何ゆえかと考えると酸が低めに感じられるところなのかなと思います

ドイツの甘口のリースリングは甘くありながらも酸も豊富ですっきりとしていてきれいな印象があるけれど、このワインにはそれが感じられない気がしました

悪く言えば若干もっさりとしている

とはいえそれがこのワインの特徴でもある訳で、それはワインそのものの良し悪しというよりも単にワインの個性と飲み手の好みの問題かと思います


アルコールが10度で甘口のワインなので日本の通常の食事と合わせるのは少し難しい気がしますが、単体で飲んで十分においしいと感じられます


僕たちが訪れた時のあさみわいんの試飲ラインナップにはなかったワインなのですが、壁際に1本だけひっそりと置いてあったこの細長い瓶を見かけた時にすでにドイツワイン好きな僕たちは試飲もせずに購入することが決まっていたようなワインでした

価格も手ごろでよいです




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








by arusanchi2 | 2019-01-09 06:00 | ワイン | Comments(0)

ヴィッラ・カトレヤ カベルネ・ソービニヨン フランス


VILLA CATLEYA CABERNET SAUVIGNON PAYS D'OC
f0274387_16180867.jpg


あさみわいんの2019年最初のオープンの日に購入したラングドックのカベルネソービニヨン

いつも通り店内では白と赤を3本ずつ試飲させてくれて、その中で気に入ったのがこちらでした

ヴィンテージの記載はなしです

価格は約1300円

アルコールは13度


まろやかで目の詰まった芳醇なプラムなど黒系果実の香り

しっかりめのタンニン、そしてチョーキーなミネラルが感じられ舌触りは滑らか

いかにもフランスのワインらしく甘みに流されずに優雅な雰囲気をまとうワインで、適度な酸味もあって食事を呼びそう

但し余韻はそれほど長くありません


1000円ちょっとで買えるのであればとてもコスパのよいワインだなという印象です



あさみわいんは今のところ土曜日の午後のみの営業なのですが、フェイスブックを見ると今年は日曜日の営業も検討されているようです

そういえば確かに今回訪れた時に見たことのないバイトちゃん(?)がいたのでその準備のための人員補強なのかも

1000円台のコスパのよいワインを中心に取り揃えているので購入しやすいワインショップだし他にこの界隈に競合店も存在しないと思うから、週一での営業はもったいないし、週2日営業は歓迎すべきことように思います






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







by arusanchi2 | 2019-01-07 06:00 | ワイン | Comments(0)

桂川 純米吟醸 無濾過 壱回火入れ瓶貯蔵酒 蔵元限定 @群馬



桂川 純米吟醸 無濾過 壱回火入れ瓶貯蔵酒 蔵元限定
f0274387_16053434.jpg


群馬の蔵元で直接購入した日本酒

蔵元:柳澤酒造株式会社
住所:群馬県前橋市粕川町深津104-2
精米歩合:55%
アルコール:16度以上17度未満
製造年月:H30年(2018年)10月
価格:1458円


先日飲んだ特別純米に比べると更にすっきりとした味わいで、酸味もそれほどには感じられない

全体的には穏やかなトーンの日本酒で、いろいろと調べてみると柳澤酒造は甘口の酒を造っているということなのですが、なぜかこのお酒は僕には辛口に感じます

日本酒の甘口の定義がよく判っていないせいということもあるのか、それともこの銘柄が甘口に作られていないというだけなのか

その辺のところがちょっとよく判らなかったけれど、あまり主張が強くないので日本の日常の食事にとても合いそうに思いました




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








by arusanchi2 | 2019-01-06 16:16 | 日本酒 | Comments(1)

謹賀新年


f0274387_13305699.png




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






by arusanchi2 | 2019-01-01 00:01 | その他 | Comments(0)