<   2018年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

七田 純米 七割五分磨き ひやおろし @佐賀


七田 純米 七割五分磨き ひやおろし
f0274387_22372095.jpg

東京駅の長谷川酒店で購入

価格は約1200円

蔵元:天山酒造株式会社
製造年月日:H30年(2018年)9月
使用米:雄町(100%)
アルコール:17度
精米歩合:75%


軽く黄色みがかっている

香りがすごい。強くてしっかりとしている

ブドウのような甘く酸っぱい香り

酸がしっかりめで、口の中で味がふくらみブワッと鼻に抜けていく

酸のせいで重たくなり過ぎない

味わいの主張もはっきりしていて、磨きが少ないせいなのか苦みも感じられて、その苦味が複雑性をもたらしているような気がします


この日本酒は印象深い一本になりそうです



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-30 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

フロンテラ プレミアム カベルネ・ソービニヨン チリ


FRONTERA PREMIUM Cabernet Sauvignon 2017
f0274387_22292379.jpg

家の近所のスーパーマーケットで購入したフロンテラ

価格は約700円

アルコールは12度


グラスに注ぐと多少距離が離れていても強い香りが立ち上がってくる

スパイシー、エスプレッソ、そして梅干しのような酸っぱい香りも

果実味が豊かで酸味もあり、この酸が飲みやすさ軽さをもたらしている気がします

タンニン、酸、果実味のバランスがとてもよく飲みやすい味わい

さすがに大量に生産しているワインだから飲み飽きさせないところがポイントなのかも

アルコール度数も12%に抑えてあり飲みやすい軽さもありますがその中に旨さも同居しています


よくできたワインだなという気がします



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-28 06:00 | ワイン | Comments(0)

紀土 KID 純米吟醸酒 ひやおろし @和歌山


紀土 -KID- 純米吟醸酒 ひやおろし
f0274387_22091867.jpg

東京駅の長谷川酒店で購入した日本酒

蔵元:平和酒造株式会社
製造年月日:H30年(2018年)10月
価格:約1200円
精米歩合:麹米50%、掛米55%
アルコール:15度


香りの印象は穏やか

味わいの印象は香り同様に穏やかで、すっきりとした味わい

酸味はあまり感じられず、ほのかに優しい甘み

抑制的な味わいで膨らみは小さい

硬質なニュアンスがあり、すっきりめの味わいは食事にも合わせやすそう


ふと、デラウェアのようなブドウのニュアンスを後味に感じました

そういえば会社の日本酒好きの人に教えてもらった日本酒のブログがあり、今日見たそのブログの記事に「ブドウ感」という表現があったことを後から思い出した

日本酒に「ブドウ感」っていったいどんなだろう、と思ったことがきっとどこか頭の片隅に残っていたのでしょうね

言われてみれば何となく分かるような気がする日本酒の「ブドウ感」

この日本酒を飲んで初めてその感じが分かったような気がしました




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-27 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

歴史の中のワイン


この本はなかなか面白かった

f0274387_22464538.jpg

タイトル:歴史の中のワイン(文春新書)
著者:山本博
発行:2018.8.20

その起源から現代に至るまで、ワインの歴史を総括するにはコンパクトにまとまっていて取り扱いやすい良書


メソポタミアに始まり、旧約聖書における扱い、ローマ帝国の拡大に伴うワインの広がり、そしてパスツール

始めからカベルネ・ソービニヨンが赤ワインの主力品種だった訳ではないということ

なぜシャブリがブルゴーニュの飛び地のような場所にあるのかということ

そういったことがよく理解できる本です

ソムリエ試験やワインエキスパート試験の対策として、教本の範囲を超えてワインを概観するにも活用できそう


後半では「僕のこころを奪ったワイン」として、ディケム、ラフィット、ロマネコンティ、モンラッシェ、コートロティ、そしてドイツのモーゼルやシャンパーニュまで、個別のワインの事象を取り上げている


ワインを飲み始めたころのワクワク感を思い出させてくれる本でした




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-26 06:00 | その他 | Comments(0)

マン ファミリーワインズ シラーズ 南アフリカ


MAN Family Wines SHIRAZ 2016
f0274387_22013999.jpg

赤坂のやまやで購入した南アのシラーズ

価格は約1000円

アルコールは13.5度


しっかりと濃いめの赤紫は艶やかな色味の質感

よく熟した黒から赤系の果実の香り

鼻から抜ける清涼感を伴う甘みがあり、酸はやや粗め、果実味はしっかりめ

コーヒーのような香ばしさもあり、たっぷりとした甘くジューシーな味わい、そして軽い苦みも

漬物のような香りも出てきました

3日から4日置いてもヘタれないしっかりとしたボディを備えたワイン




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-25 22:08 | ワイン | Comments(0)

ピッチーニ グラン プルニェロ トスカーナ イタリア


PICCINI GRAN PRUGNELLO TOSCANA 2014
f0274387_23031694.jpg


久々に赤坂店でギターレッスンを受けた帰り道、せっかく赤坂に来たのだからということで(という、言い訳・・)、やまや訪問

価格は約1000円

アルコールは13度


少しオレンジがかったような濃いめの赤紫色

濃厚に熟したプラムやアメリカンチェリーのような香りはまるでカリフォルニアの濃いピノノワールに通じるニュアンス

乾燥プルーンをかじるかのようなたっぷりの果実味、スムースで柔らかいタンニン

酸は控えめに感じられ、穏やかな印象

鉄のようなニュアンスもあり、グラスをしばらく置いておくとコーヒーのような香りも立ち上がってきました




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-24 06:00 | ワイン | Comments(0)

四谷見附名代 たいやき わかば @四谷



わかば
〒160-0011新宿区若葉1-10
営業時間 AM9:00~PM7:00
毎週日曜定休
f0274387_23000830.jpg


詳しくはこちらもご参照下さい




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-22 06:00 | お菓子 | Comments(0)

羊肉酒場0,19 @御茶ノ水


御茶ノ水ワテラスに入っている羊肉料理のお店

このあいだジンギスカンを食べたばかりですが、最近羊肉づいています



羊肉酒場0,19 ワテラス店
東京都千代田区神田淡路町2-105 ワテラスアネックス 3F
050-5571-9871
f0274387_11404261.jpg


まずはホッピーで喉を潤す
f0274387_11412624.jpg


お通しに出てきたのがレバーペーストとバゲット
f0274387_11410317.jpg


ラムと季節野菜のエスカベッシュ
f0274387_11414239.jpg


グラスワイン。盛りがよくてかなりたっぷり入っています
f0274387_11424542.jpg
f0274387_11430551.jpg


鉄板ラムバーグ。煮込みやなりたでもラムのハンバーグがメニューにありましたが、牛肉や合い挽きで作ったハンバーグとはまた一味違ったおいしさがある。むしろ、好き
f0274387_11415695.jpg


おまかせラム串(4本)。これもなかなかのおいしさ
f0274387_11422754.jpg


お店はそれほど混んでいませんでしたが店員さんがどうみてもアルバイトしかいないように見えて、なかなか注文を取りに来ない、とか、サーブが遅い、とか、いろいろ言ってしまえばキリがないのですが、料理そのものの味わいやグラスワインの量などを考えると決してコスパの悪いお店ではないような気がする

いままで羊肉料理といえばジンギスカンか神田の味坊くらいしか選択肢のなかった僕たちにとっては、新たな選択肢が増えたことは良いことと言ってもよい


むかし会社の後輩3人を連れて味坊に出かけた際、3人が3人ともに”羊肉がNG”という状況がありました。「お前たち、先に言っとけよ!」と思った記憶があるけれど、しかしカブちゃんは羊肉が好みだということなので僕と嗜好があってそれはそれで何より、といったところです




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!









[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-20 06:00 | その他料理 | Comments(0)

小石川 かとう @小石川


茗荷谷駅界隈ではトップクラスのお店



小石川 かとう
東京都文京区小石川5-5-2 バンビビル B1F
03-3943-0145
f0274387_11334826.jpg


久々に来店。予約も無事にとれて、カウンター席に着席
f0274387_11350252.jpg


お刺身の盛り合わせ。そこらの居酒屋のものとは少しレベルが違う
f0274387_11353408.jpg


定番のつくね焼き。もんじゃ焼きのヘラのようなもので板から外して頂きます
f0274387_11355105.jpg


豚しゃぶのサラダ。野菜たっぷりでヘルシーな印象
f0274387_11361241.jpg

このあたりから日本酒投入

東の麓酒造 天弓 純米酒 白雨(純米酒) 山形県
f0274387_11364894.jpg
酒米:出羽の里
精米歩合:60%



白子はプリプリ。日本酒にもよくあいます
f0274387_11363205.jpg


次のお酒は、メニューに載っていないものを隣のお客さんが飲んでいたので同じものを店主にお願いして頂いたもの

天領酒造 純米吟醸原酒 ひだほまれ55 岐阜県
f0274387_11370545.jpg
酒米:ひだほまれ
精米歩合:55%
日本酒度:+2.5
アルコール:17度



〆はこれまた定番の押し寿司。最高においしい一品
f0274387_11373785.jpg


茗荷谷には丸ノ内線の駅があるにもかかわらず、学校と住宅が多いせいかあまり飲食店は多くない。そんな土地柄にあって、「小石川かとう」はあってくれてよかったと思えるお店の一つ

ワインバー「ティプシーズ」がもう閉店してしまった現在、茗荷谷までわざわざ地下鉄に乗ってくるだけの価値がある店の筆頭の一つがこの小石川かとうのような気もします




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-18 06:00 | 和食 | Comments(0)

ふなぐち菊水一番しぼり @新潟



ふなぐち菊水一番しぼり
f0274387_10542645.jpg


そういえばこの酒のことを一度も書いたことがなかったような気がする。僕がこれまでに一番たくさん飲んだ日本酒がこれ


いまから約20年ほど前、会社に入社した最初の職場でバスに乗って社員旅行に出かけた時(当時はまだ社員旅行の文化が残っていた)、先輩社員のおじさんがこの金色の缶に入った菊水を大量に持ち込んでいるのを覚えています。はっきりと”菊水ふなぐち”の存在を認識したのはその時が初めてかもしれません


その後日本酒を飲むことはなくずっとその存在を忘れていたのですが、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでよく売っているし、価格も300円もしないし、味わいはかなりはっきりとしていて旨みもある、アルコール度数が高くてかなり酔う、そんな”菊水ふなぐち”が気づけばいつのまにか生活に身近な存在になっていました・・


別に毎日飲みたいわけではないのだけれど、なぜか夜遅くまで残業に疲れて帰ってきた夜にふとこの金色のヤツが飲みたい気分になって棚に手を延ばす。そんな機会は一度や二度ではなかった。夜中に飲むと翌日に響く、という副作用を何度も経験しているのに


不思議と飲むたびに味わいの感じ方が違うことがあるのも面白い。ある時は苦さが目立ち、ある時はアルコール感が気になり。味わいの傾向はもちろん同じですが、工業製品ではないからその時々で微妙な味わいの違いが出るのかなと思います。同じ銘柄でもヴィンテージが違えば味わいも異なるというワインとも同じように



価格:約260円
精米歩合:70
アルコール:19度


アプリコットのようなフルーティーな香りで外観にはごく淡い黄色みがある

鼻に抜ける高いアルコール感、とろりとした濃厚な舌触り、そして芳醇なコクと旨み

ボリュームを感じる日本酒



メーカーのサイトはこちらにあります




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-16 06:00 | 日本酒 | Comments(0)