カテゴリ:日本酒( 31 )

山の井 70 @福島



山の井 70
f0274387_23492669.jpg

大塚の地酒屋こだまで購入した福島の純米酒

ラベルがとてもシンプルです


蔵元:会津酒造株式会社
原料米:八反錦(ラベルにはその旨の記載なし)
精米歩合:70%
アルコール:15度
製造年月:H30(2018年)9月
価格:1188円


透明に近い色合いでわずかに黄色みがかっている

ややオイリーなテクスチャーで滑らかな飲み心地

ワインを飲みなれていると日本酒は何を飲んでも甘く感じがちですが、このワインはメロンのようなニュアンスを感じます

それでいてすっきりとした味わいでもあり、アフターにアルコールのドライな清涼感が浮きあがってくる

何かの要素が突出している訳ではなくて全体的なバランスがよく、ビッグな感じではなくきれいにまとまっている印象


裏ラベルには「感じるままに飲んでください。」のコメントが

そう、あまり深く考えずに飲んでよし、のお酒だと思います

価格もお手頃だし




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-12-05 15:00 | 日本酒 | Comments(0)

今西 純米吟醸 朝日 @奈良


今西 純米吟醸 朝日
f0274387_09090527.jpg

東京駅ナカのはせがわ酒店で購入した奈良の純米吟醸


蔵元:今西酒造株式会社
原料米:朝日米100%
アルコール:15度
精米歩合:60%
仕込水:三輪山の伏流水
製造年月:H30年(2018年)11月
価格:1377円


色合いはごく淡いイエロー

ベリー系、そしてすっきりとした甘い香り

とろみを感じる滑らかな舌触り、そして米の優しい旨みも感じられるしっかりとした甘み

味わいのふくらみは抑制的でタイトな印象、そこにおだやかな酸味が寄り添っている

余韻は中程度

総じて、普段ワインをよく飲む舌には甘みが強く感じられる日本酒でした


裏のラベルの記載は「神の酒が静まる地 奈良・三輪で350年有余年受け継がれる酒造り」というクダリから始まり、何とも神聖な雰囲気を感じる

また、三輪は蔵元の軒先によく吊るしてある「杉玉」の発祥の地でもあるようです


不思議なことに、この黒地に金色文字でゴージャスなラベルが貼ってあり置いておくだけでも様になる日本酒は、今西酒造のホームページから検索しても出てきません

ただこのホームページは随分と充実していて、よく見ると利き酒付きのガイドツアー(有料)なんかも催しているようです

機会があれば行ってみたい・・





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2018-12-03 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

天明 槽しぼり 純米本生 ~空色の天明~ @福島



天明 槽しぼり 純米本生 ~空色の天明~
f0274387_13050773.jpg

大塚の「地酒屋こだま」で購入した福島の日本酒

毎回この店の前を通るたび気になっていたのですが、日本酒に対するこだわりを感じる外観に気後れしてその扉をこれまで一度も開けることができませんでした

このところ日本酒を少しばかり飲むことが多かったのでそろそろ入ってみても良いのではないかということで入店

店主は脱サラして店を始めたそうなのですが、(当然なのかも知れませんが)一つずつの日本酒に対する知識がすごい

日本酒はワインに比べてアルコールが高すぎて少し重いのですよねという話を振れば、最近はアルコール度数の低い酒も出てきているということで2~3種ほど試飲させて頂き、こんな日本酒もあるのか!と驚かされたり

ファンタスティックな空間でした・・

また来よ


蔵元:曙酒造合資会社
原料米:五百万石(会津坂下産)
精米歩合:65%(麹米50%/掛米65%)
酵母:協会9号酵母、自社酵母N
アルコール:16度
製造年月:H30年(2018年)8月
価格:1,240円(曙酒造HPより)


このお酒からは青リンゴの香りがします

スッキリ、ドライな印象で味わいはあまり伸びずにきれいに消えていく

ふくらみや広がりといった要素は控えめ

石灰のようなミネラルを後味に感じます


水色のラベルもきれいです



いちおう、地酒屋こだまの詳細も以下に記しておこうと思います


地酒屋こだま
〒170-0005 豊島区南大塚2-32-8
TEL:03-3944-0529

営業時間:10時~20時(日・祝は19時)

定休日:月曜日



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2018-11-28 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

米鶴 純米原酒 ひやおろし @山形


米鶴 純米原酒 ひやおろし
f0274387_22201903.jpg

東京駅のはせがわ酒店で購入した山形の日本酒


蔵元:米鶴酒造株式会社
精米歩合:65%
アルコール:17度
杜氏:須貝 智
製造年月:H30年(2018年)9月
価格:1231円


滑らかで太い塊となって流れ込んできて、舌にぶつかり、味わいがほどけて膨らむ

この日本酒が持つすべての味わいの要素が溶けあい、きれいに混ざりあっている印象

じわじわと体に染み入ってくるような味わいで、酔いもじわっとゆっくりやってくる

まろやかで甘みも感じられる


正直言ってこの日本酒には驚いた

非常にバランスよくて味わいも優れているように思うし、とにかく、旨い・・


この酒の太さとまろやかさはギターで言うとレスポールといったところか

レスポール、好きなんだよなあ



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-11-19 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

篠峯 秋晴 山田錦 純米 一火原酒 @奈良


篠峯 秋晴 山田錦 純米 一火原酒
f0274387_22021150.jpg

東京駅のはせがわ酒店で購入した奈良県の日本酒


蔵元:千代酒造株式会社
原料米:山田錦
精米歩合:麹米60%、掛米77%
アルコール:17度
価格:1350円


淡く黄色みがかってはいるがほとんど透明に近い

米の香りがしっかり、乳酸のようなまろやかな香り、そして生クリームをたっぷり使用したショートケーキのような香り

口当たりはまろやかで、チリチリでキラキラするミネラル感、グリセリンの甘み

味わいにふくらみがある

酸のニュアンスも感じられ、それが軽やかさやすっきり感を演出している


「篠峯」は会社の人から勧められた銘柄でした

大塚にある酒屋で話をしたら「篠峯は年間に70銘柄くらい出す酒蔵だから特徴がつかみにくい」ということを聞きました

確かに、ホームページを見ると今後のリリース予定がずらっと書いてある


それほど印象的な日本酒ではなかったですが、おいしかったです




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-11-16 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

七田 純米 七割五分磨き ひやおろし @佐賀


七田 純米 七割五分磨き ひやおろし
f0274387_22372095.jpg

東京駅の長谷川酒店で購入

価格は約1200円

蔵元:天山酒造株式会社
製造年月日:H30年(2018年)9月
使用米:雄町(100%)
アルコール:17度
精米歩合:75%


軽く黄色みがかっている

香りがすごい。強くてしっかりとしている

ブドウのような甘く酸っぱい香り

酸がしっかりめで、口の中で味がふくらみブワッと鼻に抜けていく

酸のせいで重たくなり過ぎない

味わいの主張もはっきりしていて、磨きが少ないせいなのか苦みも感じられて、その苦味が複雑性をもたらしているような気がします


この日本酒は印象深い一本になりそうです



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-30 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

紀土 KID 純米吟醸酒 ひやおろし @和歌山


紀土 -KID- 純米吟醸酒 ひやおろし
f0274387_22091867.jpg

東京駅の長谷川酒店で購入した日本酒

蔵元:平和酒造株式会社
製造年月日:H30年(2018年)10月
価格:約1200円
精米歩合:麹米50%、掛米55%
アルコール:15度


香りの印象は穏やか

味わいの印象は香り同様に穏やかで、すっきりとした味わい

酸味はあまり感じられず、ほのかに優しい甘み

抑制的な味わいで膨らみは小さい

硬質なニュアンスがあり、すっきりめの味わいは食事にも合わせやすそう


ふと、デラウェアのようなブドウのニュアンスを後味に感じました

そういえば会社の日本酒好きの人に教えてもらった日本酒のブログがあり、今日見たそのブログの記事に「ブドウ感」という表現があったことを後から思い出した

日本酒に「ブドウ感」っていったいどんなだろう、と思ったことがきっとどこか頭の片隅に残っていたのでしょうね

言われてみれば何となく分かるような気がする日本酒の「ブドウ感」

この日本酒を飲んで初めてその感じが分かったような気がしました




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-27 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

ふなぐち菊水一番しぼり @新潟



ふなぐち菊水一番しぼり
f0274387_10542645.jpg


そういえばこの酒のことを一度も書いたことがなかったような気がする。僕がこれまでに一番たくさん飲んだ日本酒がこれ


いまから約20年ほど前、会社に入社した最初の職場でバスに乗って社員旅行に出かけた時(当時はまだ社員旅行の文化が残っていた)、先輩社員のおじさんがこの金色の缶に入った菊水を大量に持ち込んでいるのを覚えています。はっきりと”菊水ふなぐち”の存在を認識したのはその時が初めてかもしれません


その後日本酒を飲むことはなくずっとその存在を忘れていたのですが、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでよく売っているし、価格も300円もしないし、味わいはかなりはっきりとしていて旨みもある、アルコール度数が高くてかなり酔う、そんな”菊水ふなぐち”が気づけばいつのまにか生活に身近な存在になっていました・・


別に毎日飲みたいわけではないのだけれど、なぜか夜遅くまで残業に疲れて帰ってきた夜にふとこの金色のヤツが飲みたい気分になって棚に手を延ばす。そんな機会は一度や二度ではなかった。夜中に飲むと翌日に響く、という副作用を何度も経験しているのに


不思議と飲むたびに味わいの感じ方が違うことがあるのも面白い。ある時は苦さが目立ち、ある時はアルコール感が気になり。味わいの傾向はもちろん同じですが、工業製品ではないからその時々で微妙な味わいの違いが出るのかなと思います。同じ銘柄でもヴィンテージが違えば味わいも異なるというワインとも同じように



価格:約260円
精米歩合:70
アルコール:19度


アプリコットのようなフルーティーな香りで外観にはごく淡い黄色みがある

鼻に抜ける高いアルコール感、とろりとした濃厚な舌触り、そして芳醇なコクと旨み

ボリュームを感じる日本酒



メーカーのサイトはこちらにあります




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-16 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

鳩正宗 純米酒 ひやおろし @青森



鳩正宗 純米酒 ひやおろし
f0274387_21523812.jpg

最近日本酒づいていて、東京駅の丸の内側にあるはせがわ酒店で購入した純米酒

価格は約1200円

アルコール:15度
精米歩合:60%
原料米:華吹雪(青森県産)


ごく薄いイエロー

トロピカルな香り、それに黒糖のような甘みと香ばしい香り

滑らかでややオイリーな舌触り、しっかりめのボリューム感があって飲みごたえもある

口の中に広がる米の旨み、そしてごく軽い苦み


ひと夏越えた純米酒らしい、コクのあるおいしい日本酒です



鳩正宗株式会社のホームページはこちらです




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-10-06 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

上喜元 純米吟醸 生もと 出羽燦々 @山形



上喜元 純米吟醸 生もと 出羽燦々
f0274387_19501806.jpg

なんだか日本酒を飲みたい気分になり、会社帰りにはせがわ酒店(東京駅グランスタ店)に立ち寄ってみた

店舗ではたくさんのサラリーマン(まれにOLさんも)が棚に群がってお酒を品定めしていて、そんな光景がなんだか滑稽でもあり。そこに僕もやおら後方からそろそろっと参戦し、お酒を物色するサラリーマン達の景色の中に混ざってみる

北の方のお酒がいいな、と思いながら棚を眺めていき、一番右上に置いてあった安いけれど純米吟醸の酒田酒造のお酒を選択。在庫が棚に2本しかなかったはずで僕が1本購入したから在庫はあと1本あるはず。にもかかわらず、レジに並びながらさっきそのお酒を手に取った棚を見るともう在庫がなくなっている。列の後ろの方を見たら、僕と同じお酒を手に握っている男性を発見・・

売れてます


価格は約1100円

アルコール:16度
使用米:出羽燦々
精米歩合:55%
日本酒度:+1
酸度:1.3



酸がシャープで心地よい

しみじみ滋味を感じるダシのような旨み、それでいてすっきりとしている

これまでに飲んだ日本酒の中ではかなりおいしい、好みの味わいでした




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2018-09-30 06:00 | 日本酒 | Comments(0)