人気ブログランキング |

2016年 05月 21日 ( 1 )

2016年 スペイン旅行 ⑦


ビルバオのバスターミナルから出発し揺られること約1時間30分

ログローニョまで行くこのバスの乗客のうち、アロで降りたのは僕たちくらいでした

f0274387_13364346.jpg



アロのバス停に降り立った瞬間から、街の空気感がサンセバスチャンやビルバオといった大きな街とは違うことがすぐにわかります

f0274387_13382926.jpg


スペインの片田舎にある小さな街には道を行く人もまばらで、ただただ明るい陽光が降り注ぐ


f0274387_13402793.jpg



とにかくまずチェックインすることにして、予約したホテルに向かいます

f0274387_1343830.jpg



f0274387_13462996.jpg


f0274387_13464819.jpg


f0274387_1347084.jpg

f0274387_1348056.jpg


f0274387_13482117.jpg


部屋に荷物を置き、一休みしてから街の散策にでました

f0274387_13493972.jpg

f0274387_1350117.jpg

f0274387_1350279.jpg

f0274387_1350478.jpg

f0274387_1351618.jpg

f0274387_13512370.jpg

f0274387_13514179.jpg

f0274387_13515579.jpg


レストランは街の一角に集中していていることが分かりました




アロに到着した日の夕方、見学を予約していたうちの1つのボデガ、CVNEの訪問を予定していました

街の外れに複数のボデガが集中していて点在しています


アロの街は高台になっていて、高台を下り、小さな川に架かる橋を渡っていく

f0274387_13555972.jpg


看板にCVNEやMUGAの文字を発見し、リオハに来ているな、というのを実感します

f0274387_13592969.jpg


f0274387_1403153.jpg


川を渡るとまず最初に見えてくるのがCVNE

f0274387_1414312.jpg

f0274387_1415888.jpg

f0274387_1431730.jpg


ここは入口ではなく、訪問者は建物に沿ってさらに進むとようやく玄関に到着

f0274387_1443944.jpg


インターフォンで到着したことを伝えます

f0274387_1451396.jpg


16時半からの見学予約をしていたのですが、僕たちが到着したのは16時過ぎ

少し早すぎたらしく、しばらく待つように言われしばし時間をつぶしました


と言ってもこの辺りはボデガの他に何もなく、ただその辺に立ち尽くしているだけしか時間をつぶすすべがありませんでしたが

f0274387_147319.jpg


f0274387_1471894.jpg


f0274387_149446.jpg


すぐ近くにあるMUGAの外観なども見ながら過ごし、いよいよCVNEに入ります



玄関を入るとすぐにあるこちらの建物で訪問者の受付を行っています

”VISITAS”と書いてあるのですぐに分かりました

f0274387_1493717.jpg


f0274387_14102718.jpg



しばらく庭園を眺めて過ごすように言われ、言われるままに中庭で見学開始までの時間を過ごします

f0274387_14124270.jpg


f0274387_14125842.jpg


アート作品なんかも展示されていました

f0274387_14131280.jpg


どうやらこのアンソニー・ガロという方の作品のようで、街中の電灯などにもCVNEでアンソニーさんの作品を展示しているという趣旨の広告を打っていました

f0274387_14134472.jpg



いよいよ見学スタートです


まずは仕込の樽が置いてある建物から

f0274387_14153927.jpg


f0274387_1416305.jpg


次に熟成樽を保管している建物

f0274387_1416456.jpg


f0274387_14174493.jpg


樽はフレンチオークとアメリカンオークの2種類を使っているそうで、その見分け方は樽をみれば分かるのだそうです

確かに”FRANCAIS”と書いてあるのでこれはフレンチオーク樽と分かります

f0274387_14175996.jpg



次に瓶詰したワインを保管した蔵を見学

f0274387_14205133.jpg


f0274387_14214662.jpg


f0274387_14222643.jpg


ここを「墓場」と説明してくれたガイドの方の説明にも納得

f0274387_1422401.jpg


f0274387_1423759.jpg


f0274387_1423257.jpg


ドロドロのカビだらけ

f0274387_14234331.jpg


f0274387_14235958.jpg


f0274387_14241561.jpg


”1879年”と書かれたワインなんかも保存されていたのですが、これらは飲んでもあまりおいしくないそうで、経年がワインに与える影響を調べる研究者や、ソムリエなど、あくまで専門家のためのワインなのだそうです


外に出ると明るい日差しが気持ちいい

f0274387_14243722.jpg


最後のテイスティングに入る前に、アート作品が展示されてある部屋でしばらく時間を潰すように言われました

f0274387_14303979.jpg




さて、いよいよテイスティングです

f0274387_1432265.jpg


f0274387_14323772.jpg



テイスティングは2種類のワインが用意されていました

最初はロゼ(ROSADO)

f0274387_14333540.jpg

f0274387_14334885.jpg


次はアンペリアル・レゼルヴァ(IMPERIAL RESERVA)の2011年

f0274387_1434031.jpg

f0274387_14341180.jpg



ロゼが飲めない人のために用意されていたルエダのヴェルデホも最後にちゃっかり頂きました

f0274387_14364662.jpg


f0274387_1438144.jpg



最後に売店でハーフボトルを4本購入し、CVNEを後にしました

f0274387_1446555.jpg


f0274387_14462141.jpg



来た道をそのまま戻ります

f0274387_14472429.jpg


f0274387_14475419.jpg


f0274387_1448618.jpg





f0274387_14495455.jpg



街に戻ってホテルで一休みし、そうこうするうちに晩ごはんの時間

カブちゃんが調べてくれたレストランの中から一つ選んで向かいました

f0274387_14504174.jpg


f0274387_14511676.jpg



ベートーベン

f0274387_1453305.jpg



f0274387_14541942.jpg


前菜かおつまみ的なものとして頼んだパテ

f0274387_14543781.jpg



キノコのソテー

キノコは肉厚で旨みがあり、味付けもよくとてもおいしい

f0274387_1455538.jpg



貝もさることながら、このスープが絶品で後を引くおいしさ

f0274387_14551759.jpg


この2品を食べたところで、この店を選んで正解だったと思いました

f0274387_1457843.jpg



こちらは野菜の料理ですが、量が半端じゃなく、残してしまいました

衣をつけて揚げた野菜を煮込んだようなものも入っていて、油っぽくてちょっと重たかった・・

f0274387_14572221.jpg


羊のあばら骨の周りの肉のソテー

f0274387_1458075.jpg



接客してくれた店員さんは愛想があって親切だった

最後に料理を残してしまったことを詫びると、「5皿も頼んだからね」とのことで、、さすがに注文し過ぎたかも知れなかったなと反省

パテが余計だったかな・・

f0274387_14595353.jpg



向かいの店に先ほど食べた羊のような肉ディスプレイされていた

f0274387_152129.jpg




この日やることはすべて終了

満腹のお腹を抱えて、街を歩いてホテルに向かいました


f0274387_1525410.jpg


f0274387_1534041.jpg


f0274387_153585.jpg


ホテル到着

f0274387_1541649.jpg


夜の雰囲気も良い

f0274387_1544482.jpg


f0274387_1545954.jpg





ビルバオからアロへの移動、CVNEの見学と、盛りだくさんの1日でした



翌日はRODAとTondoniaを見学します




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!




by arusanchi2 | 2016-05-21 14:38 | 旅行 | Comments(0)