ルドルフ・ミューラー リースリング ドイツ


Rudolf Muller Riesling Pfalz qualitatswein 2016
f0274387_22565981.jpg


前回に引き続きこのワインも茗荷谷のあさみわいんで購入しました

白いウサギのラベルが可愛いですね。僕、兎年生まれなんです。ちなみに星座はおひつじ座で、ウサギもヒツジもどちらもか弱い生物というイメージ・・

価格は約1300円

アルコールは10度


ややグリーンがかった輝きのあるレモンイエロー

香りがとてもよいです。柑橘系の爽やかさがあり、酸の甘酸っぱさも感じられる

味わいは酸のニュアンスは控えめで甘酸っぱく、ブドウ果汁のシンプルなおいしさが伝わってくる

最初このワインを飲んだ時は今までに飲んだ他のドイツの甘口リースリングとはちょっと違っていて、カブちゃんもそう感じていて、その違いが何ゆえかと考えると酸が低めに感じられるところなのかなと思います

ドイツの甘口のリースリングは甘くありながらも酸も豊富ですっきりとしていてきれいな印象があるけれど、このワインにはそれが感じられない気がしました

悪く言えば若干もっさりとしている

とはいえそれがこのワインの特徴でもある訳で、それはワインそのものの良し悪しというよりも単にワインの個性と飲み手の好みの問題かと思います


アルコールが10度で甘口のワインなので日本の通常の食事と合わせるのは少し難しい気がしますが、単体で飲んで十分においしいと感じられます


僕たちが訪れた時のあさみわいんの試飲ラインナップにはなかったワインなのですが、壁際に1本だけひっそりと置いてあったこの細長い瓶を見かけた時にすでにドイツワイン好きな僕たちは試飲もせずに購入することが決まっていたようなワインでした

価格も手ごろでよいです




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








by arusanchi2 | 2019-01-09 06:00 | ワイン | Comments(0)
<< タンドール料理 ひつじや @日比谷 ヴィッラ・カトレヤ カベルネ・... >>