タグ:群馬 ( 28 ) タグの人気記事

左大臣 純米酒 @群馬



左大臣 純米酒
f0274387_21172541.jpg
f0274387_21182453.jpg
精米歩合:65%
アルコール:15度
日本酒度:+3

価格は約1300円


群馬へ帰省した時に蔵元で直接購入してきた純米酒


ボリューム感があり、豊潤な米の旨みと甘みもしっかり


際立った特徴はなくシンプルと言えばシンプルな日本酒ですが、いかにも純米酒らしい味わいが楽しめるように思います



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!





[PR]
by arusanchi2 | 2017-10-03 07:35 | 日本酒 | Comments(0)

蕎麦 いけだ @沼田



ブラタモリで「日本最大級の河岸段丘の街」としても取り上げられた沼田

そんな沼田にある蕎麦屋です

ロマンチック街道から少し入った場所にあって、少しだけ分かりにくい立地かも



蕎麦 いけだ
群馬県沼田市白沢町高平224-13
0278-20-9600
f0274387_12512232.jpg
f0274387_12514206.jpg
f0274387_12515930.jpg

コリコリとしてしっかりめのコシがあり、つゆは辛めの鰹だしでしょうか

個人的にはもう少しあまめのつゆが好みだけど、辛口のつゆはこちらのコシのあるこの蕎麦によく合っていたように思います

f0274387_12521974.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








[PR]
by arusanchi2 | 2017-09-25 06:00 | 和食 | Comments(0)

Waterfall FUKIWARE:吹割の滝



f0274387_12361387.jpg
f0274387_12363635.jpg
f0274387_12373790.jpg
f0274387_12402036.jpg





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!





[PR]
by arusanchi2 | 2017-09-24 06:00 | その他 | Comments(0)

とんとん広場 @赤城



群馬に帰省した時に出かけた「とんとん広場」。群馬は豚肉が名物になっているようで、そんな豚肉を使った料理が頂けるということで出かけてみました

赤城山の山麓にあり、市内からは車で約40分程度で到着できます



林牧場 福豚の里 とんとん広場
〒371-0247群馬県前橋市三夜沢町534
027-283-2983
f0274387_23414763.jpg
f0274387_23435166.jpg

広々した店内

f0274387_23445959.jpg

前菜に生ハムのサラダを注文

f0274387_23465689.jpg

僕が頼んだのはロースカツの定食。脂身もさっぱりとしていて肉質は柔らかくとてもおいしい
f0274387_23453102.jpg

両親とカブちゃんは脂が少なめのヒレカツの定食。こちらはよりタンパクな味わいですが、とても柔らかかくて肉の旨みが感じられるトンカツでした
f0274387_23454912.jpg

カブちゃんが飲んだベルギーのビール(ステラ・アルトワ)

f0274387_23462966.jpg

父親は純米吟醸の赤城山。群馬県の近藤酒造のものだったと思います
f0274387_23464369.jpg

僕は車の運転があったのでノンアルコールで



店の前には豚ちゃんが飼われているのですが、生まれたばかりのものすごく小さい子ブタちゃんの可愛いこと・・

そんな子ブタちゃんを見てから食べるトンカツもまた微妙ではありますが、ありがたくおいしく頂きました






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2017-09-23 06:00 | 洋食 | Comments(0)

草津温泉 2017



言わずと知れた、日本の名湯「草津温泉」

昨年に続き、今年も出かけました



草津には無料の外湯もいくつかあります

こうした温泉にボーッと漬かっていると、よくある言い回しですが、都会の喧騒をすっぱりと忘れることができる

なにより、大地の割れ目から大量に湧き出す温かい湯には猛烈にパワーを感じる

都会での日常生活で生じた小さなイライラやストレスが蓄積して病んだ心も肉体も、こんなところに1ヶ月もいたらすっかりと良くなってしまいそう

実際には、そんなに長くここに留まることはできないのだけれど




そんな草津へは、東京駅の八重洲口からバスに乗るだけで簡単にアクセスすることができるので大変便利

f0274387_22094496.jpg


到着したのが昼過ぎということもあって、とりあえずお昼ご飯を食べに目についたうどん屋に入ることにしました


まつもと
群馬県吾妻郡草津町大字草津486-5
0279-88-2678
f0274387_22114681.jpg

麺は白くて平べったい
f0274387_22125317.jpg

もちもちとしていておいしいです
f0274387_22135560.jpg
f0274387_22140812.jpg



草津の空気はおいしくて、そしてなによりこの日は天気がよくて気持ち良かった
f0274387_22160581.jpg


湯畑もいつも通り
f0274387_22173287.jpg


湧き出す湯
f0274387_22175033.jpg
f0274387_22181708.jpg



今回、まず最初に入った温泉がこちら


草津温泉 大滝乃湯
〒377-1711 群馬県吾妻郡草津町大字草津596-13
TEL : 0279-88-2600
f0274387_22364662.jpg

温度の異なる湯船がいくつかあって、露天もあるし、いろいろ楽しる

湯上りにくつろぐスペースもあって、ゆっくりすることができます




晩ごはんに出かけたのは、事前に予約していた中華料理店

アド街ック天国にも取り上げられていました


中華料理 龍燕
群馬県吾妻郡草津町116-2 2階
0279-88-3777
f0274387_22260468.jpg


ここはビールが旨いと評判です
f0274387_22263411.jpg


シウマイは一つ一つが大きくておいしいです
f0274387_22265075.jpg

名物の春巻きが品切れになってしまっていて、代わりに頼んだ餃子

この餃子はいまいちだったかな、、あえてここで注文して食べる必要はない気がしました
f0274387_22271095.jpg


この後に登場する麻婆豆腐に備えて注文したライスは、粒が固めに炊かれていて僕たちの好みに合いましす
f0274387_22273016.jpg
f0274387_22274751.jpg


辛いものが苦手な僕でも食べられる、辛旨い麻婆豆腐はコショウが効いていて旨みがある
f0274387_22280535.jpg
f0274387_22281824.jpg



龍燕を出て、腹ごなしに湯畑周辺を散歩

f0274387_22294909.jpg
f0274387_22301027.jpg
f0274387_22302982.jpg
f0274387_22310390.jpg
f0274387_22312142.jpg

このあと湯畑のすぐ隣にある「白旗の湯」に入りました

無料の外湯の一つです

湯船は2つあって、一つはぬるめで入りやすい温度、もう一つはとても熱い温度です

その時に居合わせた、湯治に来られている年配の方の勧めで頑張って熱い湯に2分ほど漬かりました

痛いほどに熱いんだけれど、湯上りは気分がさっぱりとします

気持ちがいい




翌朝の宿の朝食

最初にスムージーが出るなど、けっこうおしゃれ
f0274387_22380525.jpg

スープの温かさは寝覚めの体に心地よい
f0274387_22381804.jpg

シメジやタマゴが乗せられたトースト
f0274387_22382978.jpg




2日目の朝一に出かけた無料の外湯(写真は初日の夜に撮影)


地蔵の湯
f0274387_22372360.jpg
扉を開けるとすぐに脱衣所があり、その隣に湯船があます

脱衣所と湯船の間には仕切りもないし、野趣のある雰囲気がとてもよかった

草津の湯は熱いものが多いけれど、地蔵の湯は入りやすい温度で今回入った湯の中で一番気に入りました




帰りのバスが11時くらいだったので、それまでブラブラ散歩して時間をつぶしました
f0274387_22324058.jpg
f0274387_22330123.jpg
f0274387_22402741.jpg
f0274387_22404463.jpg
f0274387_22410518.jpg
f0274387_22413357.jpg
f0274387_22415742.jpg
f0274387_22424443.jpg
f0274387_22431507.jpg
f0274387_22434047.jpg
f0274387_22441528.jpg
f0274387_22444264.jpg
f0274387_22451445.jpg


バスターミナル
f0274387_22454492.jpg


昨年に続いての訪問でしたが、とてもよい気分転換になりました

また来年も来れたらいいな



---------------------------------------


宿泊したホテル


草津温泉 ふたばや
〒377−1711
群馬県吾妻郡草津町大字草津字白根国有林154林斑
0279-88-8072
f0274387_22463644.jpg


僕たちが宿帳に記入している時に、住所欄を見て「僕は地元が小日向なんです。近所ですね」と仰ったオーナーさんは、とてもはきはきとしたしゃべり方とにじみ出るバイタリティーがあり、好感が持てます


部屋も清潔で感じがよい
f0274387_22470704.jpg


外湯に出かけるのに便利なカゴとタオルのセット

こういう心遣いが良かったです
f0274387_22472111.jpg


値段も手ごろな宿で、次回も使いたいなと思いました




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








[PR]
by arusanchi2 | 2017-03-18 23:42 | 旅行 | Comments(0)

谷川岳 純米 冷やおろし @群馬






f0274387_22315133.jpg
f0274387_22323938.jpg

群馬に帰省した際に実家近くのスーパーマーケットで購入した日本酒

精米歩合は65%、日本酒度+8

価格は約1000円

アルコールは15度



少し黄味がかった色合い

香りにはやや雑味がある

マイルドで柔らかく、甘みも感じられる

おだやかな酸味





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








[PR]
by arusanchi2 | 2017-02-22 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

高崎:Takasaki, Gumma Prefecture



f0274387_21324353.jpg



Sony Xperia Z3



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








[PR]
by arusanchi2 | 2017-02-13 21:33 | その他 | Comments(0)

清りょう 純米吟醸 @群馬



群馬に帰省した際に立ち寄った酒蔵で購入した純米吟醸酒です


町田酒造 清りょう 純米吟醸 
f0274387_22524998.jpg


精米歩合は55%、日本酒度+2

原料米は五百万石と山田錦のようです

一升瓶で購入し、価格は確か2700円くらいだったと思います

アルコールは15度~16度



わずかに黄色みがかっています

香りはあまり強くありませんが、パイナップルのような吟醸香があります

口に含むと、まず最初に甘味を感じ、甘味で味わいが膨らむかと思いきやすぐに酸が膨らみを抑えて味わいの落ち着きをもたらします

その後に続いてキリッとした辛さが追いかけてきて、喉の奥に流していく



日本酒のことはまだまだ良く判っていませんが、やはり食中酒かなという気がします

合わせるとしたらどんな料理でしょうか

味わいとしては酸があってキリっとした辛口のお酒です

少し甘めに煮た、脂の乗ったカレイの煮つけなんかはどうでしょうか

うまく相乗しそうな気がします




こちらが町田酒造の外観

冬の日の夕方に訪れたので、時刻は18時くらいだったと思いますが、すでに暗くなっていました
f0274387_22563086.jpg


こちらの純米吟醸は店頭に品切れだったようで、お店の人いわく「時間ありますか?いまから蔵に行って取ってきます」ということで、しばし店内で時間つぶしました

「蔵に行って取ってくる」というイメージが、もの凄く、よい
f0274387_22590659.jpg


先日もこの”清りょう”ブランドの日本酒を取り上げましたが(こちらご参照下さい)、また機会があれば他のものも試してみたいと思います






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!









[PR]
by arusanchi2 | 2016-12-27 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

清りょう 秋あがり 特別本醸造 @群馬




町田酒造 清りょう 秋あがり 特別本醸造 
f0274387_12522585.jpg


町田酒造は前橋市駒形町にある蔵元で、先日行われた法事の後の食事会で出てきてその存在を知りました

とてもいいイメージのお酒だったので、群馬に帰省した際に近所のスーパーマーケットで見つけて思わず購入しました

精米歩合は60%、日本酒度+4

価格はぴったり1000円

アルコールは14度~15度



軽く黄色みがかった色合い

香りは控えめながら、綿アメなどの砂糖菓子やパイナップルなどの吟醸香もわずかに感じられます

まろやかな口当たりで中程度のボリューム感がありつつも後味は比較的さっぱりとしている

食事と合わせると良さそうな気がします



ちなみに商品名になっている「秋あがり」とは何のことかと思い調べてみたところ、以下のような説明を見つけました

引用させて頂きます

「秋あがり」
 ・寒造りで製造した清酒を貯蔵して夏を越す
 ・そして秋になる頃にその酒質が向上していることを表現した言葉
 ・新酒特有のアラさがすっかり消えて丸みが出、ほどよく熟成した飲み頃の酒とされている



「冷やおろし」という言葉もよく耳にしますね

清酒では、出来上がったお酒をタンクに貯蔵するときに一度、そしてタンクから瓶詰めする時に一度、合計二度火入れをするそうです

そして、この二度目の火入れをしないお酒のことを「生詰」と呼ぶそうで、この時期にこの生詰のお酒を出荷することを「冷やおろし」というのだそうです

確かにこの日本酒にはボトルネックの部分に「生詰」と書いたシールが貼ってあります

逆に、タンクに貯蔵するときに火入れをせず、タンクから瓶詰めする時には火入れをするお酒のことを「生貯蔵」と呼ぶ

なるほど



簡単に整理すると、

「秋あがり」は、夏を越して秋になり旨味が乗った”状態”を指す言葉

「生詰」は、瓶詰をする時に火入れをせずに詰めた”状態”のお酒を指す言葉

「冷やおろし」は、ひと夏越えて気温が低くなった時期に生詰のお酒を出荷する”行為”を指す言葉

という感じでしょうか



そう考えると、このお酒は特に”冷やおろし”とは書いていないけれど、

 「秋あがりを生詰の状態で冷やおろしで販売するお酒」

という説明でよいのかな



今回は日本酒一本でいろいろと勉強になりました





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!









[PR]
by arusanchi2 | 2016-11-05 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

西洋亭 市 @前橋 



群馬はソースカツ丼で有名らしく、いろいろ調べてみると福井県や長野県などとともにソースカツ丼発祥の地として名乗りを上げているとか

実家にいた時は母親が作ってくれるカツ丼といえば卵とじのイメージでしたので、群馬がソースかつ丼で有名だという認識があまりありませんでした



帰省した時に出かけてみた、前橋のソースカツ丼の店です



西洋亭 市
群馬県前橋市千代田町2-12-12
027-235-6846
f0274387_15505441.jpg


かなり歴史ありそうな外観
f0274387_15475050.jpg


古い建物はそのままに、内装をおしゃれな感じに仕上げています
f0274387_15481969.jpg


厨房は広そう
f0274387_15483001.jpg

こちらがメニューです

ロースカツ丼が650円からとお手頃価格
f0274387_15515679.jpg


カブちゃんはヒレのソースカツ丼を注文

カツ丼だけじゃなくて、小鉢が3種に具だくさんの味噌汁までついてきました
f0274387_15491693.jpg


カツは肉に塩コショウをしっかり振ってあるようで、これは母親が作ってくれたカツに非常に似ている

前橋の遺伝子なのだろうか

「西洋亭 市」のカツはふんわりしっとりしていて、ボリュームあります
f0274387_15492720.jpg


僕はロースカツ丼に、「クリスピー」を1枚追加してみました

「クリスピー」はメニューに書いてある通り「ロースかつを薄く伸ばしたカツ」だそうで、イメージはヨーロッパ軒のカツに近い

だけど、西洋亭市のはもっと柔らかい印象です


量が多いので、食べ終えるとかなりの満腹
f0274387_15493647.jpg

f0274387_15494518.jpg


f0274387_15500037.jpg


f0274387_15484105.jpg

f0274387_15485100.jpg



店はこの通り沿いにあります

昔よく通った道だけど、こんなところにカツ丼屋さんがあるとはまったく知りませんでした

f0274387_16063570.jpg




地方のシャッター商店街、とまでは言いませんが、前橋の中央通りはかなり閑散としたイメージがありました

だけど何やらイベントを開催しているようで、ところどころ人混みが・・
f0274387_16065293.jpg

この日は音楽のイベントなんかもやっていました
f0274387_16074811.jpg

「前橋オクトーバーフェスト2016」

前橋ではこんなイベントもやってたんだ・・
f0274387_16083170.jpg

多くのお客さんがビール片手にバンドの演奏見てました


僕は運転があるけれど、カブちゃんはビールを

この店、前に出かけた赤城クローネンベルクからの出店じゃないだろうか

f0274387_16090737.jpg

暑い日差しのもと、ドイツの白ビールを堪能するカブちゃん
f0274387_16092666.jpg





”ソースカツ丼”という新しい発見のある帰省となりました


今度また群馬にくるときはまたどこか新しいところに出かけてみよう






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2016-10-27 06:00 | 和食 | Comments(0)