タグ:南アフリカ ( 4 ) タグの人気記事

ボーランド・セラー シュナンブラン 南アフリカ





BOLAND CELLAR Chenin Blanc 2015
f0274387_12484792.jpg



東京大丸のワインフェアで購入した南アのシュナンブラン(2本まとめて買ったのですが、2本分まとめて記載)

価格は約1300円

アルコールは13.5度



南アのシュナンブランは価格が手ごろですがおいしいものが多いように思います

香りソービニヨンブランのようなハーブの青さが最初に立ち上がってくるけれど、温度が上がるとトロピカルなトーンがでてくる

このように、北の方と南の方の特徴を併せ持つところが印象深い

味わいはわりとドライめだけど、薄いという感じではなくしっかりとした主張がある

個人的にはバケツに氷を入れてよく冷やして飲むのが好み



なかなかいいワインです



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2016-07-15 06:00 | ワイン | Comments(0)

エッセイ シュナン・ブラン 南アフリカ


essay chenin blanc (steen) 2012
f0274387_0182725.jpg



昨日のソービニヨン・ブランと一緒に購入した、こちらも南アのワイン

ただし品種はシュナン・ブランです

価格は約900円ですが、厳密には昨日のパンゴリンに比べると10円安いです・・・


このワインは以前にもブログで取り上げました(こちらご参照ください)

ただし今回はヴィンテージが1年進んで2012年

そして全く不思議なことに、前回の投稿も10月、しかも15日

ほぼ同じころに飲んだということが分かります

ブログを書いていると面白いことに気づかされる

こういうのはブログを書き続けることのメリットの一つです

特に役に立つわけではないのですけれどね・・・ 

更に加えて、このワインは2012年のマイベストに入ったワインでした

セパージュは2011年と同じで、シュナン・ブラン90%にヴィオニエ10%

アルコールは13.5度です


色合いは輝きがあるやや濃いめのレモンイエロー

レンゲのハチミツ、それにハーブのような香り

前回の投稿を見ると、11年ヴィンテージにはカリンなど黄色い果実の印象を感じたようです

ただ今回はもう少し青い印象がある

ふっくらとしたボリューム感があり、やはりアフターに軽い苦味がある

これは11年と同じ特徴として感じられます



やっぱりこのワインはバリューがあると思います

脱帽



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-10-18 06:00 | ワイン | Comments(0)

パンゴリン ソービニヨン・ブラン 南アフリカ


Pangolin Sauvignon Blanc 2013
f0274387_2043168.jpg


パンゴリンは、まだワインを飲み始めのころに当時住んでいた近くのスーパーマーケットで見つけて飲んだ記憶があります

その時の印象はもうほとんど残っていませんが・・・

とにかく、価格が安くて手に入れやすかった、ということだけを覚えています

それは今もまだ変わらないようですね

価格は約900円でした

虎の門のカーヴ・ド・リラックスで購入した南アのソービニヨン・ブラン

アルコールは13.5度です



やや濃いめの明るいレモンイエロー

それにほんのわずか、ピンクがかっているように見えるのは気のせいでしょうか

香りはかなりしっかりと感じられる

パッションフルーツ、パイナップル、黄桃など、黄色いトロピカルフルーツの香り

それに爽やかなハーブの香りが混ざる

柑橘系果実の味わいがしっかりと余韻を残していく

価格は安いけれど、十分な飲みごたえの感じられるワインだと思いました



随分昔に飲んだはずだけど、あらためて、他の品種も試してみたいと思うワインです

もしかしたらチリのコノ・スルよりも良いかも知れないし


またカーヴ・ド・リラックスに行ったら今度は違う品種のワインを買ってみよう




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-10-17 06:00 | ワイン | Comments(0)

フィッシュ・フック ピノタージュ 南アフリカ

Fish Hoek Pinotage 2011
f0274387_201454.jpg


研修からの帰り道、池袋で途中下車して久々に西武デパートのワイン売り場に出かけました

悩んだ挙句、ようやく選んだのが南アフリカのピノタージュ

ピノ・ノワールとサンソーの交配品種ですね

涼しい産地をイメージするピノ・ノワールと、南仏などやや暖かそうな地域のサンソーを交配したというのが面白い

ボトルのラベルも過去に何度か見ていて気になっていました

価格は1000円弱

アルコールは意外と高めの14度です




やや赤みがかかった紫色で、ピノ・ノワールよりはずっと色が濃い

色合いにはサンソーのニュアンスが強めに現れているのでしょうか

一転、香りの方はピノ・ノワールらしい果実味とモワッとしたイチジクのような香りが印象的

味わいにもプラムなど黒いベリー系主体の果実味が溢れていて、高めのアルコールともあいまってボリューム感がある

酸よりも甘味のある果実味が表に出てきていて、分かりやすいおいしさがあります

土っぽさ、焼けた感じもあって、この辺りはサンソーの個性でしょうか



価格を考えると悪くないワインです

ただボリューム感があって暑い感じがするので、もう少し涼しい季節になるともっとおいしく感じられるかも・・・ 




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-09-07 06:00 | ワイン | Comments(0)