タグ:フランス(ローヌ) ( 10 ) タグの人気記事

クロ・デュ・カイユ ブーケ・ド・ガリーグ フランス



Le Clos du Caillou COTES du RHONE Bouguet des Garrigues 2010
f0274387_14160711.jpg

2014年にアヴィニヨンへ旅をしました(こちらご参照下さい)。この時に立ち寄ったのがクロ・ド・カイユで、山本昭彦さんのワインレポートでも取り上げられていて興味を持ったワイナリーです

ワイナリー訪問の詳細は当時の記事を読んで頂ければと思いますが、旅の最後にパリのボンマルシェで買ってきたのがこのワインです

アルコールは14.5度



ミルクのようなまろやかな発酵の香り、湿った森の土と枯れた倒木、ハーブや丁子、それにコーヒーの香りなど様々な香りが混ざり合う。シルキーなタンニンで舌触りは滑らか。果実の甘みを感じるものの、適度な酸があり甘さに流れないバランスを保っている。しばらく時間を置くと獣のような、あるいはなめし皮のようなニュアンスも出てきました


山本昭彦さんがワインレポートで紹介されているのは2000年のヴィンテージ。これでも飲み頃を迎えるにはあとまだ5年はかかると書いてあります。確かに、この2010年についても抜栓したてのころはサントリー塩尻メルロに通じるような薄い膜のかかったかのような硬さを感じました。2日目には硬さもほどけてきましたが・・


久しぶりにローヌを家で開けてみたけれど、やはりいいですね。とても好きな感じのワインです

それから、会費制になってしまってからワインレポートを見ることはなくなってしまったのですが、今回の記事を書くにあたりあらためて読み返してみるともともと新聞社の記者だけあってやはり文章が秀逸。読んでいるだけでワインが飲みたくなってきてしまいます・・




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキング






[PR]
by arusanchi2 | 2017-06-26 06:00 | ワイン | Comments(0)

ル・プティ・アンデゾン フランス


Le Petit Andezon 2015
f0274387_22361727.jpg
リアルワインガイドの表紙にもなった、エステザルクの赤ワイン

飲んでみたいなと思っていたところ、カクヤスで見つけたので購入しました

価格は約1400円

アルコールは14度


甘酸っぱいプラムなどの香り、甘苦いスパイス、まろやかな酸の香り

きめ細かく、よく溶け込んだきれいなタンニン

柔らかなタッチながらジワジワッとした旨味を感じる

フルーティーだが軽すぎず、きれいなタンニンが感じられて飲みごたえもある、このバランス感


ローヌはワインを飲み始めたころによく飲んだので、僕にとっては原点のワインと言っていいかも

やっぱりローヌは好きだなあ


アヴィニヨンからポン・デュ・ガールにバスで向かう途中にこのエステザルクの近くを通りました

このワインを飲むと、あの時の旅行のことを思い出す・・




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








[PR]
by arusanchi2 | 2017-03-08 22:49 | ワイン | Comments(0)

ドメーヌ・マスロー L フランス





Domaine Mas Lau L 2014
f0274387_21585933.jpg
f0274387_21591384.jpg

2016年4月に恵比寿のトロワザムールで購入したローヌのワイン

価格は約1900円

アルコールは12度


明るい紫

華やかでフルーティな香り、ミルクのような乳臭さ、その後にスパイス

タンニンがしっかり固めでカシカシして、ピリリとするスパイスのようなニュアンス

酸もしっかり

しばらく置いてからグラスを嗅ぐと醤油のような旨味の香りも


今までのローヌワインのイメージとはちょっと違いました

フルーティでタンニンも中程度の重さがある、というのがローヌに対するこれまでのイメージでした

このワインは、少々雑な言い方をすると、もう少し軽いイメージ

そして酸も高め

もしかしたら、日本食にはむしろ合わせやすいような気もしました





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








[PR]
by arusanchi2 | 2016-11-25 06:00 | ワイン | Comments(0)

ヴィエイユ・フェルム・コート・デュ・ヴァントゥー フランス



La Vieille Ferme Cotes du Ventoux 2013
f0274387_23372685.jpg


2014年のフランス旅行の際にパリ市内のスーパーマーケットで購入したワインです

その名もヴィエイユ・フェルム

ローヌを代表する生産者のペラン家が手掛ける、リーズナブルなラインのワインです

このワインは187ml入りで、小さなペットボトルに入ったワイン

本当は720mlを買ってもよかったのですが、容器がガラスではないため非常に軽いところがよかった

4本買うとちょうどボトルワイン1本分の容量

価格は1.5ユーロ程度だから、お土産としても使いやすいかも

ただ、4本で6ユーロ程度になりますので、少し割高になります

それでも、フランスから運ぶことを考えると軽い方がいい

アルコールは13.5度です


赤紫色の外観

スミレなど花の香りは甘くて、陽性のイメージを持ちました

ブドウのフレッシュな印象も感じられます

軽めの口当たりですが、けっして薄いということではなく、しっかりとブドウの味を感じることができる


このワインは僕のブログでは2度目の登場です

前回の記事はこちらをご参照ください

山本昭彦氏の「おうち飲みワイン100本勝負」でも取り上げられていて、その品質はお墨付き


フランスで買うことに比べると日本で買うとどうも割高感を感じてしまい、なかなか手が伸びません

再びパリに行くようなことがあれば、何度でもスーパーマーケットで見つけて飲みたいワインの一つです



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2014-06-10 23:45 | ワイン | Comments(0)

2014年 フランス旅行 ③

4月28日(月)


この日はいよいよシャトーヌフ・デュ・パプに行きます

午前中はオランジュ市内の観光

そして午後に日本から訪問予約をしておいた2軒のワイナリーに行きます


アヴィニヨン・セントラル駅からオランジュ駅まで電車で移動しました
f0274387_14191115.jpg


オランジュ駅に着くと、何やらホームで撮影をしていました

エキストラもいます
f0274387_14185447.jpg


オランジュ駅はこじんまりとした駅
f0274387_14192783.jpg


駅前からしばらく歩くと街中に出てきます

歴史を感じる旧市街と新興の街とがパキッツと別れている印象

古い方ではまずこの凱旋門が有名
f0274387_14215389.jpg


カエサルのプロヴァンスでの勝利を記念し、紀元前20年ごろに建造されたものらしいです

幹線道路に立っているらしく、このサークルの周りを大型トラックがガンガン走っていました

一方で、このように巨大なクレーン車が新しい建物を作っている光景にも出くわします
f0274387_14231581.jpg


このあたりの道路は舗装され、とてもきれいですっきりとした街並み


朝ごはんを食べずに出てきたこともあり、見つけたパン屋で簡単に食べることにしました
f0274387_14251737.jpg

f0274387_14265240.jpg

f0274387_1427596.jpg

f0274387_14272046.jpg

f0274387_14273613.jpg



凱旋門ともう一つ、この街の観光名所となっているのが古代劇場
f0274387_14275924.jpg

無料の音声ガイド(日本語あり)を貸してくれ、これを聞きながら回ると非常に見応えあります
f0274387_14282717.jpg

f0274387_14284677.jpg

背面の石壁が非常に価値があるようで、高さ36mの壁は圧巻の大きさです
f0274387_1429854.jpg

f0274387_14293248.jpg


古代劇場のチケットで、向かいにある美術館も入ることができました
f0274387_1430622.jpg

f0274387_14302418.jpg

f0274387_14303926.jpg



古代劇場を見終え、いよいよワイナリーに向かいます

 14時 クロ・ド・カイユ Le Clos du Caillou
 15時 シャトー・ド・ボーカステル Chateau de Beaucastel

というように予約を入れていました

クロ・ド・カイユは山本昭彦氏のブログ「ワインレポート」で取り上げられていて興味を持ったワイナリー

ボーカステルの方は、インポーターのジェロボームが扱っていることで以前から知っていました

クロ・ド・カイユと同じく、「ワインレポート」にも取り上げられている有名なワイナリーです


オランジュからはまずタクシーでクロ・ド・カイユに向かいます

ただ、フランス語ができないため自力でタクシーを呼ぶことができないため、ツーリスト・インフォメーションでタクシーを呼んでもらうことにしました

13時半にオランジュ発で十分間に合うと思っていたのですが、タクシー会社と交渉してくれたツーリスト・インフォのお兄さんによれば「13時からなら予約できるけど」とのこと

それ以外に選択肢がないので、お願いすることにしました

結果としてランチを食べる時間が取れなくなってしまったため、近くのケバブ屋でテイクアウトのケバブ(5ユーロ)を2つ買い、ワイナリーの近辺で食べることにしました

ただ、このケバブがでかいことでかいこと・・・

子供用の野球ミットくらいの大きさのケバブで、2人で1つで十分でした(結局、残りの一つは僕たちの夕食になったのでした)


ツーリスト・インフォの前に到着したタクシー運転手のお兄さんが言うには、「行きたいワイナリーの町の名前」を知りたいそうで、町の名前が分からないと行けないようです

グーグル・マップのアウトプットを持ってきたのですが、こちらの人は地図よりも文字情報の方が重要なのかも知れません

結局、運転手のお兄さんとツーリスト・インフォのお兄さんで直接会話をしてもらい、うまく話がついたようです

よかったよかった


クロ・ド・カイユまではタクシーで約11ユーロ

2人移動してこの値段だったらまずまずです

到着したのは13時半よりも前、見学予約した14時まで時間もあり、まずは畑で先ほど買ったケバブを食べることにしました


まだ少し冷たいけれど、吹き抜ける風が気持ち良い
f0274387_1452441.jpg

遠く東京から離れ、シャトーヌフ・デュ・パプの畑でケバブを食べている不思議
f0274387_1453647.jpg

畑にはゴロゴロとした丸石が転がっているのが印象的
f0274387_14532322.jpg

そろそろ開花(フロレゾン)も近いのでしょうか
f0274387_14533855.jpg

f0274387_14541013.jpg


f0274387_1504194.jpg

森のようなエントランスには、松ぼっくりがたくさん落ちていました
f0274387_151194.jpg

ここがデギュスタシオンの建物になっていました

扉のボタンを押すと建物中に「ビーッ!」と音が響いてビックリした
f0274387_1514669.jpg


対応してくれたのは、メールでやり取りがあったAude女史

小柄ですが、快活でスタイリッシュな印象の彼女はいかにもフランス人といった雰囲気の美人

最初に、畑の位置と造られるワインの関係を示す地図を使っての説明を受けます
f0274387_1544941.jpg


そして試飲させてもらったのはこの4種類
f0274387_1541030.jpg


左から、

 ・ブーケ・ド・ガリーグ ルージュ /12ユーロ
 ・ヴァン・ナチュール コート・デュ・ローヌ ルージュ /13ユーロ
 ・レ・クオルツ ルージュ (コート・デュ・ローヌのスペシャル・キュヴェ) /15ユーロ
 ・レ・サフレス シャトーヌフ・デュ・パプ ルージュ /27ユーロ

他に比べて濃厚な果実味を感じ、まろやかな舌触りで素直においしいと思えたレ・クオルツを1本購入

セラーも見学させてくれました
f0274387_15135710.jpg


この地方に特徴的なフーダー(大樽)もあった
f0274387_15145334.jpg


こうして最初の訪問先であるクロ・ド・カイユの見学は終了

14時半ころにAude女史に別れを告げ、握手をし、クロ・ド・カイユを後にしました


僕たちが去った後のワイナリーは再び静粛を取り戻し、小鳥のさえずりと爽やかな風の吹く景色の中に還っていく
f0274387_15232276.jpg


f0274387_15224594.jpg



続いては、シャトー・ド・ボーカステルに向かいます

ここからは、約2kmの道のりを歩いて移動します
f0274387_15275792.jpg

どこのワイナリーの畑化分かりませんが、こうして雑草とブドウの木を競わせて生命力を引き出している畑もあるようです
f0274387_15282218.jpg

とにかく歩き続ける
f0274387_1529788.jpg

ようやくボーカステルの看板も出てきた
f0274387_15292233.jpg

f0274387_15295497.jpg

ボーカステルも近づいてきたころ、農夫らしき男性たちが畑で作業しているとこをに出くわしました
f0274387_15334626.jpg

何やらこっちを見て手を振っているので僕たちも手を振り返したら

 「コンニチハー!」
 「オチョオチョー!」

と叫んでいます

「おちょおちょ?おちょおちょって何よ」と思いながらも、フレンドリーな南仏の雰囲気に気分もよくなる

とにかく、この辺りの畑はこのように丸石がゴロゴロしているのが特徴的でした
f0274387_1536781.jpg


シャトーの門
f0274387_15371436.jpg


この右側の建物でデギュスタシオンなどをさせてくれました
f0274387_15374243.jpg


扉のインターフォンのボタンを押し、15時から予約している旨を伝えるとロックを解除してくれるので、扉を押して2階まで上がります

ここでしばらく係員の到着を待ちました
f0274387_15393553.jpg


先客として香港から来ていた2名とあいさつを交わす

この2人、後でわかるのですが香港でワインのデリバリー(といっていた)をしているらしく、日本企業のエノテカでも働いていた子があるようです

夫婦かと思ったのですが(本当に夫婦かも知れませんが)、男性はCEO、女性は運転手を担当していて、約1か月間にわたって産地を回っているようでした

名刺をもらったのでいつかメールでもしてみようと思います

いずれにしても彼ら2名と僕たち2名の合計4名でテイスティングをすることになりました


その前にまずは畑に出て、シャトーの概要について説明を受けます
f0274387_15433912.jpg

f0274387_15412934.jpg

f0274387_15431939.jpg

f0274387_1544782.jpg


畑に出た後は、セラーの見学です
f0274387_1544329.jpg

f0274387_15451530.jpg

驚いたのは、ボルドーのようにセメントタンクが使用されていること
f0274387_15453810.jpg

f0274387_15461945.jpg


そしてようやくお待ちかねのテイスティングです

こちらが試飲室
f0274387_15485575.jpg


白2種、赤3種をテイスティングさせてくれましたが、いずれにグラスにたっぷり注いでくれるので結構酔います・・・
f0274387_15493384.jpg


白はルーサンヌだったかな、あまり飲んだことのない品種でよい経験になりました

赤はローヌらしくシラーやグルナッシュなどのブレンドだったように記憶しています


明らかに、カリフォルニアなどとは作りが違うことが分かります

これほど気候が温暖でブドウがよく育ちそうな産地であるにもかかわらず、果実爆弾にはならない

奥ゆかしさがあって、ひと口飲んだだけでは分かりにくいフィネスとエレガンスのワイン


ボーカステルではワインの販売をしている様子がなく、購入することはありませんでした

聞けば売ってくれたのかも知れないけれど


結局、今回のワイナリー巡りで購入したのはクロ・ド・カイユの1本だけ、ということになります

だったらクロ・ド・カイユでもう1本くらい買ってもよかったかな、、という後悔が少しだけ残りました


オランジュの駅まではシャトーで頼んでタクシーを呼んでもらって帰ることにしました


この日は天気が変わりやすい日で、雨も少しぱらついたり、また晴れたり、いかにもフランスらしい天候でした
f0274387_15591040.jpg


再び戻ってきたオランジュ駅
f0274387_15594316.jpg


帰りも12ユーロ程度でした

f0274387_1611119.jpg

f0274387_1612677.jpg


電車の車窓からの眺め
f0274387_1615529.jpg



アヴィニヨンに戻ってからまだ晩ごはんまでは時間もあるし、日も高く明るかったので、市内散策することにしました
f0274387_1623799.jpg

f0274387_16330100.jpg

こういう古いルノーが普通に乗られているのですよね
f0274387_1634434.jpg



晩ごはんは先に書いた通り、ケバブの残り

それにスーパーで買ったヴァンソーブルを飲むことにしました
f0274387_1643975.jpg


これはクロ・ド・カイユで拾った松ぼっくりと、ボーカステルの畑で拾った丸石
f0274387_165023.jpg



観光もいいけれど、こうしてワイナリーを巡るのも楽しいです



翌日は世界遺産を巡る旅です

ポン・デュ・ガールを見たり、アルルなんかに出かけます



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2014-05-12 06:00 | 旅行 | Comments(0)

フルール・ド・ロシェ グリニャン・レ・ザデマール フランス


FLEUR DE ROCHE Grignan-Les-Adhemar 2012
f0274387_23181229.jpg


文京区のクイーンズ伊勢丹で購入したローヌのワイン

価格は1000円程度でした

アルコールは14度です


素直に熟したブドウの甘い香りを感じます

ハーブと練乳が混ざり合ったようなニュアンスも

ほどよいタンニンに果実の甘みが重なる、飲みやすいワインです



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2014-04-18 23:28 | ワイン | Comments(0)

サンタ・デュック・エリタージュ フランス



Santa Duc HERITAGE
f0274387_21245525.jpg


有楽町のビックカメラで久しぶりに購入したジゴンダス

昔はよく飲みました

価格は1000円程度のお手頃なワインです


赤みがかった濃い紫色

カカオ、オレンジピール、それに鉄のニュアンス

果実味が強く、甘苦さを感じる

タンニンは強めだと思います


以前飲んだ時よりもおいしいワインになっているように思ったのは気のせいでしょうか・・・


人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2014-04-17 21:32 | ワイン | Comments(0)

アラン・グライヨ クローズ・エルミタージュ ブラン フランス



Domaine Alain Graillot CROZES-HERMITAGE BLANC 2011
f0274387_22213199.jpg


東京大丸のワインフェアで購入

クローズ・エルミタージュ、いやローヌの白というのがもしかしたら初めてかも知れません

僕にはローヌは赤のイメージが強い

クローズ・エルミタージュの白はブドウ品種としてはマルサンヌとルーサンヌが認められています

ネットで調べたところ、このワインはマルサンヌが80%、ルーサンヌが20%のブレンドのようです


価格は忘れてしまいました

アルコールは12.5度です


ドイツワインのように明るい輝きのある、濃いめのレモンイエロー

香りにはカリンやハチミツのようなニュアンスを感じる

味わいはとても控えめ

穏やかなトーンの優しい味わい

アフターには苦味を軽く感じ、味わいをキュッと引き締める


単体で飲むにはややインパクトの弱いワインです

しかし、魚介系にクリームを合わせたような白くて優しい味わいの料理にはとてもフィットするような印象を持ちました



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2014-01-29 06:00 | ワイン | Comments(0)

ギガル コート・デュ・ローヌ ルージュ フランス


E.GUIGAL COTES du RHONE 2009
f0274387_0292381.jpg


僕の会社の話ですが、13年度の人事異動を受けて職場のメンバーになった後輩君、後輩ちゃんたちが結構な酒飲みでして、ワインもいける口です

とはいえ、セブンイレブンのヨセミテ・ロードで十分満足している・・・


そんな彼らにお勧めしたのが、1000円ちょっとで品質がよい、ギガルのコート・デュ・ローヌ

後輩たちに進めているうちに久々に自分が飲みたくなってしまい、会社帰りに東京駅のWINE&DINEで購入してしまいました


価格は1200円台で、この辺りでは一番安く買えるはずです

アルコールは14度です



このワインはとにかくしなやかで、酸とタンニンのバランスがよい

果実味もしっかりと感じられる

欠点のつけにくい、非常によくできたワインです



このワイン、過去を含めてもう何本飲んだかな、、、 

アランブリュモンのガスコーニュ・ブランと同じくらい、よく飲むワインの一つです




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-10-14 06:00 | ワイン | Comments(0)

ドメーヌ・デ・パスキエ コート・デュ・ローヌ・ヴィラージュ プラン・ド・デュー フランス

DOMAINE DES PASQUIERS COTES DU RHONE VILLAGES PLAN DE DIEU 2009
f0274387_11543162.jpg


東京大丸のワインフェアで購入してきたコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュです

久々に教本をあたってみると、AOCコート・デュ・ローヌ・ヴィラージュの説明は以下のようになっています


 ・ 生産可能色は赤・白・ロゼ
 ・ 指定4県95コミューンで、AOCコート・デュ・ローヌよりも厳しい基準を適用する
 ・ 赤の主要品種はグルナッシュで、これを50%以上使用する
 ・ 白は、主要品種としてグルナッシュ・ブラン等を80%以上使用する


ちなみに、これがコート・デュ・ローヌになると、


 ・ 生産可能色は赤・白・ロゼ
 ・ 6県171コミューン
 ・ 赤は(モンテリマールよりも北の産地を除き)主要品種グルナッシュを40%以上使用
 ・ 白は主要品種をブレンドで80%使用する



ということで、コート・デュ・ローヌとコート・デュ・ローヌヴ・ィラージュとの主な違いは、赤における主要品種の使用割合ということでしょうか


そんなヴィラージュもののこのワイン、価格は2000円前後だったように記憶しています

アルコールは13度です



明るい紫色

カシスやブルーベリーなど黒系果実の香り、それに血液などと例えられる鉄分のようなニュアンスも感じられます

滑らかで果実味しっかり、かつ甘味があって飲みやすい

そしてタンニンがしっかりと後味を引き締める


とてもよくできたおいしいワインだと思いました





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-05-09 06:00 | ワイン | Comments(0)