<   2016年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

燕燕 @今出川寺町西入



御所の北東に位置しており、手頃な価格でとてもおいしい中華を提供している店です



燕燕 (エンエン)
京都府京都市上京区今出川通寺町西入ル大原口町211
075-222-1489
f0274387_23590913.jpg
f0274387_00000612.jpg



食感が良くてヘルシーで、必ず頼んでしまう豆腐の一皿
f0274387_00001674.jpg



さっぱりとした鶏肉と、そこにかかる辛めのタレの組み合わせが絶品です
f0274387_00002701.jpg



鍋で煮込んだ春雨のスープですが、コショウが効いています。この辛さがクセになる旨さ
f0274387_00003932.jpg


白身魚の鍋料理ですが、このスープも何とも言えずおいしかった。燕燕の料理はどれを食べても旨い
f0274387_00005051.jpg


水餃子はつるっともちっとした皮の食感がよい
f0274387_00005990.jpg


箸休めとしてまた前菜に戻り、、酢の効いたキクラゲ。さっぱりしています
f0274387_00010965.jpg


最後にあんかけ焼きそばを頂きました。野菜の甘みが活きていて、味付けも濃すぎることはないです
f0274387_00012275.jpg



最近は燕燕も京都にくると必ず立ち寄る店となっています

ランチもあるし、使い勝手も良い

店内もさっぱりとこぎれいで、モダンな内装で居心地も良いです






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!









[PR]
by arusanchi2 | 2016-12-31 06:00 | 中華 | Comments(0)

樽八 @百万遍



僕たちにとって、京都のベスト居酒屋となっている店



樽八
京都府京都市左京区田中門前町6
075-721-8080
f0274387_23513955.jpg
f0274387_23515717.jpg


食べるとお腹がいたくなるので僕はもうアボカドが食べられないのだけど、カブちゃんは大好物のマグロのタルタルが乗ったアボカドのサラダ
f0274387_23521073.jpg


コリッとしたイカの刺身は甘みもありおいしかった
f0274387_23522300.jpg


塩辛も自家製でしょうか、切り身は大きめで日本酒にはよく合いそう
f0274387_23523447.jpg


レバ刺しを炙ったものですが、ゴマ油を使ったタレもおいしく、これは絶品でした
f0274387_23561322.jpg


定番の生レモンサワー
f0274387_23572007.jpg


これはハマグリではなく、大きいアサリなんだそう
f0274387_23570689.jpg


羽根つきの餃子
f0274387_23574171.jpg


焼酎は奄美の浜千鳥を飲みましたが、盛りがすごい。グラスが巨大で思わず手を入れた写真を撮りました
f0274387_23575441.jpg


昼はラーメン屋になる樽八のラーメンは、京ラーメンそのもの。締めに欠かせない
f0274387_23581094.jpg



今回も樽八の料理を満喫しました

祝日だったせいなのか、少し空席が目立つのが気にはなりましたが・・



また来よう




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!











[PR]
by arusanchi2 | 2016-12-30 06:00 | 居酒屋 | Comments(0)

カメラ問題、解決


Canon S100の調子がはなはだ悪い、ということを以前書きました(詳しくはこちら

Canonの正規の修理に出すと1万円以上かかりそうだし、もし修理に出すとこれで2回目になってしまいます(一度レンズが動かなくなり銀座のキャノンで修理に出しました)

もともとそれほど高くもないコンデジを2度も修理に出すのもそれはそれでもったいない



結局、悩んでも解決しないので新しく新調することにしました

購入したのはこちらのカメラ



Canon M3
f0274387_22190834.jpg

ミラーレスです

一眼にしては大きさがコンパクトで、いろいろ人に聞いても評判がよさそう

さらには、人によっては「僕が持ってるキャノンの一眼レフより写りがいい」とまで言うので、決めました


しかしカメラって、カメラを買ってくるだけではダメで、様々な付属品が必要なんですね

レンズをホコリや汚れから守る”レンズプロテクター”やら、余計な光が入りこむのを防いだりカメラをぶつけたりする衝撃からも守ることができる”レンズフード”なんかも必要らしく、とりあえず買いました



買ったその日にカブちゃんが出るライブで使用しましたが、さすがにきれいに写ります

年末の旅行にも持ち出すので、年明け以降のブログからはM3で撮影されたものになりそう






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!










[PR]
by arusanchi2 | 2016-12-29 06:00 | その他 | Comments(0)

チロル @二条城前



「タクシードライバー 祇園太郎」を見てからというもの、いつか訪問したいと思っていました

カブちゃんはすでに一度訪問済み



チロル
京都府京都市中京区御池通大宮西入ル門前町539-3
075-821-3031
f0274387_23092756.jpg

ヨーロッパの木組みの家を彷彿とさせる外観は素朴でありながらも、赤と黒の日よけのポップさとも相まって可愛らしい雰囲気を醸しています

また、「スパゲイ」という文字のように、きれいな字体でありながら何とも発音のしようのない言葉をそのまま残しておくという、この几帳面なようでいて頓着していない感じにアンビバレントな感情が沸き起こり、これもまたチロルの不思議な魅力にもなっているように思います
f0274387_23102257.jpg

店内は満員で、小さいテーブルを2つ並べた男性に1つのテーブルを譲っていただき、座らせていただきました

椅子もこじんまりとした可愛らしいもので、男性では長居はしづらそうな感じもします



注文したのは、祇園太郎もその劇中でよく食べていたチロルの名物となっている”カツカレー”

祇園太郎の気持ちになってカレーを食べていると、ふと窓の外に通りかかるタクシーを見かけるだけで、「お、もしかして祇園太郎も仕事の合間にカレーを食べに来たのかな・・」と思ったり思わなかったり
f0274387_23094404.jpg


隣の2人組のお嬢さんも一口食べて「おいしい!」と言っていましたが、確かにこのカレーはおいしいです。程よい辛さで味わいに深みもある

また上に乗っているカツも脂っぽさがなく、むしろさっぱりとし過ぎているくらいでもあり、カレーに浸して少し水分を含ませるくらいの方がより一層美味しく頂ける気がします。カツカレーのために考えられたカツ、ということなのかな

f0274387_23100811.jpg


コーヒーはしっかりと濃いめの味わい。薄いコーヒーではカレーの後に飲むと味わいが締まらない感じがしてしまうと思いますが、このコーヒーはチロルでカレーを食べた後にはベストな味わいです

f0274387_23124908.jpg

僕自身は初めて訪れたチロルですが、人気があってお客さんが絶えないので相席も普通にあったりするようです

しかし、マダムが切り盛りすることによってお客さんは普通にその指示に従い席に着くことができるし、譲ってくれた先客の人とも「ありがとうございます」とか「あ、どうも」という感じで軽く会話を交わすだけでグッと居心地もよくなる

逆に、相席が気になる人はこの店はあまり楽しめないのかも

僕も帰り際に席を譲ってくれた男性に「ありがとうございました」とお礼を述べて店を後にしましたが、こちらの都合だし相手の方がどう思ったかは判らないとはいえ、そういう一言を言うだけでも気分はよいです



ところで、”祇園太郎”については以前にも少し触れたことがありますので、もし「祇園太郎とはなんぞや?」と思われる場合でなおかつもう少し”祇園太郎”が何かを知っておきたい、という場合は是非こちらもご参照いただければと思います

それほど詳しく書いていませんが、でも、もともとそれほど”祇園太郎”について多くの情報が出回っている訳でもないようです





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!










[PR]
by arusanchi2 | 2016-12-28 09:00 | 喫茶店・カフェ | Comments(0)

清りょう 純米吟醸 @群馬



群馬に帰省した際に立ち寄った酒蔵で購入した純米吟醸酒です


町田酒造 清りょう 純米吟醸 
f0274387_22524998.jpg


精米歩合は55%、日本酒度+2

原料米は五百万石と山田錦のようです

一升瓶で購入し、価格は確か2700円くらいだったと思います

アルコールは15度~16度



わずかに黄色みがかっています

香りはあまり強くありませんが、パイナップルのような吟醸香があります

口に含むと、まず最初に甘味を感じ、甘味で味わいが膨らむかと思いきやすぐに酸が膨らみを抑えて味わいの落ち着きをもたらします

その後に続いてキリッとした辛さが追いかけてきて、喉の奥に流していく



日本酒のことはまだまだ良く判っていませんが、やはり食中酒かなという気がします

合わせるとしたらどんな料理でしょうか

味わいとしては酸があってキリっとした辛口のお酒です

少し甘めに煮た、脂の乗ったカレイの煮つけなんかはどうでしょうか

うまく相乗しそうな気がします




こちらが町田酒造の外観

冬の日の夕方に訪れたので、時刻は18時くらいだったと思いますが、すでに暗くなっていました
f0274387_22563086.jpg


こちらの純米吟醸は店頭に品切れだったようで、お店の人いわく「時間ありますか?いまから蔵に行って取ってきます」ということで、しばし店内で時間つぶしました

「蔵に行って取ってくる」というイメージが、もの凄く、よい
f0274387_22590659.jpg


先日もこの”清りょう”ブランドの日本酒を取り上げましたが(こちらご参照下さい)、また機会があれば他のものも試してみたいと思います






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!









[PR]
by arusanchi2 | 2016-12-27 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

ゴゴ @出町柳



京阪の出町柳駅からほど近く、注意をしていなければ見逃してしまいそうなほど街の景色に溶け込んだ店舗の外観

何度も来てみようと思いつつ、いつもタイミングが合わずに閉店時間に訪れるばかりでしたが、今回ようやく入ることができました


京都の深い喫茶店文化を体現している店の一つ

そう言ってもよいと思います



ゴゴ
京都府京都市左京区田中下柳町8-76 今出川加茂大橋東入ル
075-771-6527a
f0274387_22272326.jpg


扉を開けると、けっして短い時間では出すことのできない歴代を感じさせる雰囲気、それと実にレトロな内装に目がとまります


コーヒーとサンドイッチ、それにチーズトーストを頂きました

コーヒーにまず最初に感じたのはその高い温度。コーヒーについての詳しいことはよくわかりませんが、ゴゴではサイフォンでコーヒーを淹れているようです。これがペーパーフィルターで淹れるようなコーヒーとは提供された時の温度にも影響しているのかなと思いました

苦味はマイルドで深みがあり、おいしいコーヒーです
f0274387_22264287.jpg


コーヒーもおいしかったですが、タマゴサンドにも感動しました。”タマゴサンド”と聞くと最初に思い浮かぶのが、ゆで卵を崩してマヨネーズで和えたものを挟んだもの。これは僕の中では標準的なタマゴのサンドイッチ。しかしゴゴのものは、溶き卵にふんわりと柔らかく火を通されたタマゴが挟まれています

ゴゴのタマゴサンドイッチだけではなくて、京都ではこうしたサンドイッチが標準なのかも知れません。以前訪れた「切通し 進々堂」でも同じようにふわふわタマゴのサンドイッチでした

ゴゴのカリッとしたシンプルなチーズトーストもとてもおいしかったです
f0274387_22270428.jpg



またコーヒーとタマゴサンドイッチを食べに来てみよう






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!









[PR]
by arusanchi2 | 2016-12-26 09:00 | 喫茶店・カフェ | Comments(0)

December 2016 in Kyoto


KIYOMIZU Temple, Kyoto

f0274387_15552666.jpg


Sony Xperia Z3



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!









[PR]
by arusanchi2 | 2016-12-25 06:00 | その他 | Comments(0)

カレーとワイン ポール @銀座



僕が気に入っているリヨンブルーグループのうちの1つですが、まだこの店は来たことがありませんでした


週末の金曜日、仕事帰りにカブちゃんとワイン飲みに行きたいなと思い15時ごろに電話で予約

この時期の金曜日でしたが、奇跡的にカウンターが2席空いていました



カレーとワイン ポール
東京都中央区銀座2-14-7 銀座OMビル 1F
03-6228-4449
f0274387_22221089.jpg

さっそくワインを注文

この日はボトルな気分でした



白ワインをお願いし、店員さんにいくつか持ってきてもらった中から選んだのがこちら

酸がしっかりとした爽やかなロゼでした


ロワール川左岸、トゥーレーヌ・アゼイ・ル・リドーのロゼワイン

Le Sot de L'ange(ル・ソ・ド・ランジュ)
f0274387_22222114.jpg

パテなど肉類の盛り合わせ

パンと一緒に頂くととてもおいしいです
f0274387_22223122.jpg


白子とキノコのフリットはレモンを絞ってさっぱりと

ロゼワインともよく合います
f0274387_22224151.jpg


アルコール11度のロワールのワインはあっという間に空いてしまい、グラスワインを追加でお願いすることにしました



次のワイン、カブちゃんは「貴腐みたい」といい、僕はあまりそうは思わなかったけれど貴腐並みのタイトなテクスチャーは確かに感じました

でも香りが独特でやや臭い感じで、セメダインのようなエステル香もあってかなり独特です

LE PETIT DOMAINE de GIMIOS(レ・プティ・ドメーヌ・デ・ジミオ)
f0274387_22392267.jpg


赤ワインのグラスもお願いすることにしました

f0274387_22225599.jpg


上の写真の中から、一番右のボトルを選択



”ブルゴーニュ”とラベルには書いてありますが、店員さんが「シャブリ地区のピノ・ノワール」と言っていました

ということは、イランシーのワインということなのでしょうか


Adrien Roux Bourgogne Très Libre(アドリアン・ルー ブルゴーニュ トレ・リーブル)
f0274387_22234098.jpg


これはちょっと覚えていないのだけれど、、写真を撮っているということは、飲んだのかな・・
f0274387_22242870.jpg


サクラエビとゴボウのキッシュはカブちゃんがかなり気に入っていました
f0274387_22235779.jpg


なぜか一番最後に頼んだのがポムフリ・・

あまり体に良くなさそうだけど、おいしいです
f0274387_22481276.jpg






カブちゃんいわく「今まで出かけたリヨンブルー系列の店の中では一番良かった」ということなので、まあそれもよかった

確かに、ワインのセレクトも面白そうだし、たまたま重過ぎない感じのチョイスができたということなのかも知れませんが料理もおいしかったです

場所も有楽町からそれほど遠くないので、また、機会があれば来てみよう




今年ももう残すところあとわずか

ゲスの話題で始まった2016年もあっという間に1年が経ってしまいました

早いものですね・・





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!












[PR]
by arusanchi2 | 2016-12-24 06:00 | ワインバー | Comments(0)

December 2016 in Tokyo -No.2-





KITTE
f0274387_00013442.jpg

Sony Xperia Z3




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








[PR]
by arusanchi2 | 2016-12-23 06:00 | その他 | Comments(0)

December 2016 in Tokyo -No.1-



Ginza
f0274387_23525688.jpg

Sony Xperia Z3




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!












[PR]
by arusanchi2 | 2016-12-22 06:00 | その他 | Comments(0)