<   2016年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

いっ久どーなつ @荻窪



魅惑の街、西荻窪に久しぶりに出かけてみました

パン屋もたくさんあるし、本屋もカフェもたくさんあります

音楽的にも重要な場所らしく、西荻窪ロフトができたのは1973年6月だそう



今回は荻窪まで向かい、そこから歩いて西荻窪まで行きました

荻窪でのお目当て、それがこちら



いっ久どーなつ
〒167-0043
東京都杉並区上荻1-6-4
TEL&FAX:03-3220-1072
f0274387_16222835.jpg


駅のすぐ目の前にあります

f0274387_16225441.jpg



豆乳も買ってみましたが、少し緑がかっています

表現悪いですが、とても濃厚なので紙コップで飲むと胃の検査の時に飲むバリウムを一瞬思い出しました・・

f0274387_16231595.jpg



ドーナツはとても軽くてフワフワ

味は特についていないと思うのですが、原料の青大豆由来の自然な甘さがあります

f0274387_1623256.jpg







人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2016-01-31 16:33 | お菓子 | Comments(0)

フロッグス・リーチ ピノ・ノワール アメリカ



年末、東京メトロのフリーペーパー「メトロミニッツ」を見ていたら、虎の門のカーヴ・ド・リラックスで福袋ならぬ福箱を売り出すというニュースを発見

中にはオーパスワンも入っているかも知れないという触れ込み

価格は3本入りで1万円ですが、何だか興味がそそられてしまい、買ってみました



f0274387_21595037.jpg


f0274387_2201042.jpg



開けてみたら、入っていたのはこれらのワイン

f0274387_221264.jpg


シャンパーニュのアンリオ、ランブルスコ、それにピノ・ノワールのフロッグ・スリーチ


この箱の目玉はアンリオだと思いますが、果たしてこの3本は買ってお得だったのかと思いネットで価格を調べていくと・・

だいたい福箱の価格通りの1万円強くらいが実売価格のようでした

あまりお得ではない・・

在庫セールという意味合いももしかしたらあったのではないか

そんな疑惑を感じてしまった次第です



もともとセットワインも販売しているカーヴドリラックスですが、僕も過去に何度か買ったことがあります

でも、あまりバリューがある感じではなかったというのが正直な印象

今回もその記憶が蘇ってしまい・・



何はともあれ、とりあえずピノ・ノワールから飲んでみました


J.LOHR Frog's Reach Pinot Noir 2012
f0274387_2264848.jpg


アルコールは14度です


プラム、ブルーベリー、イチゴなど、かなりしっかりとした強めの果実味が感じられます

ジューシーさあふれるアメリカのワインといった印象

わずかながら苦味も感じられます

アメリカのピノはまろやかでしっかりとした味わいがあって、嫌いではないです



思えば、カリフォルニアのピノ・ノワールに開眼したのはヴィノスやまざきのディアリッチでした

有楽町の店舗内に併設されたバーで飲んだディアリッチ2007年は本当においしかったな







人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2016-01-27 06:00 | ワイン | Comments(0)

立ち食い蕎麦 ことはじめ




TV番組の「マツコの知らない世界」で立ち食い蕎麦が取り上げられていました

DVDレコーダーに録画されていたものを見たのですが、面白くて何度か見直してしまいました

この番組で初めて知ったゲストのイトウエルマさんは独特な魅力もありましたね


そんな影響もあり、どうにも気になってしまった立ち食い蕎麦を新年早々にいくつか訪問してしまいました



小諸そば @御茶ノ水

f0274387_20202683.jpg


鴨南蛮

f0274387_20211377.jpg


カレー蕎麦

f0274387_20212257.jpg


立ち食い蕎麦の麺はこういうものだよね、というくらいに食べやすい麺

鴨南蛮は、鴨からの脂も染み出ていて、柚子胡椒のピリリとした刺激も味わいに変化を与えていてよし

カレー蕎麦というのも何だか珍しい感じがします

麺とカレーの組み合わせではカレーうどんの方がメジャーな感じはするけれど、蕎麦つゆの和風だしの味わいとカレーがうまく相乗効果を発揮している気がします




蕎麦 冷麦 嵯峨谷 @神保町

f0274387_2021515.jpg


もりそば 290円

f0274387_2022035.jpg


かき揚げの天ぷら 100円

f0274387_2022925.jpg


十割蕎麦がウリのようです

十割というとモサモサとしていそうですが、それが食べてみると結構つるつるとしています

量もあるし、これで290円というのは驚きの安さ

蕎麦湯もデフォルトでついているというところもスゴイ

天ぷらをつけても390円・・

蕎麦つゆは割と辛口だったように記憶していて、やや甘口が好みの僕にとっては少し残念

だけど、個人の好みを超えるバリューはあると思います




ゆで太郎 @築地2丁目(新富町駅近く)

f0274387_20322030.jpg


f0274387_20323191.jpg


銀座でギタースクールに行ったあと、豊洲にある会社に休日出勤をしようと有楽町線の新富町駅まで歩いたその道すがらで発見

ゆで太郎の蕎麦は細めで、もり蕎麦の麺はよく冷えていて、コシがある感じがします

主張の強い麺ではなく、シンプルで、いつでも食べられる蕎麦という印象




個人的には嵯峨谷がもっともよかった

蕎麦屋らしい本格的な店構え、価格、十割蕎麦の品質

他店に比べると店舗数が少ないというのも希少性があって特別感がある


今後しばらくの間は、神保町でお昼を食べようとなった時に候補として頭に浮かんでしまう気がします




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2016-01-26 06:00 | 和食 | Comments(0)

ビストロ・パブ ウォータールー @銀座



リヨンブルーグループでは珍しくメニューにビールがあるからいいんですよね


ウォータールーを再訪しました

前回の記事(こちら)と合わせて読んでいただけると幸いです



Bistrot Pub WATERLOO
〒104-0061 東京都中央区銀座2-12-8銀座さがらビル1F
03-6264-3981
f0274387_1958982.jpg



リヨンブルーの店は新富町界隈に多いのですが、ウォータールーはその中でも有楽町に近い立地

JR有楽町駅からだと歩いて10分はかからないと思います



最初はビールでスタート

f0274387_1959669.jpg



ポテトサラダは上に丸ごと一個のゆで卵が乗っていました

f0274387_19591616.jpg



チャージがかかっていますが、その代わりにパンは食べ放題

f0274387_19595571.jpg



f0274387_2002430.jpg



グラスワインは赤白それぞれ3種類ずつくらいは置いているみたい

グラスにしてはおいしいワインだった

f0274387_2003883.jpg



やみつき鶏

f0274387_201526.jpg



パンのお代わりを注文

f0274387_2012981.jpg



f0274387_2014381.jpg


カラマリ&チップス

カラマリとはイカのこと

f0274387_2015744.jpg



サングリアもなかなかおいしいです

f0274387_2021693.jpg



週末でしたが、この日もお客さんでいっぱいでした

f0274387_2024513.jpg



相変わらず繁盛していますね


ウォータールーはイギリスのパブを意識しているので、ビールには揚げ物ということでやや油っぽいものが多くなってしまった気がします


f0274387_203101.jpg






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2016-01-24 20:14 | ワインバー | Comments(0)

センシィ キャンティ イタリア






SENSI Chianti 2013
f0274387_11594838.jpg


群馬の実家に帰った時に近所のスーパーで購入したキャンティ

価格は約900円


気軽で軽やかなキャンティ





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2016-01-21 06:00 | ワイン | Comments(0)

イル・ラ・フォルジュ・シラー フランス


ILE LA FORGE Syrah 2014
f0274387_11131697.jpg


どこで買ったか記憶がないのですが、セラーを漁っていたら出てきました

たぶん、有楽町のビックカメラで購入したものだと思います

価格はおそらく1200円程度

アルコールは13.5度



シンプルで手軽な南仏のシラーです





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2016-01-18 13:00 | ワイン | Comments(0)

純心庵 @清水五条




前回訪れたのは2013年だったようです(こちらもご参照ください)

ブログをつけているとこういうのがすぐに調べられて便利ですね

そのために記録しているとも言えるのですが


16年の元旦の夜、出かけました



純心庵
東山区松原通大和大路西入弓矢町24-1
075-525-5068
f0274387_17582548.jpg



この店は料理写真のブログ掲載は不可とされていたはずなので、ほとんど写真撮っていません

でも、ここに掲載している写真くらいは許されると思います(たぶん)

だって、料理の写真は一つも載せてないから・・



ということで、出てきた料理のメモを頼りに記載したいと思います
※ ◇の後に書いてあるのが僕が料理を食べながら紙切れに書いたメモ



◇汲み上げ湯葉とイクラ

ステーキハウスのはずがこういった繊細な料理も作れるというところが凄いところ



◇フグ、小葱、白菜

ボウルに入ったフグ、小葱、白菜などに味噌ベースのドレッシングが絡めてあるサラダ

さらに白菜が別皿に盛られてきて、どうやらボウルのサラダを白菜につけて食べても良いみたい



◇カキ、クリーム、金時人参、カブ

この料理、覚えてない・・



◇フォアグラのプリン、コンソメ、イチゴ

これはよく覚えています

濃厚で甘みのあるフォアグラのプリンの上に、コンソメのジュレを固めたものがかかっている

その上にイチゴを小さくカットしたものが乗せてありました

この日の料理ではカブちゃんが一番好きだと言っていた料理です



◇オマールエビ、ピリ辛炒め

店員さんが「写真撮りますか?」と聞くので「え、写真撮ってもいいのか!?」と内心驚きながらいそいそとカメラを取り出して堂々と(店員さんの許可があるので!)撮った一枚

素材ですので、料理ではない・・(!)

f0274387_1801148.jpg

f0274387_1802387.jpg




◇フグの顔、ブイヤベース

トマトのブイヤベースでしたが、酸っぱさがクセになるおいしいブイヤベース



◇ステーキ、タンシチュー

純心庵はステーキハウスなので肉料理は外れがない

カブちゃんはステーキ、僕はタンシチュー



◇カラスミ、大根、菊姫12年物

これは多分メニューにない料理で、自家製の分厚いカラスミと大根の漬物が小皿に供されました

そしてそこに添えられた日本酒、菊姫


この菊姫は、僕たちの隣のカウンター席に座ったまだ若く新婚らしいカップルの店への差し入れ

しかも、猿の干支がかかれている12年前の日本酒のようです

洒落てますね


どうも純心庵は常連客が多いらしく、彼らの他にも店主に差し入れしているお客さんがいました

新年ということもあったのでしょうね


隣の若夫婦、旦那さんの方は店主から「先生」と呼ばれていました

若くして先生とは、、、医者?

この菊姫の他にも、木箱入りの日本酒も差し入れしていました


このこなれ感とリッチ感、どういう若者なんだ一体・・


店主は差し入れられた日本酒を開け、若夫婦と一緒にグイグイ飲み、飲みながら酒の話をし、酒の話をしながら料理を作っています

大丈夫かな・・


「隣で騒いですいませんね」といいながら店主から差し入れられたのが冒頭の菊姫で、そのあてに出されたのが自家製のカラスミだったのだと思います





写真不可であるとか、店主が店員を叱っているとか、あるいは店主が妙にマッチョであるとか坊主頭であるとか

そういうのが妙に緊張感を与える店ではあります

しかし、常連客もいたりして、懐に入り込めると居心地が良いのだと思います

もちろん、常連に限らず我々のようなお客さんにも優しい人あたりです



そして、左記にあるように今回は途中から店主には日本酒も入り始め、場の雰囲気は最初の緊張したものから緩やかなものに


そこで撮った写真がこちら

f0274387_1803516.jpg


これくらいは掲載しても許されるでしょう



◇プリン、カシス

最後のデザートと、コーヒー

f0274387_1804947.jpg






この日も店から家まで歩いて帰りました


冬の夜の京都は寒くて気持ちがいいです


f0274387_18302436.jpg


f0274387_18303997.jpg


f0274387_18305391.jpg


f0274387_1831542.jpg










人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2016-01-17 06:00 | 洋食 | Comments(0)

初詣 石清水八幡宮


f0274387_17465030.jpg


f0274387_1747112.jpg


f0274387_17471624.jpg


f0274387_17472661.jpg


f0274387_17474130.jpg


f0274387_1748530.jpg


f0274387_17484318.jpg


f0274387_17485241.jpg


f0274387_1749417.jpg


f0274387_17492036.jpg


f0274387_17493243.jpg


f0274387_17495323.jpg


f0274387_1750483.jpg


f0274387_17504556.jpg








人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2016-01-16 06:00 | その他 | Comments(0)

2015年の大晦日

2015年、最後の日

京都の大晦日です


法然院

f0274387_17195435.jpg


哲学の道

f0274387_17202667.jpg


f0274387_17203890.jpg


f0274387_17205584.jpg


南禅寺

f0274387_17211671.jpg


f0274387_17213869.jpg


f0274387_17215441.jpg


f0274387_1722898.jpg


f0274387_17222254.jpg


f0274387_1723368.jpg


たまたま歩いていて見つけた製麺所で年越しそばを購入

f0274387_17232744.jpg


f0274387_1725542.jpg




訳あって京阪で大阪へ移動

f0274387_1724513.jpg


たまたま見つけたホワイティ梅田のカツ丼屋でランチ

f0274387_17264861.jpg


隣の家族連れのお母さんが、僕の席に水が配られていないことを店員に指摘してくれた

こういうの、東京ではまずありえないという意味で、大阪もいい街です

人と人の距離感が、東京よりも一歩踏み込んだ感じで近いんですよね

f0274387_1727148.jpg


f0274387_1731149.jpg




京都に戻り、朝に製麺所で買った年越しそばを食べる



そのあと八坂神社へ向かい、をけら参り

昨日と打って変わって人出がすごい

f0274387_17351038.jpg


f0274387_17355651.jpg


年も変わっていないので、お賽銭を投げ入れている人はまだ少ない

f0274387_17361523.jpg


をけら火をゲットし、グルグル回しながらまた知恩院を経由して家に向かいます

f0274387_1737411.jpg


さすが知恩院、除夜の鐘をつきたい人の行列がものすごい

f0274387_1738138.jpg

f0274387_17381676.jpg


平安神宮も露店が出ました

f0274387_17392438.jpg




年が明け、2016年


近所のお寺で恒例の鐘つきをさせていただきました

f0274387_17413520.jpg


f0274387_17415037.jpg



この直後、雨が降ってきました

雨で始まる新年はあまり記憶にない・・




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2016-01-15 06:00 | その他 | Comments(0)

レストラン よねむら 祇園本店 @祇園


群馬と京都、それぞれ1年交代で年末年始を過ごしています

今回は京都だった訳だけれど、ここ数年、京都で年末を過ごすと必ず出かけるのが祇園にあるレストランよねむら


ということで、今回は2年前に訪問して以来ということになります(前回の記事はこちら参照ください)



レストランよねむら 祇園本店
京都市東山区八坂鳥居前下ル清井町481-1
075-533-6699
f0274387_15505669.jpg



1か月前くらいに電話したところすでに予約がいっぱいだと言われてしまいました

ところが、12月中旬くらいになってあらためて電話したところ、2席確保できました

よかった



18時に入店し、一息ついたところでまず最初に出てきたのがこちら

f0274387_15513061.jpg

f0274387_15515616.jpg

f0274387_15521671.jpg




続いて、大きなハマグリを使った一品

f0274387_15535129.jpg




ワインは、飲み過ぎないようにと今回はグラスワインにしました

マトゥア ソービニヨン・ブラン 2014年

ニュージーランド産のこのソービニヨンは、ソービニヨンらしい特徴の良く出た美味しいワインでした
f0274387_1554776.jpg




フグはコリコリとした食感が楽しい

f0274387_1601917.jpg




日本人が食べなれた食パンの味わいを保ちつつ、食事に合わせるパンとしてのバゲットの体裁をまとうよねむらのパン

この辺りからしてよねむらの料理がフュージョンと呼ばれる特徴を示しているかのようです

f0274387_1604531.jpg




フォアグラやエビイモを使ったこちらの料理はよねむらの定番になっているようです

僕の好きな料理の一つ

f0274387_1634876.jpg




2杯目にはリースリングをオーダー

ファッフェンハイム・リースリング・キュベ・ジュピター 2012年

ぺトロールも香る、しっかりとした重心低めのリースリングでした

f0274387_1642916.jpg




スッポンのリゾットもよねむらの定番料理の一つであり、カブちゃんお気に入りの一品

f0274387_167343.jpg

f0274387_1675579.jpg




ヒラメを使った料理

f0274387_1682294.jpg




そろそろ後半に入ってくるので、ここで赤ワインに変更


最初のソービニヨン・ブランと同じマトゥアの、こちらはピノ・ノワール(2014年)

まろやかな舌触りで、僕の苦手な梅しそっぽい酸っぱさや軽さがなくおいしかった

f0274387_1692145.jpg




右の器に入ったナマコやコノワタをパスタにかけ、混ぜて食べます

ワインは合わないからと、日本酒が一緒に供されました
f0274387_16123466.jpg

f0274387_16125931.jpg

f0274387_1613158.jpg

f0274387_16133048.jpg




ステーキまでくるとだいぶお腹も一杯になってきます

でも、このステーキがまたうまい・・
f0274387_16194253.jpg




若い料理人に混ざり、米村氏も料理作ったり拭き掃除をしたり

コミュニケーションも積極的にとっていました

髪の毛にはだいぶ白いものが混ざりはじめ、存在感というか、カリスマ性も出てきました

f0274387_16224637.jpg




ジャコご飯とカレーの2種類から選ぶ締めの料理は、カレーを選択

f0274387_1626096.jpg




口直しのシャーベットにはシャンパンが使われているという説明があったように記憶しています

f0274387_16274498.jpg




料理の最後はデザートとコーヒーになります

f0274387_162826.jpg

f0274387_16281429.jpg


f0274387_16293011.jpg


f0274387_16294239.jpg




約10種類を超える料理を食べ終え、いつも通りお腹はいっぱいに・・

でも何というべきか、京都の年末を過ごしている充実感があります



帰りは玄関まで米村氏ご本人が見送りに出てきてくれました

その際、13年のアメリカ出張時にANAの機内食のメニューで米村氏のお顔を拝見したという趣旨の会話をさせていただきました(その時の写真はこちら

様々なフィールドで活躍されていますよね




帰りはいつも通り八坂神社を抜け、知恩院を経由し、歩いて家まで帰りました

大晦日前ということもあり、まだひっそりとしていた

f0274387_16593139.jpg


f0274387_16595010.jpg


f0274387_170562.jpg


f0274387_1702013.jpg



ネオンの少ない京都では、東京と違い、オリオン座もはっきりと見える

夜は本来こうあるべきで、暗くてよいのですよ

いや、ほんとうに





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2016-01-14 06:00 | 和食 | Comments(0)