<   2015年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧

サントリー ヤルンバ食事会イベント @丸の内


サントリー主催によるイベントに参加してきました


というのも、ある日ふとブログを開くとサントリーさんからお便りが・・・


どうやら、

 ・オーストラリアワイン「ヤルンバ」ワインセミナー 
 ・約6種類のワインの試飲
 ・食事会:ワインと食事のマリアージュ

という内容のものらしい


後で聞いたのだけれど、ワインを中心に書いているブロガーに声掛けをした企画のようです

調べたら、サントリーには「サントリーグルメガイド公式ブログ」というのがあって、確かにたまにブロガーを呼んだ企画を開催していることが分かりました

ただ、今回のようにワインブログを書いているブロガーを呼んだのは初めてなのだそうです

光栄なことですね・・


僕なんかでいいのか?という不安もありながら、せっかくの機会だし、ということで参加させていただくことにしました

一つのことを長くやっているとたまにはいいこともあるものです

f0274387_1158103.jpg



このイベントに参加したのは、僕を含めたワインブロガー7名と、サントリーより5名、合計12名

会場は新丸ビルに入っているオーストラリア料理の店

入り口ではサントリーの社員さんが出迎えてくれて、案内されたのは一番奥の個室

なかなか豪華です・・



席はあらかじめ決まっていて、僕のネームプレートが指定の席に置いてありました

個人的な記録を主目的として書いてきたブログなのに、プライベートでもよく出かける新丸ビルの、その中にあるレストランで自分の名前が書かれたネームプレートを客観的に眺めている不思議さ・・

f0274387_121124.jpg




テイスティングできるワインはオーストラリアのヤルンバ

全部で6種類のテイスティングになります

そしてこのワインにオーストラリア料理を組み合わせる、という趣向



まず初めにビールで乾杯

f0274387_1210211.jpg



会場でいくつか資料を渡していただいたのですが、その資料を見ながらまずはヤルンバについての説明をワインスペシャリスト(サントリー独自の資格の呼称?)の方からしていただきました

f0274387_1211949.jpg



ヤルンバは南オーストラリアのバロッサにあるワイナリーで、オーストラリア最古の家族経営のワイナリーとのこと

ワイナリーの説明で印象的だったのは、以下の3点

 (1)苗木研究所(Nursery:ナーサリー)を保有している
 (2)ヴィオニエに力を入れている
 (3)南半球唯一の自社樽工房を所有している


特に(2)については、1980年代からヴィオニエを栽培し始めたのだが、当時は世界でも40ヘクタールくらいの栽培面積しかなかったらしい

ヴィオニエの本場であるフランスのコンドリューでも栽培面積が減っていた中、新世界でヴィオニエをやってみようと取り組んだのだそうです


また、そもそもヤルンバは今回日本初上陸ということではないみたい

これまでは他のインポーターが輸入していたのですが、ヤルンバの家族経営のスタイルと、サントリーというこちらもある種家族経営による日本企業とが今回タッグを組み、取扱いを始めたということのようです(なるほど・・)



最初に運ばれてきた料理がこちら


タスマニア産オーシャントラウトのグラビラックス
f0274387_1225160.jpg



これに合わせたのがヴィオニエです

①ヤルンバ ワイシリーズ ヴィオニエ 2015
f0274387_1226167.jpg


フレッシュな香りで、ヴィオニエに対してイメージがある”トロピカルさ”はほとんど感じられなかった

口に含むと柔らかく、アルコール感を強めに感じます

樽は使わず、ステンレスタンク100%で仕込んでいるそうです

時間の経過で少しずつ桃やメロンといったニュアンスが出てきましたが、酸が低いせいかまったりとした印象が残りました



西オーストラリア産海老のスチーム
f0274387_12393268.jpg


パクチーかな、香草の香りが印象的な料理でした


②ヤルンバ エデンヴァレー ヴィオニエ 2014
f0274387_1239466.jpg


最初のワイシリーズよりもより芳醇な香りがはっきりと感じられます

ハンガリーなど様々な産地の樽を50%使い、10か月熟成させているようですす


ヴィオニエはその花のような芳香な香りが印象的ですが、エスニック料理との相性がよいそうだから何となくアルザスワインに通じるものがありそうですね



料理はここから肉料理になります


ウズラのオージーバービースタイル
f0274387_12422726.jpg



③ヤルンバ ワイシリーズ シラーズ/ヴィオニエ 2013
f0274387_12432231.jpg


鼻息荒い馬のラベルが印象的

このワインはコート・ロティと同じで、黒ブドウのシラーズと白ブドウのヴィオニエを混醸して作ったもの

シラーズは94%、そしてヴィオニエが6%のセパージュ

樽の使用は無し

黒系果実のニュアンスがあるが甘さはなく、果実味は控えめ

酸やタンニンのバランスが良く、とてもおいしい

ワインスペシャリストの方から、

 「香りの分析はまだ完全にはなされていないけれど、混醸でないと出てこない香りが明らかに存在する」

といった説明もされていた記憶があります

この点はうまく頭では理解できないので、、今度あらためて飲んでみて確認してみたいと思います



④ヤルンバ ザ・スプリクラ― 2012
f0274387_12512375.jpg


カベルネ・ソービニヨン54%、シラーズ46%のセパージュ

ブドウはバロッサのものを使用

自社樽を使用し、新樽比率12%で12か月の熟成をさせている

さすがに樽由来のバニラの香りが強め出ていて、アルコールを強めに感じる

茎のような青さも感じますが、果実味と酸のバランスがとても良いし、タンニンは極めて滑らか




仔羊のロースト
f0274387_12554569.jpg




⑤ヤルンバ パッチワーク シラーズ 2013
f0274387_1257879.jpg


ブドウ産地はバロッサ

こちらも自社樽を使用していて、新樽比率は14%で14か月の熟成

黒系果実やスパイスの香り

不思議なことに若さを感じてしまうワインで、タンニンがトゲトゲしく感じられてしまった

正直なところ、ここまでくるとだいぶ酔いも回ってきてしまって正確な味わいの判別ができなくなってしまっていましたが・・



⑥ヤルンバ ザ・シグネチャー 2012

このワイン、酔いのせいかラベルの写真を撮ることすら忘れてしまっていました

f0274387_13555332.jpg



カベルネ・ソービニヨン52%、シラーズ48%

自社樽の使用で、新樽が25%、熟成期間は22か月

より樽由来のバニラ香が強めでカベルネ特有の茎の様なニュアンスもありますが、この日の赤ワインの中では最もジューシーでタンニンも滑らか

前の2つの赤ワインとはグッとレベルが上がり、味わいの印象もだいぶ変わってきます



リコリスのセミフレッド
f0274387_133652.jpg



コーヒーにはこのワイン会が開かれたレストランの名前が・・

オシャレですね
f0274387_1334387.jpg



この他にプティフールとして小さなお菓子が出ていたようなのですが、酔いも回りほとんど気づきませんでした・・



今回紹介いただいたワインはこちらでも購入ができるそうです

Amazon ヤルンバ




それと、サントリーのブランドサイトはこちら

さすがに分かりやすくて、写真もきれいなHPです

ヤルンバ ヴィオニエ



ちなみに、ヤルンバワイナリーの現地のHPはこちらからチェックできます

Yalumba Family Vignerons c.1849


メールアドレスも載ってます

訪問を受け入れているか分からないけれど、もしワイナリーを訪問しようと思ったらまずはここに問い合わせてみることから始まりそうですね


f0274387_13134626.jpg




最後に、会場のお店の情報も載せておきます

ソルト バイ ルークマンガン (Salt by Luke Mangan)
東京都千代田区丸の内1-5-1 新丸の内ビルディング 6F
050-5589-2214
f0274387_13132690.jpg


サービスもよかったし、一品ずつ料理の説明もしてくれていました

ワインとの組み合わせもとてもよかったと思います




サントリーの皆様、並びにご同席頂いたワインブロガーの皆様、楽しい時間をありがとうございました



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2015-10-31 13:04 | ワイン | Comments(0)

リベラ・デル・ドゥエロ ラ・プランタ スペイン



RIBERA DEL DUERO LA PLANTA 2012
f0274387_1338458.jpg


14年の東京大丸ワインフェアで購入してきたラプランタ

初めて飲んだ時の衝撃以来、毎年購入してしまうワインです

最初の投稿はこちら参照ください


ところで先日、会社の後輩と新富町にあるぶーみんヴィノムに出かけました

ワイン好きの後輩に適当にボトルで選んでもらって、出てきたワインを見てビックリ

そこにあるのはラプランタでした

飲食店で見かけたの初めてだったので少々驚きだった記憶があります

ただこの時のラプランタ、香りは良いのですが味わいは薄いというか、軽く感じてしまった印象があったのです

実はこれまでは香りに誤魔化され、味が正確に理解できていなかったのではないか

そんな思いがしてしまいました


そんな記憶を引きずったまま、9月の終わりにセラーにあったラプランタを開けてみました

アルコールは14.5度です


はたして予想通り香りはとても良いです

このみな感じ

味わいも今まで通りおいしく感じるのですが、どうしてもぶーみんヴィノムの印象が残っていて

いまひとつ今までのように手放しで称賛できるようには感じられない

実はこのラプランタ、忙しい時期に開けたのでテイスティングコメントすら残すのを忘れてしまいっていて正確に味が思い出せません


あらためてもう一度、今度は過去の印象を拭い去り、そこにある1本のリアルなワインとして向き合ってみたいと思いました



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2015-10-29 06:00 | ワイン | Comments(0)

トソ プロセッコ スプマンテ イタリア



Toso Prosecco Extra Brut
f0274387_1328371.jpg


赤坂のやまやで約1000円で購入したプロセッコ

アルコールは11度です

9月の下旬ごろ、泡ものが飲みたいと思ってギタースクールの帰りに寄り道した買いました

氷を入れたバケツで良く冷やして飲んだらとてもおいしかった

1000円でこれくらいのものが飲めるなら十分という気がします




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2015-10-28 06:00 | ワイン | Comments(0)

ゴールデンガーデン カベルネ・ソービニヨン チリ



GOLDEN GARDEN Cabernet Sauvignon 2014
f0274387_13222181.jpg


近所の肉のハナマサで購入したチリワイン

価格は約400円(安い!)

アルコールは12・5度です


鉄のようなニュアンスの香り

程よい果実味に加えてやや苦味を感じる

柔らかいタンニンで軽やかな酸味が重なります

400円という価格を考えると文句が言えるものではありません

取りあえず何でもいいから赤ワインが飲みたい気分、そんな時に何の気兼ねなく開けられます


人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2015-10-27 06:00 | ワイン | Comments(0)

フリーゴ @出町


タイカレー専門店「アオゾラ」のあと、少しだけワイン飲もうということで訪問しました

FRIGO
京都府京都市左京区田中下柳町8-7
075-771-2050
f0274387_1101397.jpg


f0274387_1104678.jpg


f0274387_1105822.jpg


軽くつまみも頼みました

f0274387_1112174.jpg


f0274387_1113970.jpg


夜が更けるにつれお客さんが増えてきました

f0274387_1115219.jpg


駅にも近いし、料理もまずまず

利用勝手の良い店だったと思います


人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2015-10-26 06:00 | ワインバー | Comments(0)

タイカレー専門店 アオゾラ @百万遍

突然ですが、”タクシードライバー祇園太郎”をご存知でしょうか

実写と棒に紙人形を張っただけのキャラクターを組み合わせた独特の映像世界の中、京都のタクシードライバー”祇園太郎”がいろいろな人に出会い、様々な経験をする、1話完結型のドラマです

あるきっかけでDVDを見ることになったのですが、京都のローカルな景色や観光スポットが登場するこのチープな番組にハマってしまいまして

この中で祇園太郎がこちらの「アオゾラ」を訪問していて、これはもう行ってみるしかないなと・・


アオゾラ
京都府京都市左京区田中門前町23 K-SIDEビル 2F
075-712-4127
f0274387_10354156.jpg


最初着いた時は満席で断られてしまいました

一度はあきらめて店外に出てきたのですが、店の前でどうしようか悩んでいるうちの店内にいたお客さんが出てきました

それなら席が空いているだろう、ということですぐに再訪

入店できました

f0274387_10363020.jpg


こちらはライス

f0274387_10371273.jpg


2種類のカレーを頼んでみました

f0274387_10372616.jpg


f0274387_1038632.jpg


辛さはあまりなくて、ココナッツのマイルドさとコクがクセになりそうなおいしさ

ここのカレーはおいしいです

f0274387_1053170.jpg


店員さんは女性2名で切り盛りしていました

レジで精算している時に”祇園太郎でアオゾラのことを知り、東京から来た”ということを伝えてみました

若い店員さんは「確かに昔取材に来たそうです」とのことで、撮影に居合わせていたという感じでもなさそうでした

f0274387_10531239.jpg



またいつか再訪してみよう



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2015-10-25 06:00 | 洋食 | Comments(0)

粟餅所 澤屋 @北野天満宮

北野天満宮目の前にある、あわ餅の店です


粟餅所 澤屋
京都府京都市上京区北野天満宮前西入紙屋川町838-7
075-461-4517
f0274387_10174659.jpg


アンコのが2つにきな粉の「紅梅」を注文

あわ餅はとても柔らかく、プチプチとした食感があります

材料が粟なのでけして高級なお餅ということではないと思うのですが、今の時代にあってこの味は貴重な気もします
f0274387_10164163.jpg


f0274387_10165459.jpg


f0274387_10171178.jpg


f0274387_10172763.jpg

f0274387_10184222.jpg



いまCMで流れている「そうだ、京都行こう」でも取り上げられている北野天満宮
f0274387_1019443.jpg


久々に来てみましたが、記憶と違って敷地がかなり広い
f0274387_1019268.jpg


牛の像がところどころに置いてあります

自分の悪いところと同じところを撫でると直るそうです・・
f0274387_10193913.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2015-10-24 10:25 | お菓子 | Comments(0)

前田コーヒー 明倫店 @室町通蛸薬師


前田コーヒー
〒604-8156
京都市中京区室町通蛸薬師下ル山伏山町546-2 京都芸術センター内1F
075-221-2224
f0274387_21435944.jpg

f0274387_21441420.jpg


閉校した小学校の建物をアートセンターに改装した建物の中に入っています

f0274387_21481753.jpg


前田コーヒーは、カブちゃんが若かりし学生の頃にアルバイト先のOLさんが連れ行ってくれたという思い出があるらしい・・

f0274387_21442720.jpg


f0274387_2144422.jpg


f0274387_2145730.jpg


f0274387_21453212.jpg



食後に建物の中も散策してみました

f0274387_2154232.jpg


f0274387_21541965.jpg


f0274387_21544043.jpg


f0274387_21545881.jpg



ここの敷地にいた二宮さん、うっすら笑っているような表情・・

f0274387_21553658.jpg


ぜったい、漫画を読んでいたと思う

f0274387_21562350.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2015-10-23 06:00 | 喫茶店・カフェ | Comments(0)

ザックバラン @聖護院山王町


京都に古くからあるジャズカフェ

jazz ZAC BARAN old new
京都市左京区 熊野神社前交差点 東入100m メタボ岡崎B1F
TEL/075-751-9748  OPEN/18:00~翌2:00 月曜日休
f0274387_2125116.jpg


最近、ギタースクールでジャズギターをかじり始めてからというもの、聴く音楽がジャズばかりになっている昨今

京都への帰省でも、京都のジャズスポットを訪れてみることに

f0274387_21265097.jpg


f0274387_213736.jpg


f0274387_2127771.jpg


f0274387_21272550.jpg


f0274387_21274235.jpg


f0274387_21275818.jpg


f0274387_21281376.jpg



f0274387_2131790.jpg





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2015-10-22 06:00 | 喫茶店・カフェ | Comments(0)

京つけめん つるかめ 六角 @六角


京つけめん つるかめ 六角
京都府京都市中京区新京極通六角東入松ヶ枝町456-3 中野ビル 1F
075-221-1514
f0274387_2118896.jpg


京都で人気のつけ麺店

麺はモチモチとしていながら軽さも併せ持つ

調べたら”多加水麺”を使用している、とあります

f0274387_21182776.jpg


スープはしっかりとした味がありながら重過ぎない

品がよく、いかにも”京都な”感じがするのは気のせいでしょうか

f0274387_21184412.jpg


店員さんの接客もよいし、味も含めてどうも東京とは趣の異なるつけ麺店でした



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



[PR]
by arusanchi2 | 2015-10-21 06:00 | 中華 | Comments(0)