<   2013年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

ワインランキング2013

振り返ってみると、2013年は従来の年に比べて飲んだワインの数は少なかったように思います

実際、このブログの中で「ワイン」のカテゴリを調べると、飲んだのは約90本程度でしたから、昨年に比べても月1本以上少ないような計算になる

1本あたりの単価が上がってきてしまっているのかも知れませんが・・・ 

飲んだワインの本数については、実際には会社の人たちと店で飲んだものもたくさんあります
※会社関係のワイン好き、ワインエキスパートホルダー達とのワイン会を不定期に開いています

しかし、これらはブログに記載していませんのでカウント外にしています



一昨年から始めた「勝手にベスト3」を、今年最後のブログで書きとめておきたいと思います
昨年のランキングはこちら

「勝手にベスト3」は、ボルドーの格付けワインなど普段飲みにはできないような価格帯のものは外しています

また、あえて順位付けはしていません



赤ワイン部門


フアン・ジル シルバーラベル
僕が思っていたモナストレルのイメージが覆されたワイン。モナストレルは、もっとこう、もっさりとしたあか抜けないイメージがあったのですが、このワインにはフィネスやエレガントさすら感じる程に洗練された印象を持ちました。街で見かけたら即BUYすべきワインのように思います


ウンベルト カナレ マルベック 
マルベックというブドウ品種に開眼させられたワイン。アルゼンチンのワインでここまで魅力を感じたのは初めてでした


ミケーレ・サッタ ピアストライア ボルゲリ ロッソ
このワインにも驚いた。イタリアでもこんなにボルドーっぽいニュアンスを感じるワインがあるんだ。そう気づかされたワインでした。決して派手さはないけれど、しみじみとした旨味を感じるワイン。日本人は好きなんじゃないかな・・・。あまりに美味しかったので、会社のワイン好きな後輩たちにも勧めました




白ワイン部門

テッレ・ビアンケ アルゲロ トルバート
トルバート。聞いたことすらないようなブドウ品種でした。値段は手ごろで飲む人を選ばない、誰でも素直においしいと感じられるワインではないかと思います


モーゼルランド リースリングホッホゲヴェックス シュタイラーゲ トロッケン
大丸ワインフェアで購入。僕には味が薄く、また線が細すぎて買う気持ちにはなれなかったのです。しかし、カブちゃんが気に入って購入したもの。これが家で飲むとなかなか良かった。開栓してから数日おいて飲むと、打ち解けてよい感じになります


リッチモンド・プレインズ シャルドネ
ニュージーランドのシャルドネですが、ブルゴーニュに通じる味わいを感じました。タイトなストラクチャーにミネラル感。そしてスケール感。悪くないワインです。毎年大丸ワインフェアに出品されています



伝統国とニューワールドの比率が2012年は

 伝統国 : ニューワールド = 6 : 4

という状況で、2013年はもっとニューワールドを増やしたいと思っていました


事実、アメリカなど新世界のワインを飲むようにしてきたつもりでしたが、驚くべきことに実績を見てみると2013年は

 伝統国 : ニューワールド = 7 : 3

となっていて、なんと後退しています

これはおそらく日本のワインが減ったからではないかと自己分析

2012年は全体の2割が日本ワインでしたが、2013年はわずか5%でした


そして、フランスは2012年が3割もあって、これを2013年は減らそうと思っていたのに今年も3割

まったく変わっていない結果になっていました

これは意外だったし、全然思った通りの結果になっていない

それもまた面白い


色で言うと、飲んだのは圧倒的に赤ワインが多かったようで、白は全体の30%



2014年は一体どういう傾向になるのかな

ちょっと楽しみです







2014年も引き続き「アルつま」をご贔屓にお願いいたします

皆様、よいお年を!



                                         アル&カブ






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-12-31 06:00 | ワイン | Comments(0)

bistro K @中目黒

2013年12月27日、金曜日。 年内最後の仕事が昼に終わりました

僕の会社は最終日が半ドンで終了となります

そして、本当は午後も仕事があるんだけど午後半休にしてくれたカブちゃんと出かけたのは、僕たちのお気に入りのレストラン


bistro K
〒153-0051 東京都目黒区上目黒1-6-5 森ビル2F
[TEL/FAX] 03-6452-2356
f0274387_20234441.jpg


上の写真の建物の2階にビストロKは入っています


僕の方が先に店に着き、カブちゃんを待ちながら白のハウスワインを飲む

ハウスながらおいしいシャルドネでした


そうこうするうちにカブちゃん到着

事前に予約しておいた鮮魚のランチコース(1500円)のスタートです


ビストロK名物の(と勝手に思っている)自家製丸パンは、アツアツで提供されます

f0274387_20255555.jpg


そしてスープですが、盛り付けがきれいです

f0274387_20265620.jpg



次にパスタ

僕が選んだのは「ほぐした明太子と生ノリ、ホウレンソウのパスタ ~柚子の香りを添えて」

f0274387_20271464.jpg


カブちゃんは「登別産本ズワイガニを使ったトマトクリームソース」

f0274387_20274143.jpg


これらのパスタは自家製の手打ち麺を使っていて、モチモチの太麺は歯ごたえも良くとてもおいしい


メインの魚料理

f0274387_20291710.jpg


皮目はパリパリ、魚の身は半生なくらいの火の入れ具合で、しっとりとした食感が残っている

絶妙です


最後の飲み物に僕はコーヒーを、カブちゃんはハーブティーを頼みました



これで1500円

考えられないコスパです



飲んだワインは以下の通り

僕は

 ・ シャルドネ ハウスワイン/白/産地不明
 ・ トレイジャドゥーラ 本日のワイン/白/ガリシア地方
 ・ メルロ&カベルネ 本日のワイン/赤/ボルドー
 

カブちゃんは

 ・ シャルドネ ハウスワイン/白/産地不明
 ・ メルロ ハウスワイン/赤/ラングドック


いずれもおいしかったです

f0274387_20295611.jpg



僕と同郷のソムリエは、見事今年のJSAソムリエ試験に合格したそうです

拍手!


しかし一方で残念なお知らせも

年明けの1月か2月ごろ、店を去ることにしたとのこと


このニュースは非常に残念でなりません

一度訪れればお客さんの名前と顔を覚えていて、気さくに話しかけてくれたりする

お客の心を掴むというものです

事実、僕たちの隣に座った男性一人客が入ってきた時も、まず軽く挨拶をして

 「飲み物は赤ワイン、最後はコーヒーで良いですね」

というやり取り

田舎でもない中目黒のような街で、様々なお客さんが店には出入りしているはず

にもかかわらず、上記のようなサービスを提供できるソムリエはなかなかいないのではないでしょうか


僕たちが最後にお茶を飲んでいる時に、所用で外出することになったソムリエ・・・

 「もしかしたらこれが顔を見る最後になってしまうかも知れない」

そう思った僕はすかさず手持ちの名刺を渡しました

 「次にどこかの店に入ることがあれば行ってみるので連絡くださいな」


同郷ということもあるのかも知れませんが、なぜかこれで最後というのは寂しすぎる



連絡、くれればよいのですが



ソムリエのいなくなったビストロKは、何となく、景色が違って見えるような気がしました


f0274387_2030112.jpg





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-12-30 06:00 | イタリアン | Comments(0)

テンペラメント ボバル スペイン






TEMPERAMENT BOBAL 2011
f0274387_20915.jpg


東京大丸で購入したスペインの赤ワイン

価格は忘れてしまいましたが、ネットで調べると2500円程度で売られているようです

アルコールは12.5度です



ディスクが明るい紫色

土のニュアンス、ミルク、スミレの花、エスプレッソ、バニラなど

味わいは赤と紫の間の果実のイメージ

ピノ・ノワールのようにライトな口当たり、そしてほどよい酸味

しかしながら気持ちのよいタンニンも感じられる

土っぽいニュアンスを感じるため洗練さはあまりないけれど、旨味も乗っていて味わいも舌の上で伸びる印象


全然悪くないワインですね

スペインというと、もっさりとしてやや重たい印象がありますが、このワインはもう少しライトでシェイプアップされている印象があります





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-12-29 06:00 | ワイン | Comments(0)

キャラバン カベルネ・ソービニヨン アメリカ



CARAVAN Napa Valley Cabernet Sauvignon Estate Grown 2004
f0274387_19514248.jpg


カブちゃんの友達で、旦那さんの転勤でサンフランシスコに住んでいる方から頂戴したナパのカベルネです

アルコールはさすがの14.5度



ヴィンテージが2004年だからもうすでに9年経過しています

そのためか、ややディスクの縁にレンガ色が出始めているようです

カシスやプラム、フレッシュな感じというよりはやや枯れ始めている印象

それにエスプレッソ、森の下草、腐葉土、甘草など甘苦系スパイス

タンニンは柔らかく、ほどけて、完璧に液体に溶け込んでいる

バランスよく丸いイメージ、甘く濃厚な果実味ながら喉の奥にスルスルと滑り落ちていく

旨味が舌の上で伸び、余韻が長い 



僕にとってのカリフォルニアワインの経験の中では一番古いヴィンテージのワインだったと思います

長めの熟成による影響もあるのでしょうか、素晴らしいワインだと思いました



最近は家でも会社の飲み会でも日本酒をよく飲むようになりました

ワインにはないような旨味を感じる日本酒が、ほんとうにおいしいと思い始めたからです

しかしこのワインのように旨いワインを飲んでしまうと、日本酒の追随を許さないような気がする

それほどに、このワインには衝撃を受けました


このところ、あまり大きな声では言えませんが、ややワインにマンネリ感を感じていました

だけどこのワインを飲んで、あらためて目が覚まされた気がします





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-12-28 12:00 | ワイン | Comments(0)

マッキンレー ピノ・ノワール アメリカ


McKinlay Pinot Noir Willamette Valley 2012
f0274387_19294455.jpg


オレゴン州ウィラメットバレーのピノ・ノワール

このワインは2013年9月のサンフランシスコ旅行の際、フェリーターミナル内にあったワインショップで購入したものです

アルコールは12.5度です



白みがかったような淡い紫色

赤系果実のチャーミングな香りで、最初に口に含むとスパイシーさをピリリと感じる

酸も豊富でピノ・ノワールらしい味わい、そしてミネラルも感じられる


ライトで飲みやすいワインですが、アメリカのピノ・ノワールにイメージしていた濃さや深さは感じられなかった

期待をしてしまったが故にその点がやや残念

アメリカでもナパなどと違ってオレゴンはまた印象が違うのでしょうか

オレゴンのピノノワールはまだこれで2度目であり、経験値が少なすぎてうまく評価できません



初めて飲んだオレゴンのピノ・ノワールは小石川にあるティプシーズ

このワインは最高においしかった・・・ 





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-12-27 19:48 | ワイン | Comments(0)

カフェ コロラド @高崎


前から、かなり前から、ずっと気になっていたコーヒーショップ


Cafe COLORADO
群馬県高崎市大沢町上萩原196‐1
027-353-1026
f0274387_2161640.jpg


f0274387_2154834.jpg



群馬の実家の近くにあるコーヒーの店

この辺りの店は流行り廃りが激しくて、新しい店も数年経つと別の店に変わっていることも多い

そんな中、なぜかのこのコーヒーショップだけは僕が子供の頃から続いています

東京で喫茶店に行くことも多いので、この際だから出かけてみようと思いカブちゃんと入ってみました



店に入る扉を開ける瞬間に、店主の奥様と思しきようなマダムが、カウンターでスパゲティを頬張りながら「誰が来たのかな」という感じで僕たちを見つめる

この様子に「失敗したかな・・・」と思いながらも、扉を開けて店内へ


店内には初老の女性2人組のお客さんがおしゃべりをしています


やや離れた席に座り、メニューを眺め、定番メニューと思われる「直火焙煎コロラドブレンド」(420円)を2つ注文しました

f0274387_2163974.jpg


注文してから出てくるまでに少し時間がかかりました

しかし、大変失礼な言い方かもしれませんが、これが意外にもおいしかった


コーヒーカップにたっぷりと入ったコーヒーは、香りも豊かで苦味と酸味のバランスが良い

喫茶店でコーヒーを飲んでも、旨いと思うものはそれほど出会ったことがない

だけどこのコーヒーは、素直においしいと思いました

コーヒーを淹れるところを見ていたカブちゃんによれば、サイフォンで淹れているコーヒーのようです


 「これが店を長く続けられている秘訣なのかな」


そう思いながら、店を後にしました


f0274387_2172658.jpg



また来てもいいな・・・ 



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-12-26 06:00 | 喫茶店・カフェ | Comments(0)

獺祭 純米大吟醸50


獺祭を初めて飲んだ記憶は、茗荷谷駅前の居酒屋、庄屋で注文した時

何だか旨い日本酒だな、という記憶だけがありました

その後、牛込神楽坂の蕎麦屋「志ま平」で飲んでみたり

調べていくうちに、獺祭はNYなんかでも流行っているらしいことが分かってきました


最近の日本酒ブームは気になります

これからは日本料理の展開に合わせて日本酒もどんどん世界で飲まれるようになるのではないかと思っています


群馬への帰省の際、実家で父親と飲もうと思って池袋東武で買ったのがこれ


獺祭 純米大吟醸50(720ml:4合瓶)
f0274387_20472848.jpg


価格は約1500円でしたが、純米大吟醸をこの価格で飲めるならいいですね


味わいはやはりトロピカルというか、パイナップルのようなフルーティーさを感じます

スッキリとした味わいで、いくらでも飲めてしまいそう


日本酒はワインよりもアルコールが高いから、ワインと同量飲んだら日本酒の方が酔うと思います

ただ、僕の体質によるのか、酔い方がワインとは何となく違う

アルコールが体の中にスーッと入っていき、身体の芯の部分でじわじわと酔う感じ

度を過ぎればひどい酔い方になると思うけれど、4合瓶を2人で飲むのであればまさにほろ酔いで気分も良い感じ


獺祭はあまりにも有名すぎるけれど、いろいろシリーズが出ているし、また他のものも試してみたいと思います

獺祭スパークリングも旨いと聞いていますので・・・ 



f0274387_2047125.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-12-25 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

妻家房 @池袋


群馬へ帰省する前に昼ご飯を食べようとして、たまたま訪れた韓国料理店


妻家房
東京都豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店 12F
050-5872-3668
f0274387_20292230.jpg


池袋の東武百貨店12階に入っている韓国料理店です


まず最初に前菜のキムチなどが登場

韓国料理はこういうサービスが嬉しい
f0274387_20295916.jpg


カブちゃんはビビンパを注文
f0274387_20303236.jpg


そして僕はスンドゥブチゲ
f0274387_20311150.jpg

f0274387_20312667.jpg


いずれもおいしく、価格はそれぞれ1000円程度ながらボリュームもしっかりありました

少食のカブちゃんですら大振りのビビンパを完食していたくらいで、味も大変おいしいです


この店は、席にもよりますが、景色もよく、池袋駅前の景色や新宿のビル群なども一望できます

f0274387_20314446.jpg



なかなか気持ちの良い韓国料理店でした




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-12-24 06:00 | その他料理 | Comments(0)

ミケーレ・サッタ ピアストライア ボルゲリ ロッソ イタリア


Michele Satta Piastraia Bolgheri Rosso 2007
f0274387_1959770.jpg


東京大丸で購入したボルゲリの赤ワイン

2012年のワインエキスパート試験にはトスカーナの地図が登場し、海沿いの産地であるボルゲリの名前を当てさせる問題が出ました

価格は約3500円と少々値が張りました

アルコールは13.5度です



わずかに枯れた色合いが出始めています

プルーンなど黒系ドライフルーツのしっとりとした果実、スミレ、湿った土のようなニュアンス

果実味もあるが、派手さは控えめ、じわじわと滋味深い旨味が押し寄せる

カベルネ、メルロ、シラー、サンジョベーゼがそれぞれ25%ずつというセパージュですが、僕にはボルドータイプのワインに感じられました



どうしてこんな高いワインを買ったんだろうと思いましたが、飲んでみて驚きました

本当に旨いワインです

ネットで調べると2000円強で販売しているショップもありました

これは買う価値のあるワインだと思います



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-12-22 20:10 | ワイン | Comments(0)

シャトー・マルテ レゼルヴ・ド・ファミーユ フランス



Chateau Martet Reserve de Famille 2009
f0274387_10224627.jpg


確かこのワインも大丸で買ってきたワインだったと思います

AOCはSainte-Foy-Bordeaux(サン・フォア・ボルドー)だから、ドルドーニュ川の奥の方、ボルドーでは最東端あたりに位置する産地

赤と白(甘口、半甘口。辛口なし)の生産が認められています


価格は忘れてしまいましたが、ネットで調べると2000円はするようです

アルコールは13.5度



濃いめの紫色

土のニュアンス、まろやかな発酵の香り

インクのようなニュアンス、コーヒー、プルーンなど

力強く滑らかな舌触りで、タンニンはしっかりめ

飲み込むと鼻から焦げた樽のような香りが抜けていき、余韻も長い

数日おいてもヘタれることなく力強い



久しぶりにボルドーを飲んだ気がしますが、これ位の価格であれば何とか手が届く

とてもおいしいワインで、満足感がありました




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-12-21 10:34 | ワイン | Comments(0)