<   2013年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

2013年 サンフランシスコ&ニューヨーク旅行 ③

9月20日(土)


時差の関係もあるのか、翌朝目が覚めたのは朝の11時過ぎ

朝ごはんを食べに、パウエル駅近くにあるサンフランシスコ・センターの地下にあるフードコートへ出かけました


店がいくつもあって迷うのですが、最終的にメキシカンを頼みました

ボリュームもあるので、カブちゃんと2人で1人前を食べる

f0274387_11343210.jpg


このフードコートはとても便利で、味もよく、その後何度も来ることになりました


朝ごはんを食べた後は街歩き

ヨーロッパの街は日本の街と景色が違っていて歩くだけで楽しいけれど、サンフランシスコはあまり日本と変わらない感じ


ユニオンスクエア

f0274387_11393314.jpg


もちろん、東京にケーブルカーはありませんが

f0274387_11411464.jpg


f0274387_11413342.jpg



夕方には日本から予約していたフィッシャーマンズワーフにある有名レストラン、スコマスへ出かけることにしていました

ホテルで食事に出かけるために着替えていてふと置時計をみたら、予約していた時間の5分前になってしまっていたという事件発生

どうやら腕時計の時刻のセットが1時間遅くなっていたようです


どうしようもなく、とりあえずは先のケーブルカーに乗ってフィッシャーマンズワーフに出かけることに

f0274387_11461397.jpg


店に到着したら1時間以上遅刻していました

Scoma’s
Pier 47 on Al Scoma Way,San Francisco, CA 94133
f0274387_11464096.jpg


僕はもう予約は取り消されているだろうと思いつつも、カブちゃんが予約していたことをダメもとで話したほうがいい、というので試しに店の人に伝えてみたら、なんと席に案内してくれました

f0274387_11504873.jpg


サワーブレッド
フィッシャーマンズワーフのレストランで、クラムチャウダーなどに添えてよく提供されているようですが、ほんのり感じる酸っぱさと、フランスパンよりも弾力が強く、もっちりとした食感の生地が、魚介類や、スープに本当によく合います
f0274387_11511324.jpg


Geyser Peak PINOT GRIGIO California 2012 (ガイザーピークのピノ・グリージョ)
MacMurray Ranch PINOT GRIS Sonoma Coast 2011 (マックマレー・ランチのピノ・グリ)

f0274387_11515671.jpg



Scoma's Famous Clam Chowder (クラムチャウダーをシェア)
Bowlで注文したところ、ちゃんと2つのカップに分けて出してきてくれました
これまで食べたクラムチャウダーの中でNo.1と呼びたいくらいに美味
濃厚な海の幸の味がスープにしっかり生きていて、夕方で少し冷え始めていた体に温かいクリームスープが体に沁みます
f0274387_1242881.jpg


Trio of Oysters on the Half Shell - Half Dozen (カキの半ダース)
潮を感じる新鮮なカキと、青々しい白ワインの組み合わせをゆっくりと楽しんでいると、上質な前菜の時間だなぁと感じます
f0274387_1245796.jpg


"Lazy Man's" Chioppino (チョッピーノ)
これは凄かった
ぐつぐつと煮えたぎった状態で提供されるので、こんなかわいいエプロンが用意されています
f0274387_1262998.jpg


何種類入っているのか分からないくらいの魚介類がトマトベースのスープに入っていて、複雑で奥深い味
「これは貝」「これはエビ」「これはカニ」と口の中で、これでもか!というくらい色々な食感を楽しむことができました
よく「肉汁」という言葉が出てくるけれど、この料理には「魚汁」がいっぱい出ていました
最初に出てきたサワーブレッドに、バターが塗られてカリっと焼かれた状態で添えられていて、これも美味しい
f0274387_1264586.jpg




f0274387_127967.jpg


f0274387_12141613.jpg



この辺りは市場とレストランが近接している印象で、狭い通り沿いで海産物なども販売していました

f0274387_12151515.jpg


これはレストランの食材のディスプレイかな

f0274387_12153620.jpg



その後、腹ごなしに少しだけフィッシャーマンズワーフを散歩しました

f0274387_12161718.jpg


f0274387_12163897.jpg


f0274387_12165914.jpg



夜になるととても寒くて、そして帰り道のケーブルカーには大勢の行列ができています

ちょっとケーブルカーを待てなかったので、タクシーを見つけてホテルまで帰りました



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-09-30 06:00 | 旅行 | Comments(0)

2013年 サンフランシスコ&ニューヨーク旅行 ②


日本を13日(金)に出て、サンフランシスコに到着したのも同じ13日、夕方

この日は事前に調べておいたレストランの中から、デイリーグリルに出かけてみることにしました

Daily Grill
347 Geary Street San Francisco, CA 94102
f0274387_1955588.jpg



しばらく待たされてからようやくテーブルに座れました

人気店のようです


これがメニュー

f0274387_1964775.jpg


さっそくワインを試してみました

グラスのピノ・ノワールとカベルネ・ソービニヨンを注文

f0274387_1974243.jpg


まず驚いたのはその量

日本でグラスワインを頼んでも少ししか出てきませんが、こちらでは大振りのグラスにたっぷり出てくる

アルコールも高くて量も多いので、グラス1杯だけでも結構酔いが回ります

旅の疲れもあるかも知れませんが

なかなかおいしい


パンです

f0274387_199228.jpg


プリマベーラという名前のペンネのパスタ

野菜が結構入っています

f0274387_1994386.jpg


フィッシュ&チップス

本来はイギリスの料理(料理?)ですが、これもおいしかった

f0274387_1910459.jpg





サンフランシスコの初日はここまでで終了

ホテルに帰って就寝です

f0274387_1926080.jpg





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-09-29 12:00 | 旅行 | Comments(0)

2013年 サンフランシスコ&ニューヨーク旅行 ①

カリフォルニアの太陽は想像した以上にまぶしかった

青い空に白い雲

いや、正確には白い雲なんて全然なくて、ただただ青い空が広がる

雲のない空が毎日続くという、何とも不思議な気候の街でした


晩から朝にかけて冷え込み、太陽が昇るにつれて気温が上昇

また夕方になると空気が冷えてくる

ブドウの生育にとって良い気候だというのがよくわかる土地でした



今日から数日は2013年の旅行記を書いていきます





9月13日(金)

会社からいったん帰宅、忘れ物がないか確認してスーツケースを閉じる

土曜日0時5分発の飛行機は羽田から出発します

浜松町でモノレールに乗り換え、空港に到着し、出発までの時間を空港内の居酒屋で晩御飯を食べながら過ごしました


まずはビールで週末の疲れを癒す

f0274387_1833592.jpg


からしレンコンです

f0274387_18331838.jpg


おつまみのセットのようなもの

f0274387_18333251.jpg


焼き鳥です

f0274387_18334642.jpg


うどんです

f0274387_18341917.jpg





カブちゃんは初めての日系(JAL)での海外旅行とのこと

僕は大学4年生の時に初めての海外旅行(しかも単身)に出かけたイギリス&アイルランドの旅がANAだったからこれで日系は2回目


機内に乗り込むと軽食が出てきました

f0274387_18383785.jpg


次に出てきたスープストック・トーキョーの機内食がおいしかった

カブちゃんも大満足だったみたい

日系は楽だし、いいですね

f0274387_1839263.jpg



サンフランシスコ到着まで、しばし機内で時間を過ごします


f0274387_18401720.jpg






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-09-28 18:41 | 旅行 | Comments(0)

カリフォルニアのナパ&ソノマ、そしてニューヨーク



今夜半過ぎ、正確には9/14(土)0時過ぎの羽田発の飛行機で、アメリカへワイナリー巡りに出かけてきます

成果等については帰国後の9/24(火)以降にご報告できると思います



それまでしばらく、サヨウナラ・・・






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-09-13 06:00 | 旅行 | Comments(0)

2013年ワインエキスパート(二次試験) 大胆にもリキュール・蒸留酒を予想する

2013年のワインエキスパート二次試験が近づいてきました

今年の二次は9月17日(火)が本番の日です 


しかし、それにしてもリキュール・蒸留酒は種類が多すぎる

何が出て、当てられるかどうは運しだいのようなところもあります

だけど今回は、あえて大胆にこの二次試験に出題されるリキュールと蒸留酒の予想をしてみようと思います


これってほとんど無責任な感じもするし、そして実際に責任なぞ取れるわけもありません

ですが、自分がもし今年のエキスパートを受けるとしたらどのあたりが怪しいと思うか、という観点で考えてみました

ある程度の仮説を持って試験に臨むのと、まったくフリーハンドで策もなしに臨むのとではだいぶ試験に対する姿勢が異なります

姿勢が違えば結果も変わってくるかもしれない

結局は答えが出てみないと分からないわけですが・・・ 



まずは過去に出題された飲み物(2004年以降)を見てみます

 2004年度 ルビー・ポート
 2005年度 コニャック
 2006年度 アルマニャック
 2007年度 チェリー・ヒーリング
 2008年度 泡盛
 2009年度 アルマニャック
 2010年度 アマレット
 2011年度 ドライ・ヴェルモット/ウオッカ
 2012年度 コアントロー(またはホワイトキュラソー)/カルヴァドス

2011年からは試験が変わって2種類に増えています


<ブランデー>

過去の傾向を見ると、まず気づくのはフランスのブランデー(コニャック、アルマニャック、カルヴァドス)の出題が多いこと

2年続けて出題されることもあれば2年空いて3年目にあらためて出題されていることもある

2012年にも出ています


<スピリッツ>

これは過去にはウォッカのみ


<リキュール>

チェリー・ヒーリング、アマレット、コアントロー(ホワイトキュラソー)が出ている

いずれも果実系リキュールです


<フレーヴァード・ワイン>

ドライ・ベルモット(2011)が出ています


<フォーティファイド・ワイン>

さかのぼるとポート(2004)も出ています


<焼酎>

変わりどころで泡盛(2008)も出ているようです



状況としては上記のように出題されていますが、これをまとめてみると、

 ・ 繰り返し何度も登場するもの ・・・ コニャックなどのいわゆるブランデー
 ・ 非連続的に1~2年おきに出題されるジャンルのもの ・・・ アマレットやコアントローなどのリキュール
 ・ 醸造酒は出にくい ・・・ フォーティファイドのポートは出ています
 ・ 発泡しているものは出たことがない ・・・ 受験生に配っている間に泡がなくなったら、、、 
 ・ その飲み物が造られる本場の産地で見ると、2004年以降ではフランスの6品種が断トツで、それ以外はイタリア、デンマーク、ポルトガル、ロシア、日本が1種類ずつと続く
 ・ 試験が変わった2011年以降の2年間でも毎年フランス産の飲み物は出題されている(ドライ・ベルモット、コアントロー、カルヴァドス)
 ・ 同様に、2011年以降は無色の飲み物が連続して出題されている
 ・ おおむね、それなりに有名なものが出題されている(試験勉強をするまで聞いたことがなかった、というようなものはあまり出ていない)
 ・ したがって、銘柄はともかくある程度の量が国内市場で流通している


という傾向が読み取れます

こういった状況から2013年の飲み物の傾向を予想すると、

まず、2年続けて出題されにくいだろう、という予想に立つとブランデーは外れて来るのではないか

もちろん、2年続けて出たことがあるブランデー(コニャック(2005年)、アルマニャック(2006))もあるにはありますが、これほど多様な種類がある中であえて2013年もブランデーはないのではないか

もし今年出るとして、2012年に出たカルヴァドスは出ないのではないか

しかしリキュールはどうか

コアントローが出てまた2013年にもリキュールが出るだろうか

ここは難しいところです

そもそもリキュールは種類が多いです

醸造酒となると日本酒が考えられますが、香りと色からすぐに分かってしまい、出題されにくそう

もし出たら笑顔になってしまいそうです 

発泡しているビールやシードルも出ないでしょう

そして、フランスの飲み物は今年も出るはず



これらから、

 2013年度 スーズ/テキーラ

あたりではないだろうか、というのが僕の予想です


この2つを選んだのは、

 ・ フランス産が一つは出る
 ・ 無色の飲み物が一つは出る
 ・ それなりの量が市場に出回っている、街で見かける、まずまず有名
 ・ リキュールは何となく今年もでそうな予感

という、中には全く説得力のない理由もありますが、、、だいたいこのあたりが理由です


スーズは黄色い液体なので、シャルトリューズ(ジョーヌ)が選択肢にあったら要注意でしょうか

果実系リキュールが過去は多かったですが、ここらで香草系リキュールが来るのではないか

そしてテキーラは無色の代表品種として



その他にあやしいと思うのは、ウイスキー

出題頻度の高いブランデーが2012年で出題されているため、これに対する代替品として穀類の蒸留酒でかつ40度程度のアルコール度数があること

これらからウイスキーも可能性を考えましたが、しかし万が一ウイスキーが出てしまった時に選択肢に「スコッチ」「ジャパニーズ」などが並んでいたら難しい・・・

それと、出題者側から見るとフランス産のウイスキーがないことから、ちょっと出題しにくいかなと思いました

ウイスキーはイギリスやアメリカのイメージが強いから、JSAからはちょっと距離が遠いのではないかと


ワインが基本的な品種に立ち返るのではないか、ということを以前の記事で書きました(こちらご参照ください)

ワインが原点回帰する一方で、ワイン系ではポートやシェリーなどのフォーティファイドも怪しいと思っています

だけど、これらは香りとかが特徴的で分かりやすいかも知れません

ただシェリーはここしばらく出てはいませんので、ひょっとしたらひょっとするかも知れない

ポートやマデイラは値段がそれなり、ということを考えるとますますシェリーが怪しい気もしてくる

ちょっと幅広に考えると、

 スーズ
 シャルトリューズ
 テキーラ
 ウイスキー
 シェリー

あたり、ということになります 




いずれにしても、リキュールや蒸留酒は種類が多すぎて予想が全くできないというのが実際のところです

それに、お金もかかるから独学の場合はあれこれと飲んでみる訳にもなかなかゆかない


でもとにかく、知識として色だけはチェックしておくとよいと思います

色だけでも候補がだいぶ絞られるはずだから


それとできれば原材料も

これによって香りからあたりをつけることができるかも知れない



最後は色と香りから、知識に基づいて解答を想像するしかないような気がします





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-09-10 06:00 | ワインエキスパート | Comments(0)

ポッジョ・レ・ヴォルピ ベネヴェンターノ アリアニコ イタリア


Poggio le Volpi Beneventano Aglianico 2010
f0274387_21271533.jpg


文京区西方にあるイタリアワイン専門店「ベラティーナ」で購入したアリアニコ

何となくラベルを見たことがあるな、と思って「アルつま」を見たところ、やはりシリーズの品種違いを飲んでいました(こちらご参照ください)

価格は約1400円

アルコールは13度です



色は濃いめの紫色

スミレ、やや酸味のある甘いベリーのコンポートなど

口に含むと果実味が溢れ、チョコレートのようなニュアンスも

そして噛めるかのようなしっかりとした飲みごたえがあります

タンニンはしっかりめですが滑らかで、全体的には価格の割にスケール感があります

非常によいワインだと思いました



このワインを購入した「ベラティーナ」は、菊坂を下った交差点のすぐ近く、アップルパイのマミーズの隣にあります

f0274387_21283488.jpg


このワインショップの存在は、少し前に気づいていました

f0274387_21285152.jpg


だけどなかなか入りにくく、扉を開けるまでに時間が経ってしまった

店ができてからもう2年ほど経っているようです


扉の細いガラス窓から中をのぞくと、カウンターでお客さんらしき人が2人、ワインを飲んでいます

f0274387_21432019.jpg


思い切って扉を開けて入ってみました



中にいたのは店主らしき女性、それに夫婦のような男女

どうやらテイスティング中のようでした


そして僕たちには、店主からシチリアのモスカートを使用した辛口の白ワインの試飲を勧められ、いただくことに

驚いたのは、テイスティングに使用されたグラスが立派だったこと

大振りで、グラスは薄く、口に触れる部分が心地よい

こんな贅沢なグラスでテイスティングさせる店は初めてでした

ワインの方は入口で甘みをフッと感じ、中盤でふっくらとしたボリュームを感じ、フィニッシュでは苦味とともに引き締まる

良さそうなワインでした


次に、店の前に出ていた看板で興味を持ったアリアニコのことを聞いてみたところ、おもむろに棚から取り上げて開栓してくれた

これもまた驚きました

なんと気前のよいことか


結局このアリアニコはあまり気に入らなくて購入しなかったのですが、気前のよいテイスティングのことを伝えてみると

 「だって、試飲しないと分からないじゃない」

そりゃそうなんだけどね、、、

すごいです


たまにワイン会なんかをやっているそうで、次回は21日(土)、その次は28日(土)ということです

28日の方がもう埋まってしまっているそうで、21日を勧められました

時間があれば参加しても良いかなと思ったのですが、今年の旅行と日程が重なってしまっていたため断念




そう、今年は13日(金)の夜から23日(火)まで旅行に出かけることにしています

今回はカリフォルニア

もちろん、カリフォルニアワインを求めて

ナパとソノマのワイナリーツアー、それにワイントレイン

ニューワールドのワイン産地も一度くらいは見てみたい

そして、2006年に続き7年ぶりにニューヨークにも行ってきます

前回のニューヨークは、ソーホーで村上春樹を見かけました



今年はどうなることか・・・




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-09-08 22:10 | ワイン | Comments(0)

フィッシュ・フック ピノタージュ 南アフリカ

Fish Hoek Pinotage 2011
f0274387_201454.jpg


研修からの帰り道、池袋で途中下車して久々に西武デパートのワイン売り場に出かけました

悩んだ挙句、ようやく選んだのが南アフリカのピノタージュ

ピノ・ノワールとサンソーの交配品種ですね

涼しい産地をイメージするピノ・ノワールと、南仏などやや暖かそうな地域のサンソーを交配したというのが面白い

ボトルのラベルも過去に何度か見ていて気になっていました

価格は1000円弱

アルコールは意外と高めの14度です




やや赤みがかかった紫色で、ピノ・ノワールよりはずっと色が濃い

色合いにはサンソーのニュアンスが強めに現れているのでしょうか

一転、香りの方はピノ・ノワールらしい果実味とモワッとしたイチジクのような香りが印象的

味わいにもプラムなど黒いベリー系主体の果実味が溢れていて、高めのアルコールともあいまってボリューム感がある

酸よりも甘味のある果実味が表に出てきていて、分かりやすいおいしさがあります

土っぽさ、焼けた感じもあって、この辺りはサンソーの個性でしょうか



価格を考えると悪くないワインです

ただボリューム感があって暑い感じがするので、もう少し涼しい季節になるともっとおいしく感じられるかも・・・ 




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-09-07 06:00 | ワイン | Comments(0)

テラス・ド・ギレム カベルネ・ソーヴィニョン フランス

Terrasses de Guilhem Cabernet Sauvignon 2011
f0274387_123199.jpg


恵比寿ガーデンプレイスのワインショップ、パーティーで購入したラングドックの赤ワイン

確か価格は1000円ちょっとだったと思います



このワインは、買ってきてセラーに入れて、セラーに保管されていたところまでははっきり覚えているのだけど、飲んだ記憶がはっきりしない

だけどブログ用にちゃんと写真は撮っていて、紙に書いたコメントもちゃんと残っていた

多分飲んだのだろうけれど、飲んだ記憶がほとんどないのです

普段はそんなことがないのに

何でだろう、、、



そのコメントのメモを見返して、転写します



濃いめの紫色

スミレにカシスなどベリー系の香り

それにパン粉のような香ばしい香りにスパイシーな印象も

酸が高めに感じられ、タンニンはほどよく感じられる



たぶん価格に比べるとそれほど悪くないワインなのだと思います

ただ、記憶がほとんどないんだよなあ・・・ 





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-09-06 06:00 | ワイン | Comments(0)

BEER膳 放心亭 @神保町


BEER膳 放心亭
東京都千代田区神田神保町1-1 三省堂書店本店ビル B1F
03-3295-1888

休日の昼下がり、ランチも食べたいけど、ビールも飲みたいということで、立ち寄りました
神保町の書店の地下にあります
f0274387_2146571.jpg


広いフロア

f0274387_21475362.jpg


キリン 一番搾り フローズン
このお店はドイツビールが充実しているのですが、ずっと気になっていたこのフローズンを注文
f0274387_21464857.jpg


このフローズンの部分あるおかげで、最後まで冷えた状態でビールを飲めるようになっていました

一番搾りはそんなに好きではなかったのですが、こういう工夫がされているとおいしく感じます


ポテトサラダ
これはビールのお供になります
f0274387_21471581.jpg


ビーフカレー
牛肉がゴロゴロ入っていて、最初が甘く、最後がピリッと辛い美味しいカレー
f0274387_21482621.jpg




f0274387_21491271.jpg




f0274387_21453717.jpg



利用しやすく、地下の隠れ家という感じです



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-09-05 06:00 | その他料理 | Comments(0)

フレシネ ミーア スペイン


Freixenet Mia 2012
f0274387_2127584.jpg


茗荷谷のスーパーマーケットで購入した、フレシネの赤ワイン

約1000円で購入しました

アルコールは12.5度です



色合いは濃いめの赤紫

よく熟した黒いベリー系果実やイチジク、そしてプルーンなどドライフルーツの香り

濃厚な果実の味わい

酸は低く感じられ、甘味があってファットな印象のワインです



ブドウはテンプラニーリョ

最近はスペインのワインを飲むことが多くなってきたように思います

価格が手ごろで、フランスやイタリアなどにあまり見られないブドウ品種のワインが目新しくて味わいは濃厚なものが多い


僕にとってはこれからも目が離せない産地です



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-09-04 06:00 | ワイン | Comments(0)