<   2013年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧

カフェーパウリスタ @銀座


「銀ブラ」は「銀座をブラブラする」という意味ではない、って知っていましたか?

「銀座カフェーパウリスタにブラジルコーヒーを飲みに行く」ということから“銀ブラ”という言葉が生まれたのだそうです


カフェーパウリスタ
東京都中央区銀座8-9-16 長崎センタービル 1F
03-3572-6160
f0274387_12512515.jpg


「銀座」「喫茶店」と検索すれば、間違いなくヒットするのが、この老舗喫茶店

一度入ってみたいな、と思いながら、二の足を踏んでいたのですが、このところ正統派の喫茶店に行っていなかったので、散策ついでに立ち寄りました

f0274387_1251425.jpg


うなぎの寝床のように、縦に長い作りの店内

ちょうどアフタヌーンティーの時間帯だったこともあって、満席でした

一番奥の「予約席」になっていた場所に案内されました



森のコーヒー

酸味と甘みのバランスがよく、まろやかでクセのないコーヒー

甘いものと合わせるのに良さそう

f0274387_12515366.jpg



スペシャリティコーヒー

こちらは若干酸味を感じますが、どことなくフルーティーさもあります

苦味はそんなに強くありません

f0274387_1252687.jpg



店の外観は、赤くて丸いお店のマークがなければ見過ごしてしまうくらいシックにダークブラウンでまとめられています

扉を開けて入ると、パッと明るめのオレンジの照明で、銀座で色々な買い物をした人たちがたくさんの紙袋と一緒に、ほっと一息ついている風景が広がります

f0274387_12522485.jpg



天気が悪くなり始めていたので、ホコ天も人が少なく、珍しく静かな銀座という感じでした

f0274387_12524014.jpg





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-08-31 06:00 | 喫茶店・カフェ | Comments(0)

2013年ワインエキスパート(二次試験)にはどの品種が出題されるのか?

日本ソムリエ協会(JSA)のHPに、2013年度ワインエキスパート試験の合格者が載っていました

合格した方は、今はホッとして過ごしているころでしょうか

当然だけど、一次に合格することなしに二次には進めません

僕自身、昨年2012年のワインエキスパートを受験して、一次にパスした時は本当に嬉しかった

努力が報われた気がしたし、また一方で二次試験も大変そうだけど、まだ一か月ほど試験勉強が続けられることを幸福に感じました




さて、2013年の二次試験は9/17(火)に予定されているようです

一般的な受験対策についてはこちらをまずは参考にしていただければ幸いです

これまでどれだけワインに親しんでいたかにもよると思いますが、普通に愛好家として過ごされてきた方であれば1ヶ月の準備期間があればかなり追い込めるのではないかと思います

間違いなく「試験対策」は存在すると思っているし、この「対策」というのがピュアなワインに対して不謹慎な気もしてあまり好きではないのですが、合格するためには致し方ない

対策なくしてやはり合格は難しい、というのが現実だと思います


二次対策は、これまでのワイン経験を試験における問いに対する回答としていかに効率よく表現するか、合格とされる表現にいかに合わせていくか、というチューニング作業に過ぎないと思っています

ベースとしてはやはりワインを飲んできた経験が必要だと考えていますので、それなりに経験があるという方にとっては二次試験はそれほど難しくない、とも言えるのではないか

反対に、あまりワインを飲んでこなかった方については自分の中のサンプルが少ないので厳しい戦いを強いられるかも知れません

そもそも、あまりワインを飲まずにワインエキスパートを取ろうと思う方がどれほどいるのか分かりませんが・・・




ところで、ずばり今年はどの品種が出るのでしょうか

これは多くの人が関心を寄せる問題だと思います

二次試験の合格要素としてはブドウ品種を当てることが全てではないと思うけれど、しかしテイスティングにおいてもっとも興味を惹かれるのが「ブドウ品種を当てること」ではないでしょうか

僕もとても興味があります

実際の試験にどのブドウ品種が出たのかは、受験後にJSAが公表するまでは分かりません

ただ、僕は僕なりに「この品種が怪しい・・・」と思うところがあります

それは、

 教本の「代表的な6品種の個性についての一例」に記載されている品種

です

去年の2012年までは教本では「主要なぶどう品種の特徴」として記載されていました

これを見た方は「えっ、そんなこと?」と思うかも知れません

事実、この点、すなわち、二次試験に出る品種と教本のこの部分に記載されている品種の関係について触れている記事(ブログなど)を見たことがないのです

だけど、ワインエキスパートの試験問題が教本から出るという原則を考えると、あまり違和感なく受け入れられる説ではないでしょうか



振り返って、2012年度に出た品種は何か

白はリースリングとシャルドネ、そして赤はガメイとネッビオーロです

ここで2012年の教本をあらためて見てみると、これらの品種は「主要なぶどう品種の特徴」にきちんと載っています

2012年は、特に赤の品種についてはいろいろと話題になりました

ガメイとネッビオーロですから、普段はあまり飲まない品種じゃないでしょうか

ここから派生して、「2013年はますます何が出るか分からなくなった」というのが世論じゃないかと勝手に想像しています


そこで、2013年の教本を本屋で立ち読みしたところ、「代表的な6品種の個性についての一例」のところは一気に種類が減っていました


白ワイン品種

 リースリング
 シャルドネ
 ソービニヨン・ブラン

赤ワイン品種

 カベルネ・ソービニヨン
 ピノ・ノワール
 シラー


2013年の教本で、あえてなぜ記載品種を変更する必要があったのか

おそらくは2012年にガメイとネッビオーロを選択できなかった人が多かったからではないのか
(ちなみに僕は、2012年の二次で赤は2つとも品種を外しました、、、)

あまりにも品種の範囲を広げ過ぎた反省がここに反映されているのではないか

僕はそう考えました


もしかしたら全く関係ないのかも知れませんし、受験生に余計な先入観を与えてしまっているかも知れません

だけど、2013年の試験ではやはりこの6つの品種を重点的にきちんと押さえておくことはきっと無駄にはなりません

かなり色の濃いピノ・ノワールが出る可能性は十分にある

そして、ここ数年出ていないソービニヨン・ブラン、しかも青臭さなどの特徴をあまり感じにくい線の細いソービニヨン・ブランが出る可能性もあるのではないか

そして飲むには定番の、しかし試験にはここ数年出ていないカベルネ・ソービニヨンが久々に出るかもしれない

特徴の感じづらいメルロは、試験の品種としては出題しづらかったのかも知れない

ワインの試験ではやはりミュスカデが出るはずはないと思うし、これは僕の持論だけれど甲州はまだ出ないでしょう




僕の予想が当たっているかどうかは試験が終わってJSAが発表するまで分かりません

それでもやはり、どうしても”怪しい”と思うのです・・・ 




最後にもう一度


エキスパートの二次はブドウ品種が当たれば合格できる、というものではないことはあらためて肝に銘じたほうがよさそうです

コメントの選択はかなり重要なポイントになるはずです

この点は、対策を怠らない方がよいと思っています

(と、偉そうなことを言う、、、) 





追伸:

リキュールや蒸留酒に関する(無責任で勝手な)予想は別途記載したいと思っています

(だけど、2012年に出たコアントローとカルヴァドスはある程度予想通りの出題でした)




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-08-30 06:00 | ワインエキスパート | Comments(0)

スパゲッティ ジャポネ @有楽町


有楽町のあたりの首都高の下には、「インズ」というショッピング街が広がっています

この一角にある、スパゲッティの店です


スパゲッティ ジャポネ
東京都中央区銀座西2-2先 銀座インズ3 1F
03-3567-4749
f0274387_12292160.jpg


建物の中の通り沿いにカウンターだけを設けたような、店舗とも言えないような店舗で営業しています

看板がかかっていなかったらラーメン屋のようにも見えるかも知れません

f0274387_1230012.jpg


ジャポネは随分と人気があるようで、この日は20分くらい並びました


カウンター席から見ていると、茹で置きの太麺をフライパンでよく炒めながら作っている

ほとんど「スパゲティの麺を使用した焼きそば」のような感じ


周りの常連っぽい人たちが注文しているメニューを聞いて、人気がありそうなのを頼んでみることに


カブちゃんはナポリタン(500円)を注文

f0274387_12305560.jpg


ケチャップの酸味が効いていて、モチモチとした食感の麺がうまい

酸味があるので食が進む


そして僕はジャリコ(550円)を注文

f0274387_12311243.jpg


豚肉、カットトマト、小松菜、小エビなんかが入っていて、具だくさんのスパ

醤油をベースとした味付けはどこか懐かしく、焼きうどんのようなイメージにも近いかも知れません



このほかにも、カレーのようなタレのかかった「インディアン」、梅を使った「梅のり」などの変わり種や、和風スパの定番である明太子を使った「明太子」(これは意外に注文する人が少なかった)などもあります

いずれにしても、量が多いし並が500円程度から食べられるということで、とてもコスパのよいスパゲティの数々



コアなファンも多そうな、レトロな佇まいのジャポネ

こういう店を東京で巡るのは面白いですね




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-08-29 06:00 | 洋食 | Comments(0)

なかや 桑風庵 @群馬



赤城山の中腹に位置する、蕎麦の名店

なかや 桑風庵
群馬県前橋市富士見町1195
027-288-4120
f0274387_11593081.jpg


古民家を改装したと思しき外観

f0274387_1202525.jpg


入り口をくぐると、木々が生い茂った庭の奥に店舗が見えてくる

f0274387_1204946.jpg



こちらの蕎麦屋はメニューの書き方が変わっていて、2人前は5合、3人前は7合、そして3~4人前は一升となっています

蕎麦を注文してまず運ばれてくる薬味類

f0274387_1212682.jpg


僕たちが頼んだのは7合(3人前) 2520円

f0274387_1214929.jpg


蕎麦は短く、そば殻の細かなツブツブが生地に練りこまれているように見えます

f0274387_1223839.jpg


見た目に反して舌触りは滑らか

そば粉だけでなくて山芋も一緒に混ぜてあるような、ジューシーでしっとりとした食感とのど越し

甘口のつけ汁との相性がとてもよく、旨い蕎麦です


定番の付け合わせは、舞茸の天ぷら 680円

f0274387_1225499.jpg


この日は少し粉が多くてビチャッとした感じの部分もありましたが、桑風庵の蕎麦にはよく合います

f0274387_1234298.jpg





会社の同期に群馬の人間がいて、彼に教えてもらったのがこの蕎麦屋

初めて食べたときは、その旨さに衝撃を受けました

こんなにうまい蕎麦が群馬にあったのか、と・・・


それ以来、家族にも紹介して何度も訪れています

何時も混雑していて並ばずには入れることはほとんどありません

蕎麦が売り切れ次第で閉店になるようですが、この辺りには支店も含めて何軒かあるので、比較的入りやすいと思います

感覚としては、だいたい15時くらいまでには入らないと蕎麦が売り切れになってしまうような気がします



この日は少し欲張ってカブちゃんと2人で3人前を食べましたが、ちょっと多すぎました

東京に戻っても全然お腹が空かなかった



でもまた、群馬に帰省したら食べに出かけてしまうのだろうな・・・ 




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-08-28 06:00 | 和食 | Comments(0)

榮万寿(SAKAEMASU) 純米吟醸2012 @群馬


榮万寿(SAKAEMASU) 純米吟醸2012
f0274387_234932.jpg


ワインボトルに詰められた、群馬県は館林の日本酒です

大丸ワインフェアでたっぷりワインを購入してエスカレーターを降りてきたら、特設ブースで販売しているのを発見

あれだけたくさんワインを購入したにもかかわらず、試飲しておいしかったのと、群馬県産の日本酒であることから思わず購入してしまいました


HPを見ると、非常にこだわった造りをしていることが感じられます

また、購入した時に販売員の方から聞いた話として何となく記憶していることは、確かこの酒蔵はしばらく醸造を止めていたのを新たに再開したというような話

そのことはHPにも簡単に触れられているようです


そんなこともあって、応援の気持ちも含めて購入してみました


蔵元はこちら

清水屋酒造有限会社
〒374-0068
群馬県館林市台宿町3-10
0276-74-0269


価格は2500円

アルコールはラベルに16度と表示されています

f0274387_23492899.jpg



辛口すぎず、そして十分な酸を感じます

よく熟したリンゴなど、フルーティーできりりとした甘味がすっきりシャープできれいな味わい

値段もそこそこしますが、、これは旨いです



また機会があれば買ってみたいと思いました





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-08-26 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

赤城神社と赤城クローネンベルク @群馬

お盆の群馬への帰省の際に出かけた赤城神社

f0274387_18405555.jpg


f0274387_1842275.jpg


f0274387_18421913.jpg




赤城クローネンベルク(ドイツ村)

f0274387_18453250.jpg


夏休みということもあって、園内は予想以上の盛況
f0274387_18455384.jpg


f0274387_18461083.jpg


公園のようなエリアや、牧場のようなエリア、BBQのレストランや、ベーカリーカフェなどもあります

f0274387_18464132.jpg


この山羊の食欲が凄かった・・・

f0274387_18473795.jpg


f0274387_1848486.jpg


f0274387_1849166.jpg


園内を回るほのぼの系の電車も走っています

f0274387_18492193.jpg


ドイツと言えば。。。ビールやソーセージはこの施設の売りらしく

至るところに、ビールを飲めるコーナーやレストランがあります

地ビールにも心惹かれましたが、ここに来たら、ドイツビールでしょ、と思い、お店の人に「ホワイトビール系のおススメをお願いします」と言ってみたところ、出てきたのがこのビール(右)

f0274387_18495337.jpg


暑さで乾ききった喉にこの冷え冷えで、フルーティーでそれなりにコクもあるこの一杯は沁みました、最高!

(ドライバーのアルさんは、ちょっと珍しいBitburgerのノンアルコールビール(左)で、なんちゃって気分を味わってもらいました)


人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-08-25 09:00 | その他 | Comments(0)

群馬県庁 展望ホール @群馬

2013年、夏の甲子園

まさか地元の高校が優勝するとは思ってもみませんでした

甲子園初出場で初優勝の前橋育英高校

実家の近くの高校です

ピッチャーが良かったですね

ドラフトでは目玉になりそうな投手です

高校2年生でまだ16歳なんだそうですね

僕はもう会社に入って15年経ちましたが、あれほどの偉業は成し遂げていません・・・ 



それはそうと、お盆休みに帰省した時に久しぶりに県庁の展望ホールに行ってみました

f0274387_18175070.jpg


今でこそ立て直してビルのような建物ですが、昔は当然もっと背の低い建物でした

そんな古い建物の名残も残してあります

f0274387_1825472.jpg


過去に4人もの総理大臣を輩出している群馬県ですが、そういった偉人達の肖像など

f0274387_18321623.jpg

f0274387_18323749.jpg

f0274387_18325357.jpg


エレベーターで昇った32階の展望ホールからは、関東平野が一望できます

眼下に流れるのは利根川

f0274387_1821260.jpg


群馬県の県庁所在地は前橋市

となりの高崎市はダルマが有名

f0274387_18222568.jpg


群馬県出身のタレントを使用したPRポスター

f0274387_18235134.jpg

f0274387_18242257.jpg



レストランなんかも入っていて、景色を見ながら食事なんかもできるようです

今度また帰省したら出かけたら行ってみてもいいかな


f0274387_18254235.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-08-24 18:35 | その他 | Comments(0)

特別本醸造 赤城山 @群馬


特別本醸造 赤城山
f0274387_0342071.jpg


群馬県は大間々にある、近藤酒造の日本酒です

近藤酒造
〒376-0101 群馬県みどり市大間々町大間々1002
TEL 0277-72-2221

本屋で日本酒の本を立ち読みしていた時に、群馬で唯一紹介されていたのがこの日本酒でした

お盆の帰省の際に赤城山の麓にある大間々まで出かけてみようと、蔵元が空いているか電話をしたのですが繋がらず・・・

結局、実家の近くのスーパーマーケットで売っているのを見つけて、4合瓶を買ってみました


価格は1000円で、アルコールは15~16度のようです



この日本酒は不思議なもので、アルコールの弱い僕でもスイスイと飲めてしまいます

滑らかな口当たりで辛口、後味もすっきりしていて変な味が口の中に残りません

もしかしたら地元をひいきしているかもしれませんが、それでも純粋においしい日本酒だと思いました

単体で飲んでも十分おいしいと思いましたが、クセもないので料理にも合わせやすいと思います



群馬にはワイナリーは少ないけれど日本酒の酒蔵は結構ある

帰省のつど、いろいろと訪問したいと思っています






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-08-23 06:00 | 日本酒 | Comments(0)

ヨセミテ・ロード シャルドネ アメリカ


YOSEMITE ROAD Chardonnay
f0274387_014422.jpg


会社で隣に座る後輩君が、

 「週末、料理をしながら1本飲んでしまうワイン」

と言っていたので思わず買ってみました

どうやらセブンイレブンがプライベートブランドで出しているシャルドネのようです

価格は約600円

アルコールは13度です



色合いは淡くグリーンがかったレモンイエロー

黄色からオレンジ色をしたトロピカルフルーツ、それにフローラルな印象の香り

それにハチミツのようなニュアンスも

味わいは、よく熟したリンゴや洋ナシ

まろやかな舌触りで非常に飲みやすく、クセのないワインです



セブンイレブンで初めて実物を目にした時には、そのボトルの質感からくるイメージと価格から、自分で見つけたらきっと買わないであろうワイン、という印象でした

外見のイメージからくる先入観というのは難しい問題で、このワインの中身をもう少しカッチリしたラベルの貼られたブルゴーニュボトルに入れて出されたら、一体どういう印象を持っただろうか

価格がそのままだとしたら、悪くないワインだ、という印象だったかも知れません


中身はそんなに悪くないと思うのですが、ちょっとボトルとラベルのイメージで損をしてしまっているワイではないかと思います






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-08-22 06:00 | ワイン | Comments(0)

鈴懸の草月 @新宿伊勢丹


この前、煮込みやなりたに行く前に寄り道した新宿伊勢丹で、好きな和菓子を購入しました

鈴懸
新宿伊勢丹店
tel.03-3341-1512
http://www.suzukake.co.jp/


本店は、福岡県の博多にあるようですが、東京ではこの新宿伊勢丹でだけ購入することができます

以前、京阪神エルマガジン社発行の雑誌「おやつ手帖」に掲載されていたので、何回か購入したことがありますが、日持ちも長め(14日)なので急いで食べなくてもよくて、洋菓子風な上品な包装にも好感が持てます


f0274387_19493731.jpg
  

f0274387_1950758.jpg


HPからの引用だと・・・

「草木がたなびく山に月光がさす風景を映しました。糯米をあわせた手焼きの皮と小倉餡の取り合わせが
幅広く好まれています」

とのこと


f0274387_19521637.jpg


このしっとりとした皮が、艶やかでモチモチとしつつも、厚さが薄めなので重過ぎず、黒糖のような深みのある甘さを感じます

大粒の小豆の量もちょうどよく、とてもおいしい焼き菓子です。。。

ちょっとニューウェーブなどら焼きといった雰囲気で、新宿伊勢丹に行くときには必ず買って帰りたくなる和菓子です




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2013-08-21 06:00 | お菓子 | Comments(0)