カテゴリ:ワイン( 311 )

アンナ・スピナート プロセッコ オーガニック イタリア



Anna Spinato BIOLOGICO Prosecco
f0274387_18402380.jpg
f0274387_18404605.jpg

17年春に東京大丸ワインフェアで購入したプロセッコ

同じブランドの別のプロセッコも以前飲んだことがあります

価格は約2500円

アルコールは11度


濃いめで輝きのあるイエロー

ブリオッシュ、焼きリンゴ、アプリコットのような香り

細かい泡で深いコクがあり、旨みと甘みがある

このワインはまず一口飲んで「旨い!」と思いました

何だか久しぶりに”旨い”としか言いようがないワインだったような気がする

こういうワインを飲めると気分も高揚しますね・・



アルコール度数も低めのワインなので、一気に飲んでしまいました

また見つけたら買ってみたい


ちなみにワイナリーのサイトはこちらです




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!





[PR]
by arusanchi2 | 2018-01-17 06:00 | ワイン | Comments(0)

ヴィダフェル ソービニヨン・ブラン チリ



VIDAFEL SAUVIGNON BLANC
f0274387_18005349.jpg

近所のスーパーマーケットで購入したチリのソービニヨン・ブラン

価格は約400円と激安

アルコールは13度


色合いは淡いレモンイエロー

青いハーブやナッティーな香り

まろやかなコクとすっきりとした後味

ソービニヨン・ブランの軽やかな味わいが楽しめるワイン


裏のラベルを見ると、山梨県笛吹市の南アルプスワインアンドビレッジが輸入&ボトリングをし、販売を徳岡がしているみたいです

果汁を仕入れ、仕込を山梨で行っているワインなのかな


ヴィンテージ記載もないし、価格が400円くらいのワインだから飲むにも気楽なものです




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2018-01-13 18:08 | ワイン | Comments(0)

ル オー・メドック ド ラグランジュ フランス



LE HAUT-MEDOC DE LAGRANGE 2013
f0274387_10551124.jpg
f0274387_10555738.jpg

17年の夏、サントリーさんが自宅に送ってくれたオー・メドック

神楽坂で開催されたラグランジュセミナーでも提供されたものと同じワイン、同じヴィンテージになります

ということで、セパージュはカベルネ・ソービニヨンが7割、メルロが3割

モノが違うとはいえ、、先日飲んだグラン・ピュイ・ラコストにボルドーの良さを再発見したので、味をしめてセラーからこのワインを選び開けてみることにしました

アルコールは13度


色合いは明るめの赤紫色で、グラスの向こうがやや透けて見えるくらい

プラムやブルーベリーなどの黒系果実、それにサクランボのような赤い果実のチャーミングさも重なる

ボワゼやキノコのノート、ライトな口当たりで酸味も爽やか



重厚深遠なボルドーとは性格の異なるワインですが、これはこれで気軽に楽しめる軽やかさがあります





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2018-01-08 06:00 | ワイン | Comments(0)

ブス ゴールドミュスカテラー ドイツ



BUS GOLDMUSKATELLER 2016
f0274387_10331213.jpg
f0274387_10340240.jpg

17年秋の東京大丸ワインフェアで購入したファルツの白ワイン

価格は約2500円

アルコールは12度(日本語ラベルには何故か11%と表記されていますが・・)


淡めで輝きのある、グリーンがかったレモンイエロー

ハーブやマスカットそのものの爽やかでアロマティックな香り

白桃や洋ナシのようなフルーティな優しい甘さで、それゆえのまろやかなボリューム感も感じられます

ドイツらしい爽やかな甘さがおいしいワイン


インポーターは虎の門のザート・トレーディング

そしてこのワインのブランドサイトをみると、現地価格では7.5ユーロみたい

安いですね・・







人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2018-01-06 10:53 | ワイン | Comments(0)

ラ・ヴィエイユ・フェルム・ブラン フランス


La Vieille Ferme Blanc 2016
f0274387_22061131.jpg

八重洲のリカーズハセガワ北口店で購入したファミーユ・ペランが手掛ける白ワイン

インポーターはヒューゲルも手掛けるジェロボーム

価格は約1300円

アルコールは13度


淡くグリーンがかった輝きのあるレモンイエロー

青リンゴのようなフレッシュな香り

白い花やハチミツのようなニュアンスも

まろやかな舌触りに穏やかな苦味、酸味はあまり感じられない

強い主張がなく繊細な味わい、ナチュラルで優しいイメージ

そして軽やかさもある

スルスルと飲めてしまうワイン


いいワインだなあこれ・・



以前飲んだルージュもとてもいい印象でした

さすがペラン家




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2017-12-29 06:00 | ワイン | Comments(0)

シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト フランス



CHATEAU GRAND PUY LACOSTE 2005
f0274387_21375967.jpg

たぶん有楽町ビックカメラで購入したと思われるボルドーはポイヤックの5級

クリスマスに開けてみることにしました

価格は1万円もしなかったと思うけれど、いま買うと1万円は超えているような気がする

アルコールは13度



まだまだ色合いには熟成感が出ておらず、10年以上経過したワインとは思えない濃いルビー色
f0274387_21383746.jpg

カシス、ブラックベリーのコンポートなどの甘い香り

タンニンは滑らか、凝縮した果実味

なめし皮のようなニュアンスもあり、しばらくグラスを放置するとしょう油のような香りも

まろやかな味わいでありながら抑制された果実味に優雅さを感じる

余韻も長い
f0274387_21382277.jpg


果実感を前面に出してくるようなワインではなく、いかにも奥ゆかしい、フランスらしい造りをしているワインだなと思いました

ブドウの果実感を押し出してくるワインもそれはそれでいかにも果実酒だなとは思うのですが、久しぶりにちゃんとしたボルドーを飲んだら伝統的な食事と合わせることを考えた食中酒、酒らしい酒、ワインも酒の一種、という印象を強く感じる



長らくセラーに置いていたワインではありますが、それでもまだボルドーには更なる熟成のポテンシャルがあるのだなという風にも感じるワインでした

ボルドーはあまりにも生産者が多く値段も総じて高いイメージで、2千円そこそこではあまりおいしいと感じられるワインが少ないという印象があり、そういうことからあまりボルドーを飲むことは少ない

もちろん格付けワインをしょっちゅう飲めればそういう印象にはならないと思うのですが、格付けワインは値段が高いから一介のサラリーマンにはなかなか手を出すのが難しい



しかしボルドーはおいしいなぁ・・




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2017-12-28 06:00 | ワイン | Comments(0)

マティナル ソービニヨン・ブラン チリ



MATINAL SAUVIGNON BLANC 2016
f0274387_21112046.jpg
f0274387_21114614.jpg

有楽町のヴィノスやまざきで購入してきたチリのソービニヨン・ブラン

価格は約900円

アルコールは12.5度


色合いは中程度の濃さ、輝きがありゴールドがかったイエロー

ハーブなど青い草のような香りはソービニヨン・ブランのそれ

よく冷やすとドイツのリースリングのような冷涼な雰囲気もあり、すっきりした酸がきれいなワインです


カベルネ・ソービニヨン同様にこのワインもなかなか質のよいワインだなと思いました




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2017-12-27 06:00 | ワイン | Comments(0)

マティナル カベルネ・ソービニヨン チリ



MATINAL CABERNET SAUVIGNON 2016
f0274387_22375171.jpg
f0274387_22382171.jpg


有楽町のヴィノスやまざきで購入してきたチリのデイリーワイン

価格は約900円

アルコールは13度


明るめの赤紫色

プラムのような果実にパン粉のようなイースト香も感じられる

ジューシーな果実味、きれいなタンニンと程よい酸味


このワインにはクセのないおいしさがありますね

価格も手ごろだし、普段飲みするにはよいワインだと思いました


といっても、ワインとは不思議な飲み物ですよね

晩酌はいつもサントリーレッド、とか、焼酎ならいつも黒霧島ばかり、という人はいるかも知れない

だけど、”好きな銘柄のワイン”というものがあったとしても毎晩そのワインを飲むという習慣が身につきにくい種類の飲み物ですね

だから、普段飲みにちょうどいいバリューワインだったとしても、じゃあもう一度このワインを買ってきて飲みますかというとなかなかすぐにそうはならないような気もする




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2017-12-25 06:00 | ワイン | Comments(0)

アラバコ・チャコリーナ ゾーヨ スペイン



Arabako Txakolina ZOLLO 2016
f0274387_21362798.jpg
f0274387_21373116.jpg

17年春の東京大丸ワインフェアで購入したチャコリ

価格は2700円

アルコールは12.5度


やや濃いめで明るく輝きのあるオレンジがかったイエロー

青いハーブ、グレープフルーツのようなフレッシュな柑橘系果実の香り

タイトな果実味があり、レモンのようなしっかりめの酸味が口の中にふわっと広がる

塩苦いミネラル感もあります


このワインは酸味のワインという感じがしました

同じチャコリでも先日飲んだイチャスメンディの方がバランス感という点では優れていたような気がします





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








[PR]
by arusanchi2 | 2017-12-22 06:00 | ワイン | Comments(0)

ジョルジュ・デュブッフ フルーリー フランス



16年のヌーボーの季節にサントリーさんより自宅に送って頂いたボジョレー

同じ銘柄のヴィンテージ違いで、11年と15年を1本ずつ

1年経ち、ようやく開けてみました



GEORGES DUBOEUF FLEURIE 2011
f0274387_23340381.jpg
f0274387_23342943.jpg


GEORGES DUBOEUF FLEURIE 2015
f0274387_23351681.jpg
f0274387_23354147.jpg


まず色を見ると明らかな違いがあります

左が11年、右が15年
f0274387_23374273.jpg


グラスは左がイッタラで右はショットツヴィーゼル

大きさからして違うのですが、色調の違いは問題なく判ると思います




■フルーリー 2011年

アルコールは13度

薄くガーネットがかった色合い

ドライフルーツのプルーンやプラムなど芳醇で凝縮した黒系果実の香り

腐葉土のようなニュアンスや少し枯れた印象も

まろやかな味わいで、おだやかな酸味と旨みがある



■フルーリー 2015年

アルコールは13.5度

明るい紫色

チェリーやイチゴなど赤系果実の香り

フレッシュな果実味と旨みが感じられる

2日ほど経過したところでチョーキーなミネラル感も出てきた

そして、よりタンニンがほどけて柔らかい印象に




ヴィンテージ違いの同じワインを同時に開け、違いを楽しむ

そういった贅沢な取り組みは、そういう趣旨で頂いたワインだからこそできる贅沢でもあります

4年の違いでずいぶん違う印象を受けるものだということがよく分かる経験となりました

また、そろそろ開けた方がいいのかなと思うワインがセラーにいくつか眠っているのを意識させられるイベントでもありました




いろいろな気付きを与えてくれるサントリーさんにはあらためて感謝したいと思います




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2017-12-19 06:00 | ワイン | Comments(0)