カテゴリ:ワイン( 259 )

ヴァル・ド・ランス クリュ・ブルトン ブリュット ブルターニュ



Cidre Val de Rance Cru Breton Brut
f0274387_15360042.jpg


17年4月、東京大丸のワインフェアで購入してきたシードル


アルコール度数が低く、後味がサッパリとしていて、リンゴの風味があってほんのり甘さもある

カブちゃんともども、僕たちはシードル好きです


価格は約1300円

アルコールはビール並みの5%


家で作ったお好み焼きに合わせました

かの地フランスではそば粉で作るガレットに合わせてシードルが飲まれている訳ですので、同じ粉もののお好み焼きにもよく合います

というか、シードルを飲む時はだいたいお好み焼きを作って食べてるような気がするな・・


この組み合わせ、オススメです




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキング








[PR]
by arusanchi2 | 2017-05-10 06:00 | ワイン | Comments(0)

サントリー ジャパンプレミアム 塩尻メルロ 長野




サントリー ジャパンプレミアム 塩尻メルロ
f0274387_20260294.jpg


サントリー塩尻ワインセミナーのあとに行われた食事会で、余ったワインを厚かましくも頂いてきたものです

抜栓はしたものの、1滴も注いでいないボトルでした・・



エスプレッソやロースト香、それにプラムやカシスなど黒系果実の香り

抜栓直後はチョーキーなミネラル感に覆われていて、薄い膜がかかったかのような固さがあります

年末にサントリーさんから送って頂いた時の前回の感想もそうですが、このワインはやはり2日目以降の方がおいしく感じられる

1日置いたらだいぶほどけてきて、柔らかく、親密な雰囲気になってきました

そして、スパイシーな香りも出てきた

ダシのような旨味もあるので、やはり和食ともよく合いそうな気がします




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


人気ブログランキング








[PR]
by arusanchi2 | 2017-05-09 06:00 | ワイン | Comments(0)

サントリー 塩尻ワインセミナー @銀座



サントリーさんにお声がけ頂き、塩尻ワインのセミナーと食事会に出かけてきました

これまで「ジャパンプレミアム」シリーズにラインナップされていた長野県塩尻産のワインを、2017年9月に「塩尻ワイナリーシリーズ」として新発売を予定しているそうです

そういう訳で、今年のサントリーは長野県産のワインを推していく予定

メッセージがはっきりしていて、判りやすい



日本のワイン産業として数年前から日本ワインを盛り上げていこうという強い姿勢が見られるのは、こうしたサントリーのイベントに我々ブロガーが呼ばれるということからも判りますが、一般消費者の観点からこの状況を見てみても、確かに街中のスーパーマーケットで売られている日本ワインの種類も数も増えてきているという印象があります

こうした状況は、日本におけるワイン普及を目指す日本ソムリエ協会のいわゆる「教本」の中でも”酒類概論”のすぐ後にくる国別の項目で日本が最初に来ているということからもその取り組みに対する力の入れようが分かります。いままでは「教本」ではほとんど最後の方に日本は登場していた訳だから、数年前からだいぶ様子が変わってきている



今回もいつものメンバーであるワインブロガーを中心に、宝塚と福岡から遠路はるばる2名の料理とワインを中心としたブロガーさんが参加されました

加えて、京都に本部のあるメディア”ウェブライダー"さんからも3名の参加



今回の舞台は銀座

仕事を早々に切り上げ、職場のある豊洲から向かいました

まずはワインセミナーからスタートです



銀座NAGANO
〒104-0061 東京都中央区銀座5丁目6-5 NOCOビル 1・2・4F
03-6274-6015
10:30〜20:00(1F・2F)
f0274387_22115898.jpg
f0274387_22182304.jpg


入口でサントリーのご担当に迎えられ、2階のセミナー会場に上がりました

今回参加したブロガーは、僕を含めて総勢12名の出席です

f0274387_22162070.jpg


セミナーのスピーカーは2名

1人は銀座NAGANOのソムリエであられる花岡純也氏、そしてもう1人はサントリー塩尻ワイナリー所長の篠田健太郎氏


花岡氏からは『長野県内における塩尻ワインの位置づけ』と題する説明を、篠田氏からは塩尻ワイナリーの概要と生産されるワインの解説を頂きました
f0274387_22144394.jpg



長野県というと、きわめて個人的な印象として以下のようなイメージがあります

①日本においては山梨県と双璧をなすワイン産地
②日本で初めて原産地呼称制度を導入
③玉村豊雄氏とヴィラデストワイナリーと千曲ワインバレー構想
④メルロなど欧州系の赤ブドウ品種が多い
⑤サントリー塩尻ワイナリーは一般の見学受け入れをしていない

県内にはワイナリー数も多いので、車を使えば比較的容易に複数のワイナリーを訪問することもできるから、観光を兼ねてワイナリー巡りをするワインツーリズムも成立しやすい土地のように思います



セミナーで印象的だったことをいくつか列挙したいと思います


◆標高

日本国内においては長野県のワイン畑が立地する標高は他の産地に比べて断トツに高いようで、塩尻で標高750m、東御に至っては850mも。山梨県”登美の丘ワイナリー”の中で一番標高の高い所でも約600mほど

◆日照時間

標高が高く冷涼な一方で、気温の方は年間積算温度差が登美の丘ワイナリーに対して1000℃も高い

◆土壌特性

奈良井川扇状地の砂礫を中心とした土壌で、水はけがよい


総括すると「冷涼で」「日照時間が長く」「土壌も痩せている」ということで、ワイン栽培にはとても適した土地であるということです

さらに加えて、意欲的な生産者の進出も増えているようだし、”塩尻ワイン大学”においては人材育成と将来を担う人材の確保も行っていたり、”塩尻ワイナリーフェスタ”というイベントも開催しているそうです

県をあげてワインを盛り上げていることが良く判りました




これが9月5日に新発売を予定している塩尻ワイン。ブルーのシールキャップが印象的

発売前ですので中身はダミー。当然、試飲ができるものではありません
f0274387_22153833.jpg



セミナーでは3種類のワインをテイスティングさせて頂きました


写真は左から順番に、

1) 塩尻マスカット・ベーリーA 2013 ミズナラ樽熟成
2) 塩尻メルロ 2013
3) 岩垂原メルロ 2013
f0274387_22190012.jpg


1) 塩尻マスカット・ベーリーA 2013 ミズナラ樽熟成

濃い色合いで、イチゴや甘い綿菓子のような香り。ラズベリーなど赤系果実のような味わいで、タンニンは非常にシルキーでツルルとした口当たり。酸もとても穏やかに感じられます

ミズナラはサントリーのウイスキー「響」などでも使用しているそうです。国産のミズナラを使用しているそうで、産地についてはセミナー後のディナーの際に篠田所長から教えて頂きましたが、企業秘密っぽかったのでここでは(・x・)


2) 塩尻メルロ 2013

マスカット・ベーリーAのあとに飲むと、こちらは一転してボルドーっぽい雰囲気

色合いはプラムなど小さなベリー系果実のような紫色、香りにはブドウの茎のようだったりスパイシーなニュアンスがあります

相変わらずタンニンは滑らかな印象で、ザラついたところがありません

13年のヴィンテージは夏の雨が少なく凝縮感のあるワインに仕上がっているそうです


3) 岩垂原メルロ 2013

塩尻メルロに比べるとブドウの茎っぽい香りはあまりなく、味わいがより甘く力強く、はっきりとした印象になります

岩垂原の方が塩尻よりもより線が太いけれども、繊細さやフィネスという点では塩尻に軍配が上がるような気がします

個人的には、塩尻メルロよりも岩垂原メルロの方が分かりやすく飲みやすい味わいのように感じました

好みは別れるところかもしれません




セミナーでは配布資料も頂きましたが、それ以外にもスライドを使って塩尻ワインの詳細な解説をして頂きました

f0274387_22192735.jpg


18時半より約1時間を予定していたセミナーも、丁寧な説明により大きく時間を超過してしまい、20時近くに銀座NAGANOを後にしました

f0274387_22212774.jpg




セミナーのあとは皆でタクシーに分乗し、東京駅前にあるKITTEに場所を移しました

長野の食材を使用したレストランで、長野県産ワインを合わせた食事会です



信州自然料理 信州松本ヒカリヤ
東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー 丸の内店 5F
050-5868-7742
f0274387_22221433.jpg
f0274387_22230684.jpg
f0274387_22223870.jpg


セミナーで試飲した3種類を含む、5種のワインをご提供頂きました
f0274387_22233284.jpg



こちらはミズナラ樽を使用していないマスカット・ベーリーA
f0274387_22241875.jpg

f0274387_22244714.jpg



岩垂原や塩尻でメルロを仕込む時にセニエして造るというロゼ。果汁引き抜いた時にはあまり色がないけれど、熟成していくとだんだんサーモンピンクに色付いていくそうです

サントリーのブランド・マネージャー渡辺氏にとって「個人的に評価の高いワイン」とのことでした

f0274387_22252795.jpg

f0274387_22255117.jpg



以降の3種は、セミナーでもテイスティングさせて頂いたワインです

f0274387_22263905.jpg
f0274387_22270514.jpg
f0274387_22273038.jpg




ワインがメインとはいえ、頂いた料理も写真だけ掲載させて頂きます


全般的には、無駄に手を加えず長野県の食材の良さをうまく引き出した料理で、滋味深く、塩尻ワインとの相性も総じて良かったように記憶しています。そういうのが一番いいですよね
f0274387_22275645.jpg
f0274387_22281674.jpg
f0274387_22284258.jpg
f0274387_22290688.jpg
f0274387_22293203.jpg
f0274387_22302422.jpg
f0274387_22305326.jpg
f0274387_22312295.jpg
f0274387_22315637.jpg
f0274387_22321981.jpg
f0274387_22330902.jpg





食事会もあっという間に終わってしまいました

次回は、普通では訪問できないサントリー塩尻ワイナリーへの訪問も企画して頂いているとお聞きしましたので、いまから楽しみです



今回の企画をして頂いたサントリーの皆様、並びに場を盛り上げて頂いたブロガーの皆様、今回もありがとうございました!




----------------------

最後に・・


今回のイベントの様子はサントリーHPの「日本ワイン体験記」で取り上げる予定とのことです

5月下旬以降の掲載になると想像しますが、他のブロガーさんの記事もあると思いますしご興味があればこちらもご参照下さい


http://www.suntory.co.jp/wine/nihon/matome/







人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



人気ブログランキング






[PR]
by arusanchi2 | 2017-05-07 15:20 | ワイン | Comments(2)

ヘルツ・デア・モーゼル ドイツ



Herz der Mosel Qualitaetswein Mosel 2015
f0274387_23174187.jpg

17年春の東京大丸のワインフェアで購入してきたモーゼル

価格は約1000円

アルコールは8.5度

以前に飲んだのは2011年でしたが、この時はアルコールが9.5度でした



淡いレモンイエローで輝きはあるものの控えめ

甘酸っぱい柑橘系の香り

マスカットや黄桃のシロップのような味わいに、ピリッとしたニュアンスもある

甘みがありつつもすっきりとした酸があってベタつかない

甘酸っぱく、アフターにわずかに苦みも感じられる



この値段でモーゼルワインの特徴が味わえる、驚くべきコスパ





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!



人気ブログランキング







[PR]
by arusanchi2 | 2017-05-01 23:24 | ワイン | Comments(0)

クリエーション リースリング ドイツ



CREATION Riesling trocken PFALZ 2015 Qualitatswein
f0274387_16085559.jpg

2017年春の大丸ワインフェアで購入してきたドイツのリースリング

写真ではうまく写せていませんが、独特な形状のボトルが印象的です

価格は約1400円

アルコールは12度



グリーンがかった輝きのあるレモンイエローで、色合いの濃さは中程度

ハーブやライムなど爽やかな柑橘系の香り

レモンドロップや石清水のような爽やかさですが、飲んだ後に塩苦いミネラル感が余韻に残ります



冷蔵庫でよく冷やして飲んだらとてもおいしかった

ドイツの白はカブちゃんも大のお気に入りの一つ






人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!









[PR]
by arusanchi2 | 2017-04-30 06:00 | ワイン | Comments(0)

ヘイウッド レッド&ホワイト オーストラリア



会社の後輩が「セブンイレブンのヨセミテロードを超えた。とにかく旨いっす」ということで勧めてきたのがファミリーマートのワイン

知べてみると、確かに最近のコンビニエンスストアのワインはレベルが高いらしい

しかし”ヨセミテロードを超えた”って、いったいどれほど”超えた”のだろうか・・


さっそくその日のうちに購入してみました



HEYWOOD RED&WHITE
f0274387_21212643.jpg

価格はそれぞれ約500円

あまりに安いので、赤白2本買いました

アルコールは赤が13度で白が13.5度と、白の方が高い



<レッド>

プラムやブラックベリーなど黒系果実、甘苦いスパイス、コーヒーなどの香り

甘めの果実味としっかりとした酸味があり、そのあとで粗めのタンニンが味わいを引き締める

余韻は中程度で、アルコール感が強めに感じられる


<ホワイト>

ハーブ、ハチミツ、濃密な白い花

甘苦いニュアンスもありかなりしっかりとした味わい



いずれのワインもラベルにセパージュが書いてありませんが、レッドはシラー主体、ホワイトはソービニヨン・ブランとシャルドネのブレンドという印象がありました



価格との対比でしょうか

500円という価格を考えると、飲み始めると1本開けてしまうという酒豪の後輩にとってはより経済的な負担も少なくなりそうだし、よい選択なのかも

特にワインを味わって飲んでいるという訳でもなさそうだし・・


とはいえ、限られた少数の人たちが高いワインを飲んでいるという状況よりも、数多くの人たちがこうしてかなり手頃な価格のワインであっても日常的に消費しているという状況の方が、ワイン産業の発展にとってはより好ましいのではないだろうか



そんな事を考えつつ、引き続き今後も後輩のワイン生活を注視していきたいと思っております





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!








[PR]
by arusanchi2 | 2017-04-26 06:00 | ワイン | Comments(0)

サンセール レ・ロング・ファン フランス




Domaine Andre Neveu SANCERRE Les Longues Fins 2013
f0274387_20543798.jpg

15年4月に東京大丸のワインフェアで購入したサンセール

価格は約3000円

アルコールは12.5度です


グリーンがかった輝きのあるレモンイエロー

ハーブ、それにハッサクやグレープフルーツの中間的な香り

まろやかなアタックでとがったところがなく、軽い苦みが味わいを引き締める

余韻も長めで重心が低く、しっかりとした味わい





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!







[PR]
by arusanchi2 | 2017-04-16 20:58 | ワイン | Comments(0)

ドモード モンテプルチアーノ・ダブルッツォ イタリア



DOMODO MONTEPULCIANO D'ABRUZZO 2014
f0274387_22264768.jpg

カクヤスで見つけて購入したイタリアワイン

このワインもリアルワインガイド2016年で旨安大賞になっているようです

価格は約1000円

アルコールは13度


縁は明るめの明るい紫ですが、”岸から急に深くなる富山湾”のように中心部にかけ急に濃く暗い色合いに

ブルーベリー、プラムあるいはドライレーズンなど黒系果実の香り

タンニンはシルキーでしっかりめ、果実味もたっぷり

飲みごたえの感じられるワインですが、程よい酸があって重くなり過ぎず


確かにこれで1000円はお値打ち

ただ、デイリーに飲むにはもってこいなワインですが日本の食事には合わせづらい感じはします




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!









[PR]
by arusanchi2 | 2017-03-28 22:31 | ワイン | Comments(0)

アラン・ブリュモン・ガスコーニュ・ブラン フランス



ALAIN BRUMONT GASCOGNE BLANC 2015
f0274387_21014454.jpg

椎名町のスーパーマーケット、アルスで購入したアランブリュモン

798円がさらに10%引きという驚きの価格

僕がいままで見てきた中では一番安い

もっと買えばよかった

アルコールは12.5度


やや濃いめのレモンイエロー

グレープフルーツやハッサクのような爽やかな柑橘系の香り

最初はすっきりきれいな味わいながら、中盤からはとろみを感じる中程度のボリューム感

ソービニヨン・ブランとグロ・マンサンの特徴がうまく引き出されている感じがさすが


これからの暖かくなる季節に、このワインをよく冷やして飲むととてもおいしいと思います


ちなみにこの2015年ヴィンテージからラベルが新しくなりました




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!











[PR]
by arusanchi2 | 2017-03-23 06:00 | ワイン | Comments(0)

フロンテラ シャルドネ チリ


FRONTERA Chardonnay 2015
f0274387_20453689.jpg
近所のスーパーマーケットで購入したチリの白ワイン

よくみかける、フロンテラのシャルドネ

価格は約500円


とにかく、眉間にしわを寄せて飲む必要のないカジュアルなワイン

よく冷やして飲めばニュートラルで澄んだクリーンさが際立つ

温度が上がってくるとチリのシャルドネらしく軽い樽のニュアンスやナッティーな雰囲気も





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!










[PR]
by arusanchi2 | 2017-03-21 06:00 | ワイン | Comments(0)