カテゴリ:音楽( 4 )

3年後に弾けるようになるだろうか・・


大学に入った1994年に初めてギターを手にし、社会人になって2年目の頃にD-28を、7年目の頃の2004年にES-335を手に入れたもののその後しばらくギターをケースにしまったまま過ごしてしまったあとの2015年。ようやくまじめに取り組もうかとギターを習い始めて早3年が経過、いっこうに上達する気配がない僕の腕前

何をもって”上達した”というべきかという問題もありますし、仮に”上達”しても自分で「上達しました」という人はそういるもんでもないような気がします

f0274387_22294718.jpg


仮に”上達”の定義を、それがジャズであることをもってして”アドリブが弾ける”というあたりに置いたとして、”アドリブが弾ける”が山の頂上だとするとやはりいまの腕前は控えめに見積もっても「登山口の入り口辺りをウロウロしていていっこうに登り始める気配がない」という程度ではないだろうか

この3年の間に支払ったギタースクールの授業料を思うと、急に冷や汗も出てきて夜も眠れない(大げさすぎるかな)

この状況、なんとかならないものか


そんな時に出会ったのがこちらの本です

『3年後、確実にジャズ・ギターが弾ける練習法』(リットーミュージック:宇田大志(著))
f0274387_22105993.png


「ジャズに近道なし!」という表紙の文字を見ると「ごもっとも!喜んで!!」という感じです


宇田さんは2015年の「ギブソン ジャズギターコンテスト」で準グランプリに輝いたジャズギターの名手。ユーチューブなんかにもいろいろと投稿しているようで、ちょっと拝見してみると理論的でちょっと難しいんだけど参考になることを惜しげもなく披露されています

「これはひょっとして信頼できるのではないか!?」と思いまして、八重洲ブックセンターで購入しました(2,160円)


これからこの本と長い付き合いになるのか、あるいはしばらくしたのち本棚にしまってしまってしばらく読まないことになってしまうのか

それも結局は”本人のやる気次第”といったところなんだと思いますが、できれば3年と言わず8年後くらいの50歳になった頃(!)にはそれなりにでも、ぎこちない感じでも、なんとかアドリブが取れるくらいになれればいいな。。

夢は「50歳くらいでザックバラン(注)に出ること」あたりに置いておきたいと思います(かなり高い目標だ)


ギタースクールの方は生で技術の確認ができる場としてそれはそれで続けておきたい



いずれにしても、辛い日々が続くな・・





(注)”ザックバラン”は京都府左京区、熊野神社近くにある「jazz cafe ZAC BARAN old new」のこと。一度当ブログにあげたことがあります(こちらご参照下さい)



人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2017-10-28 06:00 | 音楽 | Comments(0)

JAZZ in FUCHU:けやき音楽祭2017 ジャズイン府中



カブちゃんの知り合いが出場するということで初めて出かけてみたJAZZ in FUCHU

金沢旅行の時にも感じたことだけどこういうイベントを街を挙げて行っているのが何だか羨ましいし、また楽器の腕前が上手になればいつかこういうイベントに出られたらいいなと


そんなイベントの終盤、閉館が決まっているという「グリーンプラザけやきホール」で行われた谷口英治NEWカルテット+1の演奏を聞きに行きました
f0274387_12064779.jpg
期待の若手女性ジャズギタリストらしい浅利史花氏を+1(プラスワン)とし迎えた5人編成のバンド演奏でしたが、谷口氏の安定した喋りと余裕のクラリネット演奏に、ピアノ、ベース、ドラムが息もぴったりに重なる演奏。ソロ回しの間合いもよく、聞いてよかった

話題の浅利史花氏の演奏は、僕たちが座った席からはちょうど譜面で手元が隠れてしまって運指の様子が全く見ることができなかったのですが、ミストーンもないし滑らかな演奏だったです。ただ音量は控えめで、巧いんだけど僕には少し物足りなさを感じてしまって、もう少しバリバリやって欲しかったと思うけどそれではバンド演奏に馴染まないのかも


初めて名前を聞いたジャズギタリストでしたが、今後注目してみたいと思います



このあとカブちゃんと居酒屋で食事をし、京王線に乗って岐路につきました





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2017-10-16 11:00 | 音楽 | Comments(0)

歴史を目撃! ザ・ストーン・ローゼズ@日本武道館



このブログでも何度かストーン・ローゼズのことは取り上げていました

そんなストーン・ローゼズが4月に来日するという


当初は金曜日のみの講演予定でしたが、決算期でもあり行けるかどうか判らずチケットの購入を控えていたところ、4月22日の土曜日に追加公演が決まったということで即チケットの手配をしました



------------------------



僕が大学に入学した94年、発売されたストーン・ローゼズのセカンドアルバム「Second Coming」が当時ロッキングオンで大きく取り上げられていて、「いったいどんなバンドなんだ?」と思い、確か友人にCDを借りてカセットテープに録音し、パナソニック製のCDラジカセ「コブラトップ」で一人部屋で何度も繰り返し聴いたのがローゼズとの最初の出会いでした

とにかくこのセカンドアルバム「Second Coming」にはまってしまった

そんなローゼズが、まあいろいろあってドラマーのレニが脱退してしまってはいたものの、僕が学生時代を送っていた札幌にやってくるということでチケットを買い求めました

来日直前にギターのジョンがサンフランシスコでマウンテンバイクに乗っている時に転倒して肩を骨折し来日公演が延期された記憶がありますが、いずれにしてもおそらく96年頃に来日を果たし、初めてサッポロファクトリーホールでローゼズを目の当たりにしたのだと思います



ということで、それ以来かれこれ20年くらい経過してしまいました

その間にバンドはいろんな経緯がありつつ解散してしまったわけですが、11年10月に再結成を発表。その後様々なライブイベントには参加していたのは知っていましたが、どうにも足が向きませんでした

今回は単独公演ということで、ついに出かけてみました



------------------------



17時の開演に間に合うよう15時半頃に家を出て、丸ノ内線で御茶ノ水まで向かい、そこから歩いて武道館に向かう


武道館についたのは16時過ぎ

すでに武道館に向かう人たちがゾロゾロと列をなしています

f0274387_22090680.jpg
f0274387_22092224.jpg


いやがおうにも気持ちが高まる
f0274387_22093587.jpg
f0274387_22342680.jpg


開演予定時刻を15分過ぎた17時15分、照明が落ちる

同時に、これまでに聴いたことのある音が鳴り始めました。最初それが何の音か分からなかったのですがすぐに思い当たった

1989年、東京で録音されたストーン・ローゼズの海賊版CD「Stand Still」のオープニング。ここで聴くことのできる、サイレンのような声、そこに重なるドラムのリズム。まさにあの89年の録音と同じでした




そして照明が明るくなったところへ登場するメンバー

f0274387_23024788.jpg


演奏したのは全19曲

終わったのは18時47分、ちょうど演奏開始から1時間半でしたがあっという間でした



<セットリスト:4/22(土) 日本武道館> 

I Wanna be Adored ~ジョン・スクワイアのギターはレスポール・カスタム(ブラック)~
Elephant Stone
Sally Cinnamon ~イアン・ブラウン「カタガイタイ」といって左手で右肩を叩くしぐさ~
Mersey Paradise
Sugar Spun Sister
Bye Bye Bad man
Shoot you down
Begging you ~ジョン・スクワイア、ギター弾きまくり~
Waterfall
Don't Stop ~イアン・ブラウン、変なダンス~
Elizabeth My Dear
Fools Gold ~イアン・ブラウン、変なダンス~
All for One
Love Spreads ~ジョンのギターはレスポール・カスタム(ブラック)~
Made of Stone ~イアン・ブラウン「ナイス・ホール!」~
She Bangs the Drums ~イアン・ブラウン、歌がひどい・・~
Breaking into Heaven ~イアン・ブラウン「アリガトウ」~
This the One ~続けてレニのドラムソロ、そのままレザレクションに突入~
I am the resurrection


f0274387_23025931.jpg



感想としては、かなりアルバムに近い、原曲をほぼ忠実に再現した感じの演奏だったな、ということでした

そして、アルバム「Turn into Stone」に収められている大好きな曲「Mersy Paradise」、ファーストの「Elizabeth My Dear」「Bye Bye Bad Man」を演奏した時には「こういうのもライブでも演るんだ!」と新たな驚きを感じました

さらに、ジョンはほぼ1曲ごとにギターを使い分けていましたが、その全てがレスポールだったことも印象的だった

20年前に札幌で公演を見た時もセカンドアルバム発売後ということもあって当然のようにレスポールを使っていましたが、再結成後の映像を見ても、そしてそもそもジョンが愛用しているギターとしてストラトのイメージがあったのですが、レスポール・カスタムを含め今回は全てレスポールを使っていました

しかし、いい音鳴らしていましたね・・




ライブ終了後は、4人が抱き合ったり、4人で手を繋いで観客席に向かいお辞儀をしたり

そういう風景にじーんと来てしまった

そして「確かにこの目で歴史を目撃した」という感激と同時に、「また再び見ることができるだろうか」という一抹の寂しさのようなものも感じてしまいました



いずれにしても

これまでも、そして、これからも、ローゼズのアルバムは何度も繰り返し聴いていくことになりそうです







人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!










[PR]
by arusanchi2 | 2017-04-23 23:25 | 音楽 | Comments(0)

明日メトロですれちがうのは、魔法のような恋


3月の最終日、会社を早退し日本武道館で開催された”ししゃも”のライブに行ってきました

f0274387_22482027.jpg


ミュージックステーションにもすでに2度登場した彼らですが、やはり若いだけあってお客さんは女子高生や女子大学生ばかりのようです・・
f0274387_22504276.jpg

若干20歳そこそこの彼らではありますが、その魅力というと、

・宮崎朝子(ボーカル&ギター)の歌声の心地よさ、歌い回しのうまさ
・メンバーの演奏力の高さと安定性
・親しみを感じるルックス(ポジティブな意味合いにおいて)

といったところでしょうか

なんといってもあの何ものにも代えがたい、天性の持って生まれた歌声は素晴らしい。とにかく聞きやすいし、聞いていて心地よいです

僕はもともとあまり歌詞を気にするタイプではないので、書かれた歌詞が仮に10代女子の気持ちを代弁したようなものであったとしてもその意味はほとんど頭に入ってこず、歌声も楽器の一部として、音として僕には聞こえてきます

なので、40過ぎでも恥ずかしげもなくその音楽を聴くことができます(都合のいい話ですが・・)


演奏力という意味では、ドラムの吉川氏もいいですね

なんというか、ガッツがある感じがとてもいいです(あの手のタイプが会社の後輩にいたらよさそうな気が・・)

f0274387_22503368.jpg



まだチケットも安く販売されているし、また機会があれば出かけてみたいです

次回はより会場の雰囲気に溶け込むため、ししゃもグッズの”タオル”を買わないといけないかな・・





人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!






[PR]
by arusanchi2 | 2017-04-03 23:03 | 音楽 | Comments(0)