十六公厘 @牛込神楽坂


久々にいい店見つけました


十六公厘 (ジュウロクミリ)
東京都新宿区横寺町37 エムビル 1F
03-6457-5632
f0274387_128991.jpg

f0274387_1282694.jpg


東京メトロのフリーペーパー「メトロミニッツ」の”うまいものは部長に訊け”というコーナーで取り上げられていたのを見かけたのが最初にこの店を知ったきっかけ

以来、すでに1度訪れたのですが、その時はカメラを忘れてしまっていて

ようやく2回目の訪問をしましたので、今回取り上げることにしました


ハイボールは白州や山崎のハイボールもありますが、カブちゃんは普通の(?)ハイボールを注文
f0274387_128465.jpg


僕は前回飲んで気に入った紹興酒(お燗)を注文しましたが、ここの紹興酒はすばらしくおいしいのです
f0274387_1292112.jpg


つき出しは野菜とともに

この店は香味野菜の使い方が絶妙に上手
f0274387_1211536.jpg


名物の腸詰
f0274387_12113860.jpg


空芯菜の炒め物
f0274387_12115515.jpg


ガツ生姜炒め
f0274387_1212192.jpg


もう一皿食べたいと思って最後に注文したニラ玉

シンプルな料理だけど、これが旨い・・・
f0274387_121324.jpg


いずれもごちゃごちゃしておらずシンプルにプロデュースされていて、とてもおいしい料理です


店主とも少し会話させていただきました

 ・料理の数、飲み物の数が絞られていて分かりやすい
 ・野菜使いが絶妙

ということをお伝えした記憶があるのですが、店主が言うには

 「料理はこれでも品数が多いと思っている。本当はもっともっと絞り込みたい」
 「飲み物も、ワインとかに手を出してしまうときりがなくなってしまう」

ということを仰っていました

料理のメニューは看板に書いてあるものだけ

そして飲み物はビール、ハイボール、紹興酒、焼酎、それくらいでしょうか

飲み物の値付けは400円、500円、600円となっていて50円刻みでなくシンプルで分かりやすい

最初はやややつっけんどんな印象を受けたのですが、話してみると実際には温かみがあって、その元ラガーマンかというような丸みを帯びながらもしっかりとした体躯からは信頼感も感じられます


牛込神楽坂ということで神楽坂からはやや外れた場所にあり、あまり人通りも多くない場所に店を構えています

この謙虚な感じがまたいいです


神楽坂に出かけたらまた必ず出かけてみたくなる店の一つになりました


それからこれは余談ですが、、

神楽坂に新しい商業施設ができたというのをニュースで知っていたのに一体それがいったいどこにあるのかが分からなかったのですが、この日たまたま発見しましたのでついでに載せておきます

地下鉄東西線の神楽坂駅の目の前です

la kagu
162-0805 東京都新宿区矢来町67番地

f0274387_121450100.jpg

f0274387_1215534.jpg

f0274387_12151884.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2014-11-12 06:00 | 中華 | Comments(0)
<< ココ・ファーム・ワイナリー 第... 茶寮 @後楽園 >>