喰切料理 一楽 @新橋

前の職場にいたころ、上司が取引先の某証券会社から誘われ人数合わせで僕にも声がかかり、連れていかれたことがある

その時に出てきた料理と、それに合わせて次々と出てくる日本酒が素晴らしくおいしかった

そんな記憶が残っていて、カブちゃんの誕生日に出かけてみました


喰切料理 一楽
〒105-0004 東京都港区新橋4丁目6−4
03-3433-4848
f0274387_11255910.jpg


場所は、以前訪れたびすとろUOKINのすぐ隣にあります

UOKINに来た時には一楽の存在には全く気付かなかったけれど

土曜日の18時

まだお客さんは誰もおらず、僕たちが一番乗りでした

f0274387_1126176.jpg


前回来た時もそうだったけど、この店では生きた魚を席まで持ってきて、見せてくれる

この日はコチという、平べったくて色の暗い魚を見せてくれました


最初に出てきたのはこちらの炙った魚料理
f0274387_11264320.jpg


先つけ、というには立派な料理の数々
f0274387_1127156.jpg


最初に登場したコチの白子

それを焼いて、スダチとともに出してくれました
f0274387_11272130.jpg


そして日本酒に移ります

これは静岡の日本酒、喜久酔
f0274387_11274436.jpg


カブちゃんは日本酒が飲めないので、店主がお勧めしてくれた夏みかんのお酒を注文

和歌山の平和酒造のもので、アルコールは7度です
f0274387_11283019.jpg


そのまま氷を入れても飲めそうですが、今回は炭酸で割って飲みました
f0274387_11295089.jpg


コチの刺身
f0274387_1129199.jpg


コチの漬け
f0274387_112922100.jpg


ウニも出てきました
f0274387_11302380.jpg


お好みで米に乗せて食べてもよし
f0274387_11303768.jpg


焼き魚です
f0274387_1131677.jpg


金目の煮つけ
f0274387_11312380.jpg

f0274387_11323053.jpg



f0274387_1133165.jpg


自家製ジャコ
f0274387_11332772.jpg


f0274387_11334845.jpg



f0274387_1134855.jpg


客の連絡を受けてから炊き始めるご飯は土鍋で炊かれる

だいたい15分くらいで炊き上がります
f0274387_11342583.jpg


これはサービスで出してくれた、店主が最近はまっているという昆布

築地で買っているようです
f0274387_11351755.jpg



この日の料理は一番安い6000円のお任せコースにしました

それでも立地、新鮮な魚、料理の腕、酒のセレクト、そういった事を考えるととてもバリューのある料理だと思います

また、店主自ら接客をしてくれていましたが、非常に好感のもてる印象が残りました

帰りは店の外まで出てきて見送ってくれる

そういうところも日本のおもてなしの心を感じさせる、素晴らしいサービスだったと思います


日本の食の原点を感じさせる一楽のような和の料理は、もしかしたら今の時代にはそれほどもてはやされるものでもないのかも知れません

実際、会社で、あるいは友人たちと食事をしようとしたとき、果たして一楽のような店を選ぶだろうか

安い居酒屋や、肉料理、気軽なイタリアンやフレンチなど、そういった方向に流れるような気がします


時々、きちんとした和の料理を食べてみると、あらためて日本食の良さに気付かされます


f0274387_1136557.jpg


f0274387_11362574.jpg




人気ブログランキングに挑戦中。ポチッと応援よろしくお願いします!


[PR]
by arusanchi2 | 2014-06-08 11:38 | 和食 | Comments(0)
<< ヴィエイユ・フェルム・コート・... シャトー・シャペル・ダリエノー... >>